忙しくてもSNSを上手に使って最大限の効果を出す方法【第17回キラキラ副業プロジェクト】

download - 忙しくてもSNSを上手に使って最大限の効果を出す方法【第17回キラキラ副業プロジェクト】 最新情報
可愛く1000万円ガールを目指す! 宮本佳実がwith girlsを直接カウンセリング!ワークライフスタイリスト宮本佳実さんがwith girlsの“仕事”をカウンセリングするこの連載。好きを仕事にしたいけれど始め方がわからない、どんなふうに仕事を広げたらいいか、などと悩んでいる方々に、“可愛いままでできる”方法をワークライフスタイリングという形で宮本さんが指南します。今回の相談者はヨガインストラクター歴10年のMOMIさん(30歳)。昨年からはフリーランスとしてパーソナルトレーナーの活動を開始。スタジオオープンを目指していたところでコロナ禍になってしまい、どのように事業を展開していけばいいのか迷い、宮本さんのもとを訪ねてきました。本日のお悩みSNSを活用していきたいが、たくさんあってどれを選べばいいかわからない!今回の相談者、MOMIさん(30歳)いつでも「オンライン」に切り替えられる準備をMOMI「今日はよろしくお願いします」宮本「よろしくお願いします。MOMIさんはフリーランスでトレーナーをされているんですね」MOMI「はい。そうなんです。もともとはジムに所属していたんですが、昨年フリーになり、少しずつレッスンを始めていたんです。そろそろ個人のスタジオを開設しようと思っていた矢先にコロナがあって、オンラインに切り替えざるを得なくて……」ad宮本「そうですね。これからは基本的にいつでもオンラインでできるように備えていった方がいいと思います。実際に今レッスンを受けに来ているのはどんな方なんですか?」MOMI「Instagramやウェブサイトを見てきてくれた方が多いですね。もっと集客したいんですが、何から始めたらいいかわからなくて。たぶんもっと知名度を上げるために、SNSを使うのがいいとはわかっているんですが、いろいろありすぎて……」ad1自分が“伝えたいもの”を明確にすること宮本「オンラインではこれまで教室に通ってきてくれていた層とはターゲットが変わってくると思います。そしてオンラインってみんなが同じ土俵になるんです。今は『嵐』も配信をする時代。家から近いからとか、たまたまポストにチラシが入っていたということで選ばれなくなるので、自分が何を伝えたいのか、何ができるのかを明確にしないと生き残ることが難しいです。MOMIさんのトレーナーとしての“売り”はなんでしょうか?」MOMI「私自身もそれに悩んでいて。ヨガや筋トレはYouTubeなどにもあふれていて、私は何を際立たせていけばいいのか……。自粛中にインスタライブにもチャレンジして、ヨガスタジオが近くにない子育て中のママたちが参加してくれたので、そういった隙間の時間でヨガをしたいと思っている人たちに教えられることが強み……でしょうか」ad宮本「確かに隙間時間しかない方にはオンラインのレッスンいいですね。でも、MOMIさんのレッスンを受けることで体がどう変わるか、どう変えたいか、そこを明確に打ち出すことが大切です。ただ『隙間時間にできる』だと、同じようにオンラインでやっている人との差がわかりにくいですよね。MOMIさんだからこそ教えられることって何でしょうか?」MOMI「私の強み、そうですね……。解剖学について他の先生よりも詳しいことでしょうか。体の使い方とか、肩こり、腰痛など、悩みに沿った指導ができます。受けてくださった方からも、体が変わった、ラクになった、という声はよくいただきます。肩が上がるようになったとか、服が脱げるようになったとか」宮本「それですよ! その具体性が重要です。肩が上がらない、服が脱ぎにくいと思っている方は、MOMIさんに習いたいと思うはずです。先ほども言いましたが、何がどう変わるかビフォアアフターを明確にする示すことが大事なので、SNSなどでアピールするときには、たとえば四十肩で肩が上がらなかった人が上がるようになったなど、具体的な声を書きましょう。そうすることで『私のことだ』と思ってもらうことができます。個別の悩み対してパーソナルでレッスンを組むのもいいと思います。いわゆるフォーマットとしてのヨガを教えられる人はたくさんいますが、MOMIさんのように個人の悩みに応えられる人は少ないと思うので、強みになります。今持っていらっしゃる能力をもっと生かすようにしていったら、事業拡大できるはず」ad1勝手に売れていく商品があるのは事業拡大のポイントMOMI「ありがとうございます。方向性が見てきて嬉しいです。でも、まだまだ知名度が低くて、SNSも現状のフォロワーはすでに私を知っている人がほとんどなんです。悩みを抱えている人にどうアピールして集客をしていけばよいでしょうか」宮本「たとえばですが、まずはインスタライブをやってみるのはどうでしょうか。ただし、基本的にインス

リンク元

Comments

Copied title and URL