桃井かおり「星ばあの人生に効く金言集」【人を好きになる感覚って?】『宇宙でいちばんあかるい屋根』特別企画【第3回】

download - 桃井かおり「星ばあの人生に効く金言集」【人を好きになる感覚って?】『宇宙でいちばんあかるい屋根』特別企画【第3回】 最新情報
出演作品で数々の映画賞に輝き、さらには映画監督としても活躍する桃井かおりさん。来年4月に70歳の誕生日を控え、現在はLAに拠点を移し、日本と行き来しながら世界各国の映画に出演してています。9月4日より公開中の映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』では、不思議な老婆・「星ばあ」役を熱演。悩める主人公・つばめと寄り添い、大切な心について考えます。今回、そんな桃井さん扮する「星ばあ」がwith onlineに登場! 4回にわたって、20〜30代女性の悩みに向き合い、新たな一歩を踏み出せるような言葉を贈ってくれました。桃井かおりさんの過去の経験やそこで得た考えは、必見です!第3回目は、「人を好きになる感覚」についてのお悩みパートナーと一緒になった星ばあが感じた変化を教えてくれました!今回の相談内容は、「人を本気で好きになること」について。20〜30代になると、当たり前のように「結婚」を意識するようになるものの……「本気で人を好きになるってどういうこと?」「一生ひとりの人を好きでいることなんて、できるのかな」と、悩んでしまうこともあるはず。そんな迷える読者から届いた今回のご相談はこちら!20代後半になり、続々と周りの人たちが結婚し始めました。私も少しずつ結婚を意識するようになってきましたが、なかなか本腰が入りません。というのも、そういえばここ数年、人を本気で好きになったことがない。その感覚を忘れてしまったように思います。星ばあにとって、「人を好きになる感覚」とはどんなものですか? 今回の相談内容は、「人を本気で好きになること」について。20〜30代になると、当たり前のように「結婚」を意識するようになるものの……「本気で人を好きになるってどういうこと?」「一生ひとりの人を好きでいることなんて、できるのかな」と、悩んでしまうこともあるはず。そんな迷える読者から届いた今回のご相談はこちら! 20代後半になり、続々と周りの人たちが結婚し始めました。私も少しずつ結婚を意識するようになってきましたが、なかなか本腰が入りません。というのも、そういえばここ数年、人を本気で好きになったことがない。その感覚を忘れてしまったように思います。星ばあにとって、「人を好きになる感覚」とはどんなものですか?ad『ポ〜とする色気! フッとした嫌気!』 View this post on Instagram A post shared by Kaori Momoi 桃井かおり (@kaori_momoi) on Jan 18, 2020 at 10:42am PST傷がくっついて治るみたいに、人間はくっつきたがるってことなんだと!まあ、星ばあはよく人を好きになったね〜。気がつくと勝手に好きになってるんで、始末が悪かったね〜。いつも二人席にしか座ってないみたいな感じで、独りになると空席が気になって、また誰かが座ってくれるのをただ待ってるみたいだった。アレはさ〜、星ばあの古い友人の神様が言うには、そもそも男と女は一つの核だったらしいんだな? (核分裂して仲間を増やしてたんだが、同じ遺伝子の分裂に限界を感じて)それを二つに割って男と女にしたって言うんだな。で、ほら、傷がくっついて治るみたいに、人間はくっつきたがるってことなんだと!つまり命を増保するための進化だったんだな?だから唯一確かなのは、「恋だ愛だ」で、死んではいけない。ad1『恋は旨味、嫌味が上回ったら賞味期限』しばらくして思い出になった頃、いい重さで身体の中でコロコロしていてくれるのが恋なんだ。もう一句いっとくか?『恋の数だけ石ころ』身体で誤魔化せないから、もっと厄介なのが友情だぞ View this post on Instagram A post shared by Kaori Momoi 桃井かおり (@kaori_momoi) on Dec 29, 2019 at 12:59pm PSTもうひとつ、星ばあの友達のゲイの子が言っとったんだがさ〜。「男と女は痛いところと、気持ちいいところが違うんだよ! 男同士の方がいいに決まってるじゃん!?」いや〜、然り!然り!そして決して身体で誤魔化せないから、もっと厄介なのが友情だぞ〜。でもこっちはあんまし得意じゃないんで、誰かほか当ってちょうだい!ad最終回のテーマは「他人と比べてしまうこと」最終回となる第4回目の次回は、「どうしても他人と比べてしまう」というお悩みについて、星ばあにお答えいただきます。「人と比較して落ち込んでしまった」という経験は、誰にでも一度はあるのではないでしょうか。我が道を行く星ばあならではの、パワフルだけど優しさにもあふれた素敵な言葉をたくさんいただきましたので、ぜひお

リンク元

Comments

Copied title and URL