【10/5〜10/11の運勢】10月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

media 35981ecf10d8b96f4b904ea6eafbe25025bcc756 - 【10/5〜10/11の運勢】10月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック! 最新情報
isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢


illustration by ニシイズミユカ



目を逸らさずに


今週のおひつじ座は、「蔭」の側に立って日常を見返していくような星回り。

「もの置けばそこに生れぬ秋の蔭」(高浜虚子)という句で詠まれているのは、ふと物を置いたときに濃い影が生じたという、秋の暮れの光景。作者の意識の中心にあるのは「もの」を置いたことによってぽっかりと空いた心の穴であり、その穴を満たしている秋の澄んだ空気や不気味なほどの静けさに浸っているのだと言えます。

それは「もの」を持っているのが当たり前だった時には気付くことのできなかった代物。だからこそ人はなかなか意図した仕方では「もの」を置くことはできないのでしょう。けれど掲句ではそれを強い意志をもってなのか、ものの弾みかは分かりませんが、とにかく置いてしまったのであり、そうしてできた「蔭」から、もはや目を離せずにいるのではないでしょうか。

今週のあなたもまた、今このタイミングでけじめを付けるべきことがあるとするなら、それは何なのか。そして、それを手放すことで何が得られるのか。改めて、確かめていくことになりそうです。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


私が話すように物事が創造する


今週のおうし座は、たまたま読んでたまたま書いた言葉に自身で納得していくような星回り。

18世紀中国の詩人・袁枚(えんばい)には、「偶然作」すなわち「たまたまできた詩」という、漢詩にはお約束のタイトルの詩がありました。賭け事以外の遊びにことごとく手を染めてきた自分が、ある日を境に変わってしまったことを次のように歌っています。

「忽忽四十年 味尽返吾素 惟茲文字業 兀兀尚朝暮」すなわち「ところが四十になると、遊び尽してやっと本来の自分に返ったかのように、本を読むことが急に面白くなり、毎日ひたすら読書にばかり明け暮れるようになった」と。

今週のあなたもまた、そんな一節を書いてその通りに生きてしまった袁枚のように、自分が今それを生きつつある変化に思い当っていくことになるでしょう。

続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


私のユリイカ


今週のふたご座は、心の奥の声となまの実感との一致を、ふとした瞬間に感じていくような星回り。

「秋の暮尿瓶泉のこゑをなす」(石田波郷)という句で詠まれているのは、ベッド下に置かれている尿瓶(しびん)について。かつては尿瓶と言えば透明なガラス製で、そこに透く尿をすこしも汚いものとは思わなくなる。また仕方によってはかすかないい音がして、作者はそれを「泉のこゑ(声)」という美しい言い方で捉えてみせた訳です。

考えてみれば、用を足す音をこうして詩化したというのは、小手先だけでは決してできない、容易ならざる覚悟によって初めて為しえたことであり、しかもしれを俳句の中に込めてみせるのは真の詩人にしかできない至難の業(わざ)と言えるでしょう。

今週のあなたもまた、「きれい」と「きたない」が交錯していく自分なりの裸足の地点にそっと降り立っていく感覚を実感していくことができるはず。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


シンプルにいきましょう


今週のかに座は、人間としてのあつかましさを均(なら)していくような星回り。

自分の“真価”だとか、はたまた“他の人にはまね出来ないオリジナリティー”などを証明しようなどと意気込むと、大抵ろくなことはおきない。あるいは、斬新なアイデアや華麗なテクニックなど、そうと意識して盛り込もうとすれば、あつかましい「味」しかしてこないものです。

もっとあっさりとして、余計なものを入れないようにした方が、かえって「味」というものに囚われず、体に入れたいものを入れて、入れたくないものは入れないというシンプルだけれど奥深い基本に向き合っていけるのではないか。

今週のあなたもまた、「作為的な知恵」や「力まかせ」というところからいったん離れて、ふだん自分がしている営みに改めてまなざしを向けてみるといいでしょう。

続きはこちらから

今週のしし座の運勢

illustration by ニシ

リンク元

Comments

Copied title and URL