【偏愛のススメ】マニアたちの偏愛事情を聞いてみた!戦隊ヒーロー、宝塚、K-POPなど

download - 【偏愛のススメ】マニアたちの偏愛事情を聞いてみた!戦隊ヒーロー、宝塚、K-POPなど 最新情報
人生のプライオリティを、どこに置くかは人それぞれ。夢中になれるものが一つあるだけで、人生はきっと何倍も楽しくなるはず。OLのサブアカ事情から、有名人のディープな趣味まで。マイワールドを謳歌する人たちが"愛するモノ"を、たっぷりご紹介します。ここではアニメやゲームから、すもう、チョコミントまで。愛するものに出会った10人の“推し”を調査! 気になるものがあったら、新しい扉を開けてみては?\子供の頃から日曜の朝は特撮ヒーロー/①「仮面ライダー&スーパー戦隊ヒーロー」×生駒里奈さん幼少期から、特撮ヒーローを愛する生駒さん。最新作から思い出の作品まで、大人女子も楽しめること間違いなしの“惚れ”ポイントを語ってもらいました。丸型乃木坂46の1期生としてデビュー。卒業後は女優として映画、舞台など幅広く活躍中。\現在、放送中/『魔進戦隊キラメイジャー』のハマりPOINT---ⓒ2020 テレビ朝日・東映AG・ 東映☑“ザ・王道ヒーロー”達が登場するので、スーパー戦隊シリーズを見たことがない人にもオススメ☑エンディングの「キラメイダンス」は踊りたくなること間違いなしのキャッチーさ!『仮面ライダーゼロワン』のハマりPOINT---☑一番のポイントはスーツの格好良さ! 蛍光イエローに新しさを感じつつ、顔は古き良き佇まい☑AIとの共存というテーマもリアルで大人向け\生駒さん的/“平成ライダー”偏愛TOP31.『仮面ライダーW』個人的No.1作品。菅田将暉さんが演じた主人公の一人、フィリップが天才的に格好良い。2.『仮面ライダービルド』3章に分かれた、壮大な物語。私は見ていくうちに、第3の仮面ライダー・グリスが好きに。3.『仮面ライダー電王』人格が異なる電王7フォームをほぼ一人で演じた、スーツアクターさんのお芝居は必見!ad\宝塚に男の生き方を教えられた/②「宝塚」×歌広場淳さん(ゴールデンボンバー)歌広場さんは小学校時代に宝塚を知り、それ以降、その煌びやかな空間の虜になったそう。宝塚の魅力やご贔ひい屓き(推し)の見つけ方とは?丸型エアーバンド「ゴールデンボンバー」のベース。文芸やイケメン、クイズへの造詣も深い。今までにご贔屓だった歴代タカラジェンヌ●紅ゆずるさん僕のトップオブトップ。入学試験は下位でありながら、トップまで上り詰めた稀代のブレイブハートの持ち主。●和央ようかさん一番好きな作品『カステル・ミラージュ〜消えない蜃気楼〜』の主演。口の端を上げるキメ顔が震えるほど格好良い。舞台を見ると細胞が活性化し、肌も艶やかに♡---Q. 注目すべきタカラジェンヌは?A. 宙組の男役スター「ずんちゃん」こと、桜木みなとさん。今3番手という良い位置で、今後トップになっていく過程を観るべき超優良株。ad1\年間総プレイは660時間以上!/③「ゲーム」×宇内梨沙さん(TBSアナウンサー)ゲームを愛し過ぎて浪人経験をしたエピソードを持つ、女子アナ界No.1ゲーマーの宇内さん。働く女子的“密”なゲームの楽しみ方をのぞき見!丸型2015年にTBSに入社。現在は「ひるおび!」「有田プレビュールーム」「アフター6ジャンクション」など多くの番組を担当。日々ゲーム愛をインスタにUP!ソフト所有数は約500本。好きが高じて、eスポーツの大会にも出場するほどの腕前。働く女子にオススメしたいスマホゲーム3選☑Identity V4人の生存者が、1人のハンターから逃げる鬼ごっこゲーム。1試合10分程度なので、友達を気軽に誘えるのもいい!☑Life is Strange選択によって、物語の内容が変化するアドベンチャーゲーム。映画みたいな作品で、音楽も物語もエモくて最高です。☑Donut County“穴”を操作して、街中の物を吸い込んでいくパズルゲーム。ライトゲーマーの方は、まずはコレを! 病みつきになります。ad\地上波のアニメ作品はほぼ全てチェック/④「アニメ」×足立梨花さんグッズやDVDが部屋に溢れ、引っ越し時にはフィギュアがダンボール10箱以上にもなったという足立さん。芸能界屈指のアニメ好きが選ぶ、偏愛作品は?丸型女優・タレントとして活躍。舞台『コントと音楽 vol.02「他人関係」』が9月9日からMotion Blue YOKOHAMAにて上演予定。主人公より推せる 「主人公“じゃない”」キャラ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』代筆を通して、人の心に触れる少女を中心に描かれる感動群像劇。『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 9月18日に公開。ベネディクト・ブルー©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会いつもツンケンしているのに、たまに優し

リンク元

Comments

Copied title and URL