じもとりっぷ in TOKYOで地元の“ステキ”と出会う【シェアハピなお金と時間の使い方】

download - じもとりっぷ in TOKYOで地元の“ステキ”と出会う【シェアハピなお金と時間の使い方】 最新情報
コロナ禍を通して、地元や社会との繋がりの希薄さが見えてきた人も多いはず。一見効率的じゃなくても、世のため人のためじゃなくても、自分の行動が誰かの励みになっていることがあるんです! 個人主義が進むご時世で、本当に大切な時間とお金の使い方って?私たちが今すぐできるシェアハピって何だろう? 自分も周りも笑顔になれる時間とお金の使い方をご提案。取材を進めると、シェアハピって多様であることが見えてきました!\気の向くままだから出会える、知らなかった地元の“ステキ”/じもとりっぷin TOKYO遠くに行けないなら、近所を旅するのはいかが? “ディープ”な一面を見つけてみて!wc時代の対策 今回の移動はレンタサイクルで!---生まれも育ちも東京な2人と大人旅♪ ㊧会田彩さん(秘書・28歳)㊨奥寺千尋さん(IT関連・23歳)adDAY113:00 地元想いなひぐらしベーカリーで小腹を満たしてスタート大正6年創業の地元企業が、自社のフェルト生地製造工場跡地に築いたパン屋さん。「生まれ育った地域の価値を高めたい! 人々の輪が広がる拠点をつくりたい!」という想いからオープン。光が差し込む明るい店内には、「家族団らんをつくるパン」をコンセプトにした柔らかくて甘いパンがずらり。朝イチから地元民が集まる、店長の人柄の温かさもサービス精神も満点なお店で、お腹だけじゃなく心も十二分に満たされて♡a季節の果物を使った女子に大人気の商品。取材時は「ぜいたく!!アップルマンゴーデニッシュ(¥380)」 b外はサクサク、中はほんわり。地元女子の定番「クロワッサン(¥180)」cチェダーチーズ入りの「チーズカレーパン(¥230)」は、衣が油っぽくないので◎。ひぐらしベーカリー 〒東京都荒川区西日暮里2-6-7ひぐらしガーデン1F 03-6806-5551 8:00 〜18:00月(月が祝日の場合は翌火休)※当面の間、17時閉店14:30 緑と朱のコントラストが映え♡穴場な根津神社へ1900年余前に日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が創建したと言われている由緒正しき神社で、国の重要文化財。境内は緑に囲まれ、水の流れる音が聞こえる。その中でひと際目を引くのが千本鳥居。幻想的な連なりはどこから撮っても写真映え! 鳥居を進むと現れる「乙女稲荷」にも注目。縁結びのご利益があるんだとか。〒東京都文京区根津1-28-9 TEL03-3822-0753(唐門開門時間)1・11・12月/6:00〜17:00、2月/6:00〜17:30、3月/6:00〜18:00、4・5・9月/5:30〜18:00、6・7・8月/ 5:00 〜18:00、10月/5:30〜17:30\表参道の前にかわいいお店をみっけ!/焼かりんとう本舗 根津神社表門前店〒東京都文京区根津1-21-6 TEL03-3827-7070 10:30〜16:30 無休レトロな焼かりんとう屋さんを発見。名物の黒糖味(¥500)は軽くて甘すぎず、何個でもいけちゃう! 揚げていないので、体に優しいのもポイント。お土産にももってこい!巣鴨のお茶屋さん 山年園〒東京都豊島区巣鴨3-34-1 TEL0120-224663 10:00〜18:00 無休ふらっと立ち寄った創業60年余りのお茶屋で、店員さんと意気投合。新しい出会いがあるのも、旅の醍醐味。働く女子に勧めてくれたのは、疲れた目を癒やしてくれる「目薬の木茶 ティーパック(3g×15包/¥1000)」。ノンカフェインなので就寝前にもぴったりです!16:00 「おばあちゃんの原宿」巣鴨商店街で食べ歩き\甘さ控えめの黒ごま豆乳ソフト/ごま福堂 巣鴨店〒東京都豊島区巣鴨3-19-13桜花苑ビル 1F TEL03-3940-7400 10:00〜18:00 コロナ禍のため土・日・祝のみ営業 ※営業に関する最新情報は直接店舗にお問い合わせください黒ごま本来の味を堪能できるソフト(¥500)は、あっさり上品な味わい。杵と臼でついた、香ばしい金ごまをトッピング。100%植物性なのもポイント。\中には1本まるごとチーズが!/伊勢・磯揚げまる天 巣鴨店〒東京都豊島区巣鴨3-38-2 TEL03-3918-3393 9:30〜18:00 無休厳選した魚介類を使った、揚げたての磯揚げが楽しめる専門店。「チーズ棒(¥350)」は、とろけだすチーズにハマる人続出。食べ歩きしやすい棒付き♪ad118:00 星野リゾートOMO5 東京大塚でゆっくり女子会〒東京都豊島区北大塚2-26-1 TEL0570-073022(星野リゾート予約センター)電話受付 10:00〜18:00 無休“寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル”がテーマ。カジュアルな客室は、靴を脱ぐスタイルでリラックス度高め。秘密

リンク元

Comments

Copied title and URL