《初秋にやるべき1ヵ月集中スキンケア&ヘアケア》夏の肌ダメージは冬に持ち越さないで…!

download - 《初秋にやるべき1ヵ月集中スキンケア&ヘアケア》夏の肌ダメージは冬に持ち越さないで…! 最新情報
肌&髪の今ある不調を解消しながら新たなトラブルを防ぐには、必要なケアを順序立ててこなすことが大事。左のケアプランを参考に、1ヵ月集中的に肌&髪を労ってみて。《1週目》■スキンケア☑ 水分補給重視のケアで脱インナードライ!夏の肌は、皮脂や汗で表面がベタつくのに内側は乾いている、インナードライになりがち。そのまま秋を迎えてしまうと、肌体力がなくなってゆらぎやすくなり、乾燥しやすい状態に。UVケアも忘れないで…!☑ ブライトニングを開始してメラニンぐすみを防ぐ夏の紫外線の影響でターンオーバーが乱れ、角質が厚くなり肌の透明感が低下。またメラニンも蓄積するため、秋はくすみがちに。9月以降は紫外線量が減るのに、秋もメラニン量は多いまま(右)。紫外線量の多い夏より、秋の方が肌の黄みが強くなる(左)。(資料提供/資生堂)ad☑ 毛穴悩みへの対処として、まず洗顔を見直す!夏に増えた毛穴詰まりや乾燥毛穴を放置すると、毛穴の形がそのまま定着してしまいます。まずは洗顔で詰まりや乾燥をケアして。■ヘアケア☑ 補修力の高いアイテムで傷んだ髪を今すぐリペア紫外線によりキューティクルが傷むと、髪内部の成分が流出してしまい枝毛や切れ毛が増加。本格的な乾燥シーズンの前に、ダメージの集中ケアが必要です。ad1《2週目》■スキンケア☑ うるおい力をUPするため、頼れる美容液を1本足す美容液には美容効果のある有効成分が豊富に含まれています。いつものケアで乾燥するようなら、保湿メインの美容液を取り入れて。☑ なかなかくすみがとれない。ならば3日に1回角質オフ!角質がたまると、光が透過しにくくなって透明感が低下。また角質が厚いと乾燥しやすくもなるので、定期的に角質ケアして今ある古い角質を除去しましょう。☑ 毛穴にカツを入れるべく、ポアケアコスメを投入洗顔や保湿を見直してもまだ毛穴が目立つようなら、毛穴ケアコスメを使ってみては? なじませる時、こすらないように注意して!ad☑ “マスクニキビ”ができたらスポッツケアで速攻対処マスクで蒸れると、肌体温を下げようとして発汗が促され、同時に皮脂の分泌も促進されてニキビを誘発。発生したら早めに対処を。■ヘアケア☑ 秋は抜け毛が増える!? 頭皮の保湿で抜け毛予防秋になると、動物的な変化の名残で抜け毛が増えると言われています。夏に受けたダメージの影響も考えられるので、土台である頭皮のケアを始めましょう。ad1《3週目》■スキンケア☑ インナードライから脱したらキホンの秋保湿へシフト秋は外気の乾燥に伴って水分が奪われ、肌も乾燥します。夏のままさっぱりケアを続けている人は、そろそろ秋仕様にスイッチを。☑ マスクによるザラつきは皮脂オフ+保湿で撲滅マスクの摩擦や、不織布に水分が奪われることで肌表面が乾燥すると、皮脂分泌が促されてニキビやザラつきの原因に。皮脂オフ洗顔+保湿で解消して。ad☑ 季節の変わり目で肌がムズムズしてきたらゆらぎケアコスメに頼る夏→秋は気温や湿度の急激な変化に肌がついていけず、ゆらいでしまいます。肌に不調を感じたら、ゆらぎ肌用コスメに切り替えて。■ヘアケア☑ パサつきを防いでまとまりUPを目指したいなら、デイリーシャンコンをチェンジ空気の乾燥が進むと静電気も起きるようになり、髪のダメージを悪化させることに。デイリーに使うものもリッチタイプにチェンジ。ad1《4週目》■スキンケア☑ この先の季節に向けて肌の代謝を上げておくため、ピーリング美容液を毎日のケアに組み込む適度なピーリングは、古い角質がはがれて新しい肌細胞が生まれやすくなるので、大人の肌には必要。ただし、やりすぎは厳禁です!☑ 乾燥ジワをつくらないようアイケアをプラス皮膚が薄い目元は乾燥しやすく、トラブルが発生しやすいパーツ。乾燥ジワが気になり始めたら、アイクリームをプラスしましょう。☑ “秋テカリ”対策にはゾーン別洗顔with世代はまだ皮脂分泌が盛んなので、秋になってもテカることが。テカる部分だけさっぱり洗うなど、ゾーン別にケアしてみて。■ヘアケア☑ 外気や熱による乾燥ダメージはアウトバスケアでブロック!ドライヤーの熱や日中の乾燥などから髪を守るために、アウトバスケアもマスト。ダメージの補修はインバス、ブロックはアウトバスと分けて使うのが◎。教えてくれたのは…皮膚科医・髙瀬聡子先生ウォブクリニック中目黒総院長。明快で丁寧なスキンケア解説が評判。「ゆる美容事典」(講談社)を始め著書も多数。スキンケア&ヘアケアをもっと知りた

リンク元

Comments

Copied title and URL