萩中ユウ「長い結婚生活も、ずっと仲良しでいるための秘訣♡」【第38回】

download - 萩中ユウ「長い結婚生活も、ずっと仲良しでいるための秘訣♡」【第38回】 最新情報
「受講して4ヵ月で結婚が決まる」 「生まれて初めて彼氏ができた」 など、幅広い層から口コミが広がり、大人気の講座を主催している萩中ユウさん。 そんなユウさんに、男性から溺愛されるための心得を学ぶ連載「幸せな結婚のつかみ方」。最近結婚について真剣に考え始め、“入塾”した編集with子と一緒に、甘えられて、楽しくて、パートナーから溺愛される、そんな女性になることを目指しませんか? 「好きな気持ち」、持続させるには?ユウ こんばんは、萩中ユウです。with子 こんばんは、編集with子です。もうすっかり秋めいて、肌寒くなってきて……ひとりで夜ごはんを作っていたりすると、不意に寂しくなる瞬間があったりしませんか!? 独身の皆さん……!(笑)秋のせいで、もっぱら「結婚したい欲」が高まっています!ユウ with子さんからの幸せなニュース、いつも心待ちにしていますよ♡with子 頑張ります〜!そんな中、今週は結婚生活についてのお悩みが届いております。ユウさん、今週もいろいろとお伺いさせてください!いつも楽しく拝見しています。「ユウさんのお話は人間関係全般に繋がるなぁ」と、感心して参考にしています。私は結婚生活が長いのですが、付き合いが長くなって、お互いの嫌なところが見えている状態です。いい関係性に戻すよう見方を変えたいのですが、難しいです。「好きな気持ち」を持続させる方法はありますか? よろしくお願いします。 (ちーちゃん)ad1「知ったつもり」にならず、常に相手に興味を持つ心が大事with子 ユウさん、「『好き』を持続させる方法」なんて、あるんでしょうか?ユウ まず、好意というのは「興味」です。「相手のことを知りたい」という気持ちが、「好き」の正体です。好きな気持ちを持続させる方法は、「知ったつもり」にならないこと!家族になっても、どんなに長く一緒にいても、相手の「今」の姿に関心を持ち続ける姿勢はとても大切です。with子 付き合いが長くなると、お互いのことを色々と知っていくと思うのですが、それも「知ったつもり」なのでしょうか? ユウ 前提として、人は日々変わっていくものです。考え方、価値観、求めていること。これらは「今の彼」の一部であることを忘れてはいけません。日々いろんな情報が入ってきたり、新しい経験をしたりして、立場も年齢も変わっていくもの。そう考えると、「昨日までの彼」と「今日の彼」というのも、多少なりとも違っているはずなのです。「知ったつもり」になっているその情報は、「昨日までの彼」の情報。今日の情報を仕入れていないのならそれは、「今日の彼」をまだ知らないということになります。毎日、「相手の今」に興味を持ち、「自分の今」を共有していくことが、お互いを知る唯一の方法です。with子 今日の情報を仕入れる! 考えたことありませんでした。ユウ 私は夫と結婚して7年が経つのですが、「7年前の二人の関係」と「今の二人の関係」はまるで違います。それに、7年前の夫と今の夫はもう別人。それくらい大きく変化、成長しています。もっと細分化していったら1年ごとにも違うし、1ヵ月ごと、1日ごとにも違うはずなのです。with子 なるほど……。ユウ 7年前と比べて、今の夫は表情、口癖、考え方、行動基準、男らしさや頼もしさまで、大きく変わっています。毎日の会話の中から、彼の考え方が変わったことや、周りの出来事から良い影響を受けたことを感じて頼もしく思ったり。毎日一緒にいても、彼の成長に驚かされることばかりなので、日々変化し続けているパートナーに絶えず関心を持って観察することってすごく大切だなと感じるのです。お互いに、毎日思っていることや大切にしたいこと、目指している方向性など、なんでもシェアして共有し続ける。これこそが、パートナーとして深く関わり合い続ける方法かなと思います。ad1毎日一緒にいることが「正解」な二人になっていきたいけれど……with子 相談者さんは、すごく頑張ったり努力したりした結果、それでも未だ「上手くいかない」「どうしても嫌なところばかりが目についちゃう」という状況なのかなと思いました。そんな時って、相談者さんも仰っている通り「見方」を変えるのってなかなか難しいと思うのです。それから、「自分ばっかり頑張ってる」と感じてしまったり。そんな風に「負の感情」が優位になってしまっている時などは、どうしたらいいのでしょうか。ユウ そうですね。私だったら、「自分ばっかり頑張っていてしんどいな」と思ったら、その時点でパートナーに素直な気持ちを全て伝えます。もっと言うと、そこまでしんどくなってしまうほど、一人で頑張らないことも大切です。二人のことなのに、「一人で解決できること」なんてあるはずがありません。パートナーシップにおいて「自分で頑張る」が正解にな

リンク元

Comments

Copied title and URL