【新連載第4回】わたなべ麻衣「サロモ時代の超過密スケジュールを乗り切れたのは、会社員としての経験があったから」

download - 【新連載第4回】わたなべ麻衣「サロモ時代の超過密スケジュールを乗り切れたのは、会社員としての経験があったから」 最新情報
YouTubeやインスタライブで、いつも私たちにまばゆい笑顔を届けてくれる麻衣さん。そんな彼女の“ハッピーオーラ”のルーツを探るべく、人生のターニングポイントを振り返ってもらうこの連載。 芸能界デビューする前はサロンモデルとして活躍していた麻衣さん。今回は、女性誌各誌のヘア企画に引っ張りだこだった、サロモ時代のことを振り返ってもらいました。一見華やかな世界ですが、その裏ではどんなことが起こっていたのでしょうか? 業界の裏事情など初出しエピソード満載でお届けします!ad実は会社員経験あり! 上京後はアパレル会社に就職後先考えずに21歳で上京したことは、間違いなく私の人生のターニングポイントのひとつだと思います。とはいえ、念願叶って東京に出てきたものの、働きもせずに貯金を切り崩しながら無為な毎日を過ごすばかりで、当時は完全なニートだったんですけどね。当時は、彼氏と京王線沿線の1LDKのデザイナーズマンションに住んでいました。家賃も生活費もぜ~んぶ折半で。そりゃあ貯金もなくなりますよね(笑)。金銭面は、東京に出てきてすぐに就職先を決めた彼に甘えられたらよかったんですけど、やっぱり高校1年の時から付き合ってる人だし、なんでも割り勘が当たり前で暗黙の了解みたいになっちゃってたから私も言い出せなくて……。結局貯金が尽きるギリギリまで粘って就職先を探して、株式会社サザビーリーグ エストネーションカンパニーに契約社員として採用してもらいました。就職活動中はアパレル会社に絞って探していました。広島で上京資金を貯めたときにアパレルで働いていて多少経験があるから、どこかには引っかかるだろうと思って。ニート時代も就活中もつらかったけど、なんでもいいからバイトで食いつなぐっていう考えは一切なかったんです。東京で暮らしていくと決めたからには、ちゃんと就職しないと親に顔向けできないと思っていたので。エストネーションには正社員登用制度があったし、最初は契約社員でしたがお給料もよかったので(笑)即決でした。「ようやくニートからジョブチェンできる!」と、採用の連絡をもらったときはとてもうれしかったのを覚えています。いままであまり話してこなかったので意外だと思われるかもしれませんが、実はwith読者のみなさんと同じように私にも会社員時代があったんです。ad1いまの自分があるのは、超絶激務なサロモ時代のおかげ話が少し前後しちゃいますが、サロンモデルを始めたのは上京してすぐの頃。原宿を歩いていてサロンの人に声をかけられたのがきっかけです。当時はこんなふうに芸能界に入ることになるなんて思っていなくて、そもそも興味もなかったんですけど、お小遣いくらいにはなるかなという軽い気持ちでした。そのとき声をかけてくれたのが、原宿にあるFLOWERS(フラワーズ)というサロン。当時のFLOWERSは、浦(さやか)さん(※現QUQU代表)をはじめ、青文字系のキッチュなヘアデザインが得意な美容師さんばかり。キレイ系やモテ系とは違う、私のような“ファニーフェイス”との相性がよかったこともあり、作品撮りやヘアカタログの撮影に呼んでもらっていました。何をもって“サロンモデル”というのかはわからないけど、当時の私には、サロンモデル=仕事という意識がなかったので、ニートという自虐的な意識は拭えないままでしたね。最初は撮影本数も少なかったし、サロンモデルで生活費を稼ぐなんて無理だと思っていました。エストネーションに就職する前はほぼFLOWERSでしかサロンモデルをやっていなかったんですけど、ある時、浦さんに「せっかくだからうち以外でもいろいろやってみたら? いまはお小遣い程度かもしれないけど、本腰入れてやれば結構稼げるかもよ?」と言われたことがあって。いろいろ悩んだ末に、契約社員として働きながらサロンモデルの活動も少しずつ増やしていきました。ワンピース¥23000、トップス¥12000/共にスタニングルアー(スタニングル アー 青山店) イヤカフ¥2500/ゴールディ イヤカフ¥6000、リング ¥12000、チェーンリング(2個セット)¥8000/全てジュエッテad1どうせやるなら何かひとつでも多くを学びたいし、1人でも多くの人に喜んでもらいたいそうやってなんとなく会社員とサロモの2足のわらじを履いているうちに、カリスマ美容師ブームがやってきて、ヘアカタログブーム、サロモブームが到来。就職して2年目、23歳くらいのときでした。さらにラッキーなことに、“オン眉”や“ファニーフェイス”といった、私におあつらえ向きのトレンドがやってきて(笑)、たくさんのサロンから声をかけてもらって当時はめちゃくちゃサロモの撮影を入れてましたね。当時のスケジュールがまたすごくて、朝イチで2本撮影して、出勤して8時間働い

リンク元

Comments

Copied title and URL