すすぎ1回で美髪に!時短ヘアケアで頭皮も髪もまるっとケア♡

download - すすぎ1回で美髪に!時短ヘアケアで頭皮も髪もまるっとケア♡ 最新情報
おはようございます♪急に秋めいてきましたが、皆さん体調など崩されていないでしょうか?私は相変わらず平日は仕事、休日は夫とおうち時間を楽しんでします。おうち時間はそれはそれで楽しんでいますが、早く普通の日常に戻って欲しいですね。さて、そんな私ですが、夏~秋にかけて特に悩むのがヘアケア!夏の強い日差しで髪が痛んで、その影響が表れるのが秋。本当毎日困っています。でも、毎日夜にトリートメントにヘアパックに…と丁寧に時間をかける時間も余裕もないし、ヘアサロンにはまだ行きにくい…いろいろ悩んだ結果、こんな商品を見つけたのでご紹介したいと思います♡それがこちら!4U ヘアクレンズパックこの4U、ヨユーと読みます。「心と時間に余裕を作る」がコンセプトのヘアケアで、ケア方法はシンプルに、でも効果はきちんとパワフルに感じられる、あたらしいヘアケアなんです!ポイントはこの3つ!1.洗浄と保湿via 4ulavie.com洗浄と保湿を同時に叶える濃密クリームは、天然泥や植物性の泡立たない濃密泡で毛穴の余分な皮脂や汚れをしっかり落とし、ミネラル海洋性エキスや保湿バターがみずみずしく頭皮を潤してくれます♪また、滑らかなテクスチャーで頭皮のマッサージもしやすいんです。2.電子の力で髪を補修via 4ulavie.com電子の力を生み出すエイジング成分が入っていて、ダメージのある髪に付着し健康な髪へ導いてくれます。また、熱に反応してハリ・コシ・ツヤを与える毛髪補修成分や、上質なアミノ酸、オリーブ油なども配合されているので使うたびに美髪に近づけるんです!3.4つのフリーvia 4ulavie.com合成ポリマーフリー、鉱物油フリー、シリコーンフリー、紫外線吸収剤フリーで髪にやさしく、安心して使えます。またコーティング剤も不使用です。ポイントを聞くとなんかよさそうですよね~♪でも実際どうやって使うかが気になる!って方が多いと思うので、ここからは使い方をご紹介しますね♪Step1ぬるま湯で髪と頭皮をよく濡らし、予洗いをします。これは普段のシャンプーと一緒ですね。Step2適量を頭皮から髪に伸ばし、指の腹全体でマッサージするように洗います。襟足のほうから頭頂部に向けてマッサージするように、左右交互に耳から頭頂部にかけてマッサージするように洗浄するのがポイント♪適量の目安はセミロングなら500円玉硬貨1~2枚程度、ロングなら500円玉硬貨2~3枚程度の大きさに手に出してくださいね。Step3塗布状態が長いほど電子の力がダメージヘアの補修をサポートしてくれるので、時間に余裕があるときはそのままパックした状態で10分以上放置するのがおすすめです!最終的に洗い流して完了♪工程を見ると、意外と簡単ですよね♪私は今までシャンプー➤ヘアマスク➤トリートメントの3工程をしていたので、それがこの1つだけになったのですっごく楽になりましたよ♡キャップを開けてみると、先はこんな感じで細くなってました。口が広いタイプのほうが出しやすいイメージはありますが、中身が滑らかで柔らかいので口が大きいとドバっと出てしまいそうなので、この細さがちょうどいいかもですね。中身はこんな感じです。もっと出して撮ればよかったwわかりにくくてすみません…滑らかなクリーム状なのですが、これ本当にいい匂いがするんです!香りはこんな感じです♪via 4ulavie.comこれ、甘さはあまりないのに女性らしくていい香りなのですが、持続力が素晴らしい!!初めて使った日の翌日、しっかり香りが残っていることにびっくりしました。夕方までしっかり自分の髪からいい香りがして、1日中気分がよかったです♡会社の方にも「香水変えた?いい匂いがする~」と褒められてうれしい♡あとこういうタイプの泡立たないシャンプーってちゃんと洗えないイメージがあったのですが、この4U ヘアクレンズパックはしっかり爽快感があります!何ならスースーする成分入ってる?って感じの爽快感!私、こういう爽快感のあるシャンプー大好きなのでこれはめちゃくちゃツボ♡初めて使った日はしっかりめに頭皮全体をマッサージしてから髪にしっかりなじませて、だいたい10分くらい置いたかな?洗い流した時が一番驚いたかも。頭皮はしっかり爽快感を感じるのに、流しているときにトリートメントをちゃんとなじませた後のとぅるとぅる感があるんです!普段ならもっと広がってパサついていて、さらにクセが強めな私の髪がヘアアイロンなしでここまで収まるのは本当びっくり!1アイテムでこんなに髪の調子が良くなるとは…この商品、恐るべし…!髪のパサつきも抑えられ、頭皮もすっきり洗えて、めちゃくちゃ気に入ったのでリピする予定です!ヘアマスクとかトリートメントとかいろいろ駆使していたのはなんだったんだ…と今では思います。正直

リンク元

Comments

Copied title and URL