【連載第6回】わたなべ麻衣「きちんと意思表示することが問題解決の近道」

download - 【連載第6回】わたなべ麻衣「きちんと意思表示することが問題解決の近道」 最新情報
YouTubeやインスタライブで、いつも私たちにまばゆい笑顔を届けてくれる麻衣さん。そんな彼女の“ハッピーオーラ”のルーツを探るべく、人生のターニングポイントを振り返ってもらうこの連載。今回は、麻衣さんにとって大きな転機となった芸能界デビューのエピソードをお届け。芸能界入りしてどのような変化があったのでしょうか?adサロモもバイヤーも諦められないから、堂々出戻り宣言!?契約社員としてアパレル会社に入社して3年目の頃、このまま正社員にならない?と声をかけてもらいました。当時はそこで仕事を続けてゆくゆくはバイヤーになりたいと思っていたんですけど、正社員になるにはサロンモデルを辞めなきゃいけなかったんですよね。副業NGで。ちょうどサロンモデルとしての撮影が増えてきたタイミングで、写真を撮られる仕事の面白さも感じていたのですごく悩みました。でも、サロモは、今求められている間しかできないと思って、正社員登用の話を断って、そのままアパレル会社も辞めて、フリーのサロンモデルになったんです。といっても、サロンモデルは続けたとしても1~2年くらいだと思っていたので、1回辞めるけどまた会社に戻ってくるつもりでした(笑)。当時の上司に相談したら、1~2年なら組織が大きく変わることもないだろうから戻ってきたくなったら連絡してって言ってくれたので。なんて懐の深い会社なんだと感動しましたね。まぁ、「また戻ってこれますか?」って聞く私も私ですけど(笑)。それで1年ほどフリーでサロンモデルとか読者モデルとかをしていたら、芸能事務所の方から連絡をもらったんです。芸能界には興味がなかったんですけど一応話だけ聞いてみようと思って会ったらすごく熱心に誘ってくださって、そこまで言ってもらえるならとりあえず入ってみようかな~なんて軽い気持ちでその事務所に入りました。これが24歳のときですね。芸能界デビューしたことは、独身時代の一番大きなターニングポイントだと思います。ad1仕事に全力を尽くすも実を結ばずスランプに陥る事務所に所属して変わったことはたくさんあるけど、まずは収入!(笑)サロモでご飯を食べていた頃のほうが断然稼いでましたね、ひと月30万~50万円くらいだったと思うんですけど。作品撮りのモデル料は1回数千円くらいだけどとにかく撮影本数が多かったので。20代前半にしては稼いでいたほうじゃないかな。でも、事務所に入ったのでサロンモデルの仕事はきっぱり辞めました。今までと同じ仕事をしているだけじゃその枠から出られないと思って。ただ事務所に入ればそれだけで仕事が来るなんてことはなくて、せっかく芸能界入りしたのに仕事が全然ない時期があって困りましたね。収入ゼロで食べていけないどうしよう、みたいな。今まではきちんと稼げてたのにお金があったのにおかしいなぁって(笑)。私の認識が甘かったんですけど、事務所に入ったらどんどん仕事を持ってきてもらえると思っていたのでめちゃくちゃ焦りました。サロンモデルとしては活躍しているほうだったけど、モデルやタレントとは全く別物で、業界が違うってこういうことなんだってびっくりしましたね。この状況を打破しなきゃ!と、いただいたお仕事は全部がむしゃらに、きちんと全力を尽くしてやっていました。組織とか環境とか人間関係とか、自分の力じゃどうしようもないことはあるけど、だからといって手を抜く理由にはならないと思うので。どこかで誰かが見てくれているだろうという淡~~~い期待だけが頼りでしたね、当時は。それから少しずつ仕事の幅も広がって、単独でCMをやらせてもらえるようになったり、お芝居や週刊誌のグラビア、番組MCととにかくなんでもチャレンジあるのみ!って感じの日々。ただ、どの仕事も単発で終わっちゃった感じがして、将来の自分に繋がるような手応えを感じられずスランプに陥ることもありました。ad1イエスマンと“察してちゃん”をやめることで現状打破!本当のことを言うと、グラビアの仕事は意地でもやりたくないって何度か駄々をこねたんです(笑)。もちろんグラビアを見て好きになってくれたファンの方もいて、それはすごく嬉しかったしやってよかったなと思っているんですけど。ただ、グラビアで表紙を飾ったことで世間の認知度が上がるというか、目につくようにはなりますよね。それで、サロンモデル時代の仲間に「このグラビアは枕営業で取った仕事だ」なんてありもしない噂を流されたのはめちゃくちゃショックだったなぁ。そんなこと言う人本当にいるんだ!?って(笑)。まわりに事務所に所属している友達や知り合いがいなくて、仕事の悩みを相談できなかったのもつらかったですね。当時同棲していた彼に話してみたことはあったけど、「なんとかなるよ」とか「そういう仕事があるだけすごいことじゃん」って言われて。彼的にはポ

リンク元

Comments

Copied title and URL