《イガリシノブの錯覚メイク論》“ふんわり美人”はメイクで作れる! 柔らかそうな印象の中にも知性がチラリ!

download - 《イガリシノブの錯覚メイク論》“ふんわり美人”はメイクで作れる! 柔らかそうな印象の中にも知性がチラリ! 最新情報
女らしい丸みを際立たせつつも、ヤボに見せない秘訣は、ちょいちょい差し込む、錯覚効果。横、縦、斜めのラインを意識することで美人度UP!アイブロウ&アイメイク「令和なアーチ眉と切れ長アイで丸みの中にキリッとした色気をミックスするとドキッとするよね」ぷっくり美人とはいえ、目元をまーるくしてしまうとトゥーマッチ。眉を長くアーチ型に描くぶん、アイメイクはミニマムにするのもイマドキに仕立てるコツ。▼使用アイテム▼【A】ダークブラウンでキリッと眉にしっかりと発色し、ぼかしも簡単。3D コントロール アイブロウ 01 ¥6500/SUQQU【B】印象的な瞳になれるモスグリーンインパクトがあるのに浮かない絶妙カラー。スルスル描けてにじみもナシ。ベイビーミー ニュアンスカラーライナー グラスグリーン ¥980/Clue【C】うるみ目をつくるピンクパレットブラウンとピンクを淡く重ねづけ。フーミー アイシャドウパレット believe in pink ¥1800/Clue【D】清潔感溢れる澄んだツヤをオン目頭側のくぼみの外から鼻根を通って逆サイドまでオン。テカリをおさえて透明感をプラス。リタッチ プレスト パウダー 01 ¥6500/SUQQUEyebrow---【眉は長くカーブをつけて】眉尻を目尻ではなく目のくぼみのハシの延長上にくるように、Aでややカーヴィに描く。Eye---【ラインはくぼみ終わりまで】Bを黒目の上あたりから引き、目のくぼみのハシにむかってのばし、ちょいハネ上げる。---【下の目尻にもカラーライン】目尻1/3のキワにまつげの間を埋めるようにBを引いていく。終点は目尻のハシでOK。---【▲に埋めて目幅コントロール】3で描いたラインからぴょんと飛び出るように三角形を描いて、目の縦幅を大きく見せる。adPoint:長めの眉で顔全体が逆三角な印象に。アイラインは骨格意識で自然にサイズアップ!長めのアーチ眉を描くと口角へ向けて逆三角形が浮かび上がるのでシャープな印象に。また目尻をのばすときはくぼみ内におさめると、ワイドに見えるのに自然。ad1チーク「仕込みチークで、本チークがほわっ、ふっくらほっぺなのに小顔に見える〜〜!」ぷっくり見せたいからほっぺはまーるく。でもフェイスラインはシャープに、とメリハリもほしい。そんな願いを叶えるのは、濃淡2色でつくる二重マルチーク。▼使用アイテム▼【A】ふんわりソフト、なのに締まるピンクカムフィー ブラッシュ 06a¥3500(限定発売中)/セルヴォーク【B】ピーチカラーでフレッシュな血色感ブラッシュオブローズ ルミナスチークカラー400 ¥6300/ドルチェ&ガッバーナ ビューティCheek---【大きくふわっとポンポン】大きめブラシにAをとり、黒目の下あたりから軽くのせて、ふんわりとベースをつくる。---【マルの中央に濃いめにオン】1で塗ったちょうど真ん中あたりにBを指でトントンのせてふっくら&シャープを両立。リップ「幅せま丸リップで、縦を強調! やわらかそー♡ って感じに!」唇の横幅を削ることで、必然的に縦幅が強調されてぷっくりまーるく。しかも口角がぐいっと顔のセンターに寄ることで驚きの小顔効果まで。▼使用アイテム▼【A】ぷっくりリップづくりの必需品!肌になじむ色と血色カラーが1本に。フーミーダブルリップライナー¥1500/ Clue【B】パッと華やぐピンクレッドみずみずしくツヤめく青みリップ。リップスティックN 217 ¥3000/ポール& ジョー ボーテLip---【口角を大胆に消す!】Aのコンシーラーカラーを使い、口角を消して、まーるい唇の形のベースをつくっておく。---【リップも口角を外して】上からリップを全体にサラッと重ねて完成。このとき、口角を塗り込まないように注意。adPoint:余白オフチークで3D小顔。さらに長め眉→幅狭リップの鋭角ラインでキュキュッチークを濃く大きく入れるとダサくなるので、あくまでも薄く。濃いめのチビ丸チークとの相乗効果でふっくら立体的に見せつつ、サイドの余白は埋まって小顔に。リップは横幅を削ることで、眉尻からのラインがシュッと中に入るため、一段とシャープに見える!“ふんわり美人”が完成!アーチ眉やふっくらチーク、ぷっくりリップといった丸みが生きていてフェミンン。抜け感もあるから、王道美人でいてイマドキ!-クレジット-[小倉優香]ワンピース¥39000/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) イヤリング¥7900/オクト(フォーティーン ショールーム) リング¥990/アメリカンホリック プレスルーム「イガリシノブの錯覚メイク論」続きはwith10月号でお楽しみください!「錯覚メイク」関連記事はこちら「イガリシノブ」関連記事はこちら-クレジット-撮影/峠雄三(

リンク元

Comments

Copied title and URL