【J.Y. Park氏の言葉が“ササる”理由 PART2】「真実、誠実、謙虚。これを持った大人になってください」

download - 【J.Y. Park氏の言葉が“ササる”理由 PART2】「真実、誠実、謙虚。これを持った大人になってください」 最新情報
J.Y. Park氏に学ぶ「私らしさ」の育て方日本中がトリコになったオーディション企画「Nizi Project」。その熱い戦いの模様だけでなく、プロデューサーのJ.Y. Park氏が発した数々の名言も話題に。J.Y. Park氏の言葉から私たちは何を感じ、どのような“力”をもらっているのでしょう? 人の心を読み解くプロである、精神科医の名越康文先生に解説してもらいました。【自分らしさを見つける ヒント】毎日を誠実に生きることで人生の新しい扉は必ず開く!「結果より過程、つまり努力が大事ということは誰もが分かっています。でも、単に自己満足で努力したのではダメ。ただ頑張っているのではなく、有効な努力をしているかが大事。彼の言葉からは、そこまで見抜こうとしていることが伝わってきます」(名越先生)解説してくれたのは 精神科医、評論家 名越康文先生【Profile】『シューイチ』(日本テレビ系)など多数のテレビ番組にも出演。『SOLOTIME「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』(夜間飛行)など著書も多数。ad毎日自分自身と闘って毎日自分に勝てる人が夢を叶えられます《Message from J.Y.Park 5》《Message from J.Y.Park 1~4》はこちらから!満足のいかない結果を残した候補者に対してかけた言葉。その裏には、「才能があっても努力ができなければ実力を発揮できずに終わる」という心配があったよう。\名越先生が解説!/誰もがみんな特別と認められたい!誰しも特別でありたいという思いを持っているもの。それだけに、彼女たちのように本気で闘っている人たちは、その「特別」という使い慣れた言葉が本気で発せられたものかを見抜けます。ですが、目立ちたいだけの人は上っ面の「特別」に転がされやすいという側面もあるので注意が必要。■AYAKA予選では低評価……。決して夢を諦めずにデビューメンバーにダンスが苦手でしたが、誠実に努力を続け見事合格! 今後もどのように成長していくか、一番楽しみと言われているメンバーでもあります。真実、誠実、謙虚。これを持った大人になってください《Message from J.Y.Park 6》オーディション後半で、練習生たちに語った言葉。歌やダンスというスキルだけでなく人柄も大事、というのがPark氏の信条。事あるごとにこの3語を口にしていました。\名越先生が解説!/瞬間、瞬間が試される言葉だから心に響く!真実、誠実、謙虚というのは、結果ではなく状態のことです。たった今、そう生きなければならない。つまり瞬間瞬間が試される言葉なんです。J.Y. Parkさんは実際、この言葉に即して生きようとしている。だから相手にも言葉の生きた意味が伝わるのでしょう。■MAYUKAトレーナー陣の人柄評価1位!誠実な練習を重ねてデビューを獲得優しすぎる性格ゆえ実力を発揮しきれなかったMAYUKAですが、審査を重ねるうちに克服。今では「NiziUのカメレオン」と呼ばれるように。ad1過程が結果を作って、態度が成果を生みます《Message from J.Y.Park 7》韓国合宿の個人レベルテストで、候補者にかけた言葉。才能に恵まれながらもそれを発揮できていないことを、3人の候補者に優しく教え励ましていました。\名越先生が解説!/努力が才能を凌駕することは科学的にも証明されていること才能と努力のどちらが重要かは、以前から議論があり、半々だとか9対1だとか言われています。ですが、実際は才能の割合がかなり低いことが科学的に分かってきました。成功者は想像よりもずっと絶え間なく努力をしています。ただそれを努力と思っておらず、心から楽しんでいるのです。■RIKUオーディション前と後の成長度はナンバー1ダンス経験が乏しく、歌もきちんと習ったことがなかったRIKU。空手で培った体幹と理解力の高さ、そして努力家であったことから、最終的に合格!人の見えないところを見えるようにするのが芸術です《Message from J.Y.Park 8》地域予選で候補者にかけた言葉。「僕は人の見えるところより、見えないところがはるかに大事だと思っています。想い、性格、そういうところを、言葉やダンスで表現できる人材に会いたい。私たちは一人一人顔が違うように精神も違う。それが見えないパフォーマンスは芸術的価値がない」と諭しました。adJ.Y. Park氏ってどんな人?1972年生まれ。1992年にグループで歌手デビューするが奮わず、音楽理論を徹底的に学ぶ。1994年にソロで再デビューし、戦略的な衣装やダンスでブレイクする。1997年よりプロデュース業を開始。ピ(RAIN)や2PM、TWICEなどの生みの親として知られる。「NiziU(ニジュー)」って ど

リンク元

Comments

Copied title and URL