萩中ユウ「婚活アプリで“いい人”を見つけて付き合うために知っておきたいこと」【第37回】

download - 萩中ユウ「婚活アプリで“いい人”を見つけて付き合うために知っておきたいこと」【第37回】 最新情報
「受講して4ヵ月で結婚が決まる」 「生まれて初めて彼氏ができた」 など、幅広い層から口コミが広がり、大人気の講座を主催している萩中ユウさん。 そんなユウさんに、男性から溺愛されるための心得を学ぶ連載「幸せな結婚のつかみ方」。最近結婚について真剣に考え始め、“入塾”した編集with子と一緒に、甘えられて、楽しくて、パートナーから溺愛される、そんな女性になることを目指しませんか? どうしたら彼氏ができますか?ユウ こんばんは、萩中ユウです。with子 こんばんは、編集with子です。日中も涼しくなり、すっかり秋めいてきましたね!さて、今週も読者の方からお悩みが届いております。早速、ユウさんにお答えいただきたいと思います!毎週楽しみにしています。実践してみたいアドバイスや恋愛の立ち居振る舞いばっかりですが、実践する相手がいないのが悩みです。生まれてから26年間、彼氏ができたことがありません。23歳くらいの時に「このまま彼氏ができないのは嫌だ」と思ってアプリを始め、20人ほどと会ってみたりしましたが、興味を持てる人が現れません。それに、「いいな」と思う人とは全然マッチしないし、マッチしてもなかなか進展しません。萩中さんの記事を読んで、「自分のことを好きになってくれる人と恋愛を始めるのもアリなんだ!」と思いましたが、そう簡単に自分に好意を持ってくれる人もいません。たまに好意を持ってくれる人がいても、アンチタグに当てはまる人だったりします。どうしたら彼氏ができるでしょうか?(ちえりさん)ad1「いいな」と思っている人に限って、やりとりが続かない!with子 「彼氏が欲しい」と思って頑張っているけれど、「いいな」と思える人と出会えない。付き合いに発展しない。そのもどかしさ……わかります!もう、アプリをやることに疲れてきてしまったりするんですよね……(遠い目)。ユウ 「アプリは手軽だと思っていたのに、実際に始めてみたら『いいな』と思う人と全然マッチしない……」実はこれ、よく私のもとにも寄せられるお悩みだったりします。with子 そうなんですね。確かに私も婚活アプリをやってみて同じことを感じました。タイプでない人は積極的にきてくれたりするのに、「いいな」と思っている人に限ってトントン拍子には進まず……。毎度、「私がデートに誘われたいのは、あなたじゃないの~(涙)」と思っていました(笑)。ユウ あまり興味がない人とはやりとりが続くし、デートにも誘われたりする。けれど、「いいな」と思っている人とは全然続かない。そんなお悩みを抱えている人にお伝えしているのが、「グイグイ誘われるのにも理由があるし、反対にフェードアウトしてしまうのにも理由がある」ということです。ad1自分のやりとりの傾向は、分析すれば改善できます!ユウ まず、「あまり興味がない」と思っている人にばかりデートに誘われたりするのは、そういう相手に対しては変に自分を飾ったり、綺麗に見せようとしていないから。自分にとってタイプではない相手だから、気を使わずに“素”の状態でやりとりができているのです。一方で、「この人かっこいいな」「この人に好かれたいな」などと思っていると、その時点で“好かれにいく”姿勢をとっていたり、相手の機嫌を伺うようなやりとりになってしまっていたりするもの。それって相手からすると居心地は良くないし、その人の人間性が見えるわけではないから、つまらないのです。with子 それ、無意識でもきっとありますよね。気になる相手とのやりとりって、「なんて送ろう」って考えすぎて返信が遅くなったり、ついつい相手に質問攻めしちゃったり。やりとりに時間が空きすぎては関係は深まらないし、質問攻めって相手も疲れちゃう。今ならよくわかります……。ユウ 自分の“会話の癖”ってなかなか気付きにくいもの。そんなとき、一番良いのは自分のやりとりを分析することです。「なかなか進展しない」という状況は、相手からの返事がなくなってフェードアウトしてしまったり、やりとりだけはしているけれど「会おう」とは言われず、なかなかデートに誘ってもらえなかったり。いろんなケースがあると思うのですが、自分と男性とのやりとりを客観的に見てみるのです。with子 自分と男性とのやりとりの画面をスクショして、見比べるのですね!このお話は、【第34回】「気になる相手に限って、LINEのラリーが続かない理由」でも詳しくしてくださいましたね。ユウ その通りです。相手がフェードアウトしてしまう、やりとりが盛り上がらない、さらには、いきなりブロックされてしまったり……。これらには必ず理由があるので、終わってしまったやりとりの原因を自分で追求してみることは絶対に不可欠です。間が悪いのか、質問が悪いのか、感じが悪いのか。あるいはその全てか。やりとりが

リンク元

Comments

Copied title and URL