画期的!ふんわり卵をのせるだけの「オムライス」&つゆだくソースの「ナポリタン」【arikoさん直伝のおうち洋食入門】

download - 画期的!ふんわり卵をのせるだけの「オムライス」&つゆだくソースの「ナポリタン」【arikoさん直伝のおうち洋食入門】 最新情報
ハンバーグにオムライス、ナポリタン……世代を超えて愛される洋食は、誰もが一度は作ったことがあるはず。お馴染みすぎるメニューでも、ポイントを押さえれば段違いにおいしい! そんなレシピをarikoさんから教えていただきました。丸型ariko ● 編集ライターとしてファッション企画を手掛けるかたわら、手料理やレストラン情報などを発信するInstagram「@ariko418」が絶大な支持を得る。雑誌や書籍等で披露する料理レシピも大人気に!【オムライス】テクニックは不要!ふんわり卵をのせるだけおいしく作るPOINT☑ケチャップをひと煮立たちさせて酸味を飛ばす☑ムラなくケチャップが絡むようにごはんは後から☑ごはんを卵で包まずに、上からのせるだけでOK●材料(2人分)ハム・50g玉ねぎ・1/2個マッシュルーム・4個トマトケチャップ・大さじ6コンソメ顆粒・小さじ1/2ご飯・200g卵・6個生クリーム・大さじ2塩、こしょう・各少々バター・大さじ3キャベツ(せん切り)、きゅうり(薄切り)、ミニトマト・各適量ad下ごしらえハムは1.5㎝角に切る。玉ねぎは粗みじん切り、マッシュルームは薄切りにする。付け合わせの野菜を切る。●作り方【1】フライパンにバター大さじ2を入れて中火にかけ、玉ねぎを加えて炒める。しんなりしてきたら、ハムとマッシュルームを加えてさっと炒め合わせる。【2】①にケチャップとコンソメ顆粒を入れてひと煮立ちさせる。ごはんを加えて炒め合わせ、塩、こしょう(ともに分量外)で味を調える。半量ずつ器に盛る。【3】ボウルに卵を割り入れ、生クリーム、塩、こしょうを加えて溶きほぐす。【4】小さめのフライパンにバター大さじ1/2を入れて強火にかけ、卵液の半量を流し入れる。表面がふつふつとしてきたら、ゴムベラで卵液を外側から内側へ寄せるように大きくかき混ぜながらとろとろのスクランブルエッグを作る。残り半量も同様に作る。【5】 ②のご飯の上に④の卵をのせ、キャベツ、きゅうり、トマトを添える。好みでトマトケチャップをかけていただく。ad1【ナポリタン】つゆだくソースを絡めてパサつかないひと工夫おいしく作るPOINT☑トマトソースをベースにして甘さを抑えた味に☑ ゆで汁を加えたソースで麺の口当たりがしっとり☑ ピーマンは最後にさっと炒めて食感と彩りを残す●材料(2人分)スパゲティ・200gベーコン・4枚玉ねぎ・1/2個マッシュルーム・6個ピーマン・2個ウインナーソーセージ・4本水・大さじ2バター・大さじ3ーAートマトソース(プレーンタイプ)・60gトマトケチャップ・大さじ5コンソメ顆粒・小さじ1弱塩・ひとつまみ下ごしらえベーコンは1㎝幅に切る。玉ねぎとマッシュルームは薄切りにする。ピーマンはへたと種を取り、3㎜幅の輪切りにする。ad●作り方【1】フライパンにバター大さじ2を入れて中火にかけ、ベーコン、玉ねぎ、マッシュルームの順に加え、それぞれに火が通るまで炒める。【2】①にAをすべて加え、少し煮詰めたら火を止める。【3】小さなフライパンにウインナーソーセージと水を入れて中火にかけ、水けがなくなるまで炒める。【4】鍋にたっぷりの湯を沸かし、湯に対して1.5%の塩(分量外)とスパゲティを入れ、パッケージに表示された時間より2分ほど早くざるに上げる。ゆで汁は残しておく。【5】スパゲティがゆで上がる少し前に、2 のフライパンを中火にかけて煮立たせ、ゆで上がったスパゲティとバター大さじ1を加えてソースを煮からめる。水けが少ないときは4 のゆで汁を加えて調整する。【6】ピーマンを加えてさっと炒め合わせ、器に盛る。ウインナーソーセージを添え、好みで粉チーズとタバスコをかけていただく。\前回記事はこちら/via withonline.jp絶対失敗しないハンバーグを作ろう!arikoさん直伝のおうち洋食入門-クレジット-料理/ariko 撮影/福本和洋 スタイリング/YUKO(+y design) 取材・文/首藤奈穂 ※再構成 with online編集部ad1元のページを表示 ≫関連する記事絶対失敗しないハンバーグを作ろう!arikoさん直伝のおうち洋食入門〈あまりにも美味しそうでインスタでも質問殺到!〉暑い日に食べたい!簡単そうめんレシピ【10分以内でテレワーク飯】簡単塩そぼろが“のっけごはん・スープ・カレー”に3変化【10分以内でテレワーク飯】洗い物の少なさNo.1!ちぎり厚揚げともやしの坦々鍋【10分以内でテレワーク飯】レンチンだけで即おいしい♡たっぷりキャベツの明太うどん【10分以内でテレワーク飯】
Source: with online

リンク元

Comments

Copied title and URL