古い角質を吸着!「つや玉」輝く肌になれる新感覚ジェル洗顔『エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュ』が新登場

7ff761305f42171fb0a6076c9637b10c 640x427 1 - 古い角質を吸着!「つや玉」輝く肌になれる新感覚ジェル洗顔『エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュ』が新登場 最新情報
ざらつきのない、なめらかな洗い上がりで「つや玉」輝く肌に導く洗顔料がエリクシールから新登場!『エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュ』は、ジェルをなじませて洗い流すだけでざらつきの原因となる古い角質を吸着し、肌のうるおいを守りながら汚れを落とす洗顔料だ。その使用感や使い心地を検証してみた!
【新作レビュー】ざらつきのない「つや玉」輝く肌に!エリクシールからジェルタイプの洗顔料が新登場!
株式会社資生堂の「エリクシール」は、肌とコラーゲンの関係に着目し、先進のコラーゲン研究を生かして肌をハリと透明感で満たし、みずみずしく輝くような「つや玉」のある肌に導いてくれる人気のエイジングケアブランド。
「エリクシール」は30〜49歳の女性のうち69%が年中、肌のざらつきが気になっていることに着目し、今回新発売される『エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュ』(105g・希望小売価格 税抜1,800円/編集部調べ・2020年9月21日発売)が誕生した。
ジェルをなじませて洗い流すだけで、ざらつきの原因となる古い角質を吸着するスムーススキン技術や汚れをやさしく落とすソフト顆粒、うるおいバリア機能を守るアミノ酸やコラーゲンGLによって「つや玉」輝く肌に導いてくれる洗顔料だ。
チューブタイプの容器で適量を出しやすく、半透明なので残量が見やすいのも良い。
手の甲に出してみると、ジェル状の洗顔料には、ゴールドと白っぽい顆粒が入っているのが特徴だ。肌にピタッと密着してなめらかな使い心地で、顆粒が痛く感じることもない。
さわやかなオレンジフローラルの香りがしてさっぱりみずみずしい印象だ。
『エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュ』の使い心地、洗い上がりは?
では、さっそくためしてみよう。
手のひらにアーモンド粒1個分を目安にとる。
顔全体に円を描くように、やさしくなじませていく。
ざらつきが気になる小鼻やあご周りなどは指の腹を使いながらやさしくクルクルとなじませるのがポイント。
その後、水またはぬるま湯で洗い残しのないようにていねいに洗い流す。
洗い流したあとはベタッとする感じも乾燥する感じもなくさっぱりとした洗い上がり。
肌表面のザラつきやゴワつきがやわらかくなり、毛穴の皮脂詰まりなどもつるんとしたように感じる。
肌全体のくすみ感や気になる部分的なテカリも改善され、パッと明るい肌に。
「エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュ」は濡れた手でも使え、朝の洗顔でも夜の洗顔でもマルチに使える印象だ。
ザラつきのないつるんとした肌、くすみのない透明感のある肌をつくるのに『エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュ』がおすすめ!
ジェルタイプの『エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュ』は、肌にぴったり密着し、余分な角質をやわらかくほぐし、つるんとした肌触りに。キメが整ったおかげか透明感がアップして「つや玉」のある肌に仕上がるのもうれしい。
年齢とともにゴワつきやザラつきが気になりはじめてきた、素肌のうるおいや透明感を高めたいという人はぜひ一度おためしあれ。
商品の購入は、全国のドラッグストア、GMS、化粧品専門店など約20,000店のほか、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」などECサイトなどから。
 
【関連記事】■夏疲れでゆらぐ肌に、いらないモノだけ選んで落とす優しいクレンジング&洗顔を! 必要な皮脂を残して洗えば、ふっくら素肌の近道に■シルクのような優美なツヤ肌に!「SENSAI」から新オイル状美容液と欧州で人気のボディケア商品が登場■【美白も毛穴レスも叶えたい!】夏の紫外線ダメージには『カスタムナンバートリプルスリー原液美容液/浸透化粧水/保湿ジェル』のライン使いがおすすめ■人気の美白化粧水5アイテムを徹底検証!気になるシミ・そばかすにアプローチ!■体温でとろけて毛穴づまり・くすみもするんとオフ! ラテボタニカルシリーズからクレンジングバームが新登場!■小豆のプロ×化粧品開発のプロが開発! スーパーフード「あずき」を使った美容液『スキナブルエッセンス』が誕生■手洗い→消毒→保湿の新習慣! 手荒れを防ぐプロ仕様のハンドクリーム『アズプロテクション クリーム』で感染予防を徹底!■マスク生活の肌荒れに! 『オキシゲナイザー酸素水ミストスプレー』で酸素&水分を補給してトラブルフリーな肌を目指そう!
Source: おためしコスメナビ

リンク元

Comments

Copied title and URL