モデル・ヨンアさんに聞く「進み出す勇気」

download - モデル・ヨンアさんに聞く「進み出す勇気」 最新情報
外出自粛期間も自身が立ち上げたブランド『COEL』のディレクションをし、数々のチャレンジを続けるヨンアさんから、溢れるバイタリティをお裾分けしてもらいます。母でありモデルであり、ブランドディレクター、そしてYouTube配信と、とどまることなく彼女の邁進する姿に、「日々の憂鬱が吹き飛ぶ」「元気をもらえる」という声も多い。YouTubeチャンネルではそんな毎日やプライベートな家族との時間を飾らない言葉で配信。丸型ヨンア●1985年生まれ。韓国出身。2004年に来日し、モデルのみならずCMやテレビ番組などでも活躍。トップモデルとして多数の雑誌のカバーや広告に出演。ファッションブランド『COEL』のクリエイティブディレクター。YouTube公式チャンネル『ヨンアTV』で垣間見える、キュートで自然体な姿が話題に。\ヨンアさんの勇気を紐解くキーワード/ブレない「優先順位」を持とう!ニット¥60000、スカート¥280000/ケイタ マルヤマ(KEITA MARUYAMA) (右手)ダブルリング¥36000、(左手)薬指ゴールドリング¥10000、ストーンリング¥28000、細バングル¥27000、ダブルバングル¥45000/アルティーダ ウード「去年から始めていたYouTube配信。編集は専門の方にお願いしているのですが、企画も撮影も全て私がやっているので、『やることが増えて、大変じゃない?』と聞かれることもあるのですが、私はストレスになるならやらないタイプ。私にとって一番大切なのは、子供や家族との時間。そして、モデルの仕事とブランド“COEL”。その合間に、無理がないように楽しんでやっています。自分にとっての優先順位を決めておけば、ストレスなく楽しめます!」ad自分の「感情に正直に」きちんと向き合う。「人間関係について悩んだ時に必要だと思うのは、“自分をちゃんと見ること、自分の感情を知ること”。冷静に自分の感情や求めていることに向き合えた時、答えが見えてくると思う。仕事でもプライベートでも“この人と一緒にいると自分が壊れそう”と思ったら、離れる勇気をもつことも必要。人間誰しも合わない人は必ずいます。無理に合わせていると、いつか心が壊れてボロボロになってしまうかもしれないから。20代前半の頃は、私もみんなにいい顔をしていたから、ある時すごく疲れてしまって。勇気を出して、合わない人と距離を置いたらすごく楽になれたんです。1人になって、じっくり心を見つめないと分からないこともあると思います。自分の感情を無視して生きるのはやめて、心に正直に人生を歩むのが大切!」いつも笑顔に見えても、 悩んでない人はいない。 でも、「いつまでも悩まない」。「YouTubeでは私の陽な部分を切り取って投稿しているので、『いつも元気ですね』と言っていただけるんですが、もちろんそんなことはなくて(笑)。私も悩むことはありますよ。でも、“それは、それ!”と思って、前に進んでいかないと。もちろん夫婦喧嘩もします。だけど、次の日まで持ち越さないのがmyルール。イライラすると顔に出ちゃうから、撮影で『笑ってください』って言われても上手に笑えないんです。だから、布団に入る前に解決します(笑)」母の時間、モデルの顔、 実業家としての目線「実は今日、初めて旦那さんが1人だけで子供を見ているんです。2人きりで長時間過ごすのは初めてだから、お互い緊張しているみたい(笑)」と、自宅で子供と過ごす旦那さんからの“ヨンちゃん、アレどこにある?”の電話に対応する母の顔も見せながら、ファッションブランドCOELやYouTubeチャンネルなど、新たな挑戦を続けるビジネスパーソンとしての言葉が続く。「私、あの時やっておけば良かったって思うのが嫌なんです。だから、思いたった時に行動するようにしています。COELを始めた時もそうでした。2014年に結婚してすぐ旦那さんの仕事の都合でシンガポールに滞在することになり、3年間仕事をセーブして、その間に出産を経験し育児中心の生活を送っていました。もちろんとても幸せな毎日だったんですけど、どこかで仕事がしたいという思いがあったんでしょうね。何気なくインスタを開いて仲の良いモデルさん達が撮影したり、パリコレに行っている投稿を見る度に、ふと仕事を離れている自分に寂しさを感じていました。と同時にやっぱり仕事もファッションも大好きなんだと改めて強く思えたんです。そして帰国を機にファッションブランドを作ることを決意しました。急いでデザイナーやスタッフを探して、それから本当にあっという間にCOELは誕生しました」adブランドを立ち上げたのは帰国からわずか半年後。思い立ったら即行動を体現しているのはこれだけではなく、リアルな私生活や声を公開しているYouTubeチャンネルも

リンク元

Comments

Copied title and URL