ドナルド・トランプ「“大殺界選挙”を乗り切る秘策はこの女性!」 六星占術による セレブの運命 細木かおり 第9回

download - ドナルド・トランプ「“大殺界選挙”を乗り切る秘策はこの女性!」 六星占術による セレブの運命 細木かおり 第9回 最新情報
2021年版『六星占術による あなたの運命』大絶賛発売中!視聴率女王と呼ばれ大ブームを巻き起こした細木数子先生考案の六星占術。今年40周年を迎えた六星占術の奥義を継承した娘・細木かおり先生による超大ヒットシリーズ、『六星占術によるあなたの運命』2021年版がついに発売に! ここでは、気になるあの有名人の運命を左右したものの正体と、これから運を切り開く方法をかおり先生に聞きました! 六星占術を知って、あなたも開運してみませんか?『六星占術によるあなたの運命』の詳細はこちら!*六星占術とは、生年月日によって定められた「運命星」から運勢を読み解くもの。土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人という6つの「運命星」はそれぞれプラス(陽)とマイナス(陰)のどちらかにわかれるので、12のタイプに分類されます。そのうえでさらに「霊合星人」の運命をあわせ持つ人もいます。大金持ちなのにわざわざ大統領をやっている理由は?11月に行われるアメリカ大統領選を目前に新型コロナウイルス感染で入院し、即退院。ますます世界中の注目を集めるトランプ氏に、今回はスポットを当てていきましょう。ドナルド・トランプ氏:1946年6月14日生まれ(74歳) 水星人(+)水星人は、物事に動じないクールなイメージに加えて、人を引き付ける華やかさを持っているのが魅力です。トランプ氏の大胆な発言やインパクトのある行動も水星人の持ち味。カリスマ性につながり、多くの人の関心を引くことになります。また、水星人はもともと並み外れた財運の持ち主。トランプ氏も、1971年に父親の不動産事業を引き継ぎます。経営者として事業を拡大させていくのですが、この1971年の運気は“大殺界”の〈陰影〉。“大殺界”からスタートしたことが、その後相次ぐカジノやホテルの倒産などへとつながったのかもしれません。何度も経営難に直面し、合わせて4度も破産申請をするなど、浮き沈みを繰り返すことになります。著名な実業家となったトランプ氏は、2004年には、リアリティ番組「アプレンティス」のホスト役としてテレビ出演し、大人気となります。この年の年運は好運気の〈再会〉で、新しい環境に踏み出すのに絶好の時期でした。番組内でのトランプ氏の決めゼリフ「You’re fired(お前はクビだ)」は流行語になり、アメリカ全土での知名度は圧倒的なものに。番組への出演は2015年まで続いたそうです。その後、ついに2016年の大統領選挙でまさかの勝利。実はこの年の運気も〈再会〉で、まさに新しい舞台に躍り出るチャンスだったのです。ところでトランプ氏は当時すでに約3800億円の資産の持ち主。わざわざ大統領を目指す原動力とは何だったのでしょう?水星人は、財運を呼ぶ星回りで、お金が自然と回ってくる運命にあります。ただし、家業を継いでそこにあぐらをかいたり、いつまでも親の援助を受けていると、本来の力を発揮できません。逆に、自分で事業を興す「初代運」の持ち主で、独立心や行動力に長けている面があります。飽くなき野心を持つトランプ氏ですから、親から引き継いだ事業では満足できなかったのではないでしょうか?こうしてトランプ氏は、政治経験がなく、政府や軍の役職に就いたこともない、初めての大統領になったのです。また、水星人は「晩年運」が強く、年を重ねてから大きく成功する人が多いようです。若いころは人付き合いが苦手で、周囲からも誤解されがちな水星人。でも、年を重ねていくうちに、自分の意志やスタイルが確立され、のびのびと働けるようになります。トランプ氏は70歳で大統領に就任し、就任時最高齢の米国大統領になりましたが、やりすぎなほどパワフルな印象がありますよね。ちなみに、トランプ氏が「ここぞ」というときにしているネクタイは必ず「赤」。赤は共和党のイメージカラーですが、水星人のラッキーカラーも赤なんです。奥様メラニアさんのサポートがカギになる!最後に、奥様との相性を見ていきましょう。大統領にとって、ファーストレディの存在は重要です。メラニア・トランプさんは、1970年4月26日生まれの金星人(+)。水星人のトランプ氏との「人運*」で見ると、一緒にいて波長が合う二人です。人になかなか弱さを見せられない水星人にとって、心を開いていつも受け止めてくれる金星人は、唯一安らげる相手になっているのではないでしょうか?水星人(+)のトランプ氏にとって、2020年は〈停止〉、続く2021年も〈減退〉と、いずれも“大殺界”が続きます。一方、奥様の運気は今年〈立花〉と好調。トランプ氏の停滞を支えて、サポートしてくれる存在になりそうです。ただし、金星人は「華やかな場面」を好む傾向があるので、表に出すぎることに注意して、主役の大統領を陰で支えることがポイントです。そんな奥様の十分なサポ

リンク元

Comments

Copied title and URL