【水曜夜は、癒やされたいvol.17】FANTASTICSから世界&佐藤大樹にインタビュー!

download - 【水曜夜は、癒やされたいvol.17】FANTASTICSから世界&佐藤大樹にインタビュー! 最新情報
連載「水曜夜は、癒やされたい」拡大版でお届け!仕事に恋愛に趣味に育児に……とめまぐるしい日々。ふと「なんだか疲れたなあ……」と感じたとき、みなさんはどうやって自分の心をいたわっていますか? 何か決定的な原因があったわけではなくても、突然頑張れなくなる日ってありませんか? そんなときに、寄り添える存在でいたい。そんな思いから始まった本連載では、今をときめく人物のインタビューを通して、心がふわっと軽くなる言葉や、明日から頑張るエネルギーをチャージできるようなエピソードをお届けしていきます。今回は、勢いが加速し続けるダンス&ボーカルグループ、FANTASTICS from EXILE TRIBEが登場。メンバー全員が大集合してくれました! 今回は「水曜夜は、癒やされたい〜拡大版スペシャル!〜」と題し、9月29日火曜日、30日水曜日、10月1日木曜日の三夜連続にてお届けします!それではFANTASTICSから、世界さん&佐藤大樹さんのインタビュー、スタートです!第1日目は、グループのリーダーを務める世界さんと佐藤大樹さんのお二人が登場。多忙な日々を送る中でのリフレッシュ法やアドバイス、また9月23日発売の6th Single「Winding Road~未来へ~」の仕上がりについてもお聞きしちゃいました!大人になるほど、そりゃ悩みも増えますよね!僕はもう……とにかく寝ます!(笑)――落ち込んでしまうようなことがあった時、世界さんは何をしますか?世界さん(以下、敬称略) 落ち込んだ時かぁ……。寝ます!!――寝る!(笑)そういう時は、長時間寝るのでしょうか?世界 そうですね、寝てます! もう、昼夜問わず。あと、基本的には音楽をかけながら寝ます。 ――どんな音楽を聴くんですか?世界 ジャンルは本当にバラッバラです。いきなり激しめのロックかと思ったら、その後にクラシックがきたり。逆に音楽で心をかき乱す感じです。余計なことを考えないために。――なるほど!世界 あとは、人に会います! そういう時はやっぱり親友とかに会って話す……ことが多くなりました、大人になるにつれて。年を重ねるほど、考えることも増えるので(笑)。――そういう時、友達とは飲みに行ったりするのでしょうか?世界 僕は普段、そんなにお酒を飲まないんです。弱いですし(笑)。でもそういう時は、「一杯くらいは!」となるかもしれません。――では、仮に世界さんがサラリーマンだったとして、人間関係に悩んでいる同期の女性がいたら、どんな声をかけてあげますか?世界 「飲んで忘れちゃいなよぉ!」って言いますね。一番簡単なやつ(笑)。――一緒に飲みに行ってあげるのでしょうか?世界 そうですね。僕はお酒、飲まないですが(笑)。「とりあえず嫌なことは、一旦飲んで忘れなよ」と言ってあげたくなります。その女性は仕事場での人間関係に悩んでいるんですよね? 相手ありきの問題なので、なかなか自分一人では解決できないと思うんです。でも悩んでいる自分が明日も続いてしまうと、より悩んでしまうと思うので、とりあえず「僕といる時だけは別に忘れていいんじゃない?」と、一緒に楽しい時間を過ごしたいなと思います。落ち込むことも、僕だってあります。ただ僕らは職業柄、やっぱり落ち込んでいる姿は見せてはいけない……と思いつつも、見せてしまいますが、僕はわりと(笑)。ただ、とにかく溜め込まないようにはします。落ち込んだら、それを発散できる場所を探すようにしています。ad110年後にライブをやった時に「あんな時もあったね」と笑いたい2020年はきっと、誰もが忘れられない年になるはず――新曲「Winding Road~未来へ~」 は、どのような曲に仕上がりましたか? また、聴く人にとってどんな曲であってほしいと思いますか?世界 メロディは明るくて爽やかなのですが、歌詞は問いかけられていたりと、曲自体のメッセージ性は強いと思います。深く歌詞を読み込むと、考えさせられる内容が多いです。それを歌に乗せて、音楽に乗せて届けています。――おっしゃる通り、メッセージ性の強さを曲から感じました。世界 今までのFANTASTICSとはまた違う部分も出ているのかなと思いますし、単純に「キラキラして爽やかだな〜」という感じの一歩先を行けたのではないかなと思います。そういう部分も全部含めて、この曲を通じて最終的に明るい気持ちになってくれたら嬉しいです。――コロナウイルスで、読者の皆さんの生活にも様々な変化があったかと思います。「Winding Road~未来へ~」の制作時期と被っていたのでは?世界 この曲が作られたのはコロナウイルスが広がる前で、結果的にタイムリーなリリースになったと思います。聴く方々一人ひとりの、今の状況と重ねながら歌詞を読んで、曲を聴いてもら

リンク元

Comments

Copied title and URL