Da-iCE「同じグループに思えないほどの振り幅を見せていきたい」【“耳”から味わう新しい幸福】

download - Da-iCE「同じグループに思えないほどの振り幅を見せていきたい」【“耳”から味わう新しい幸福】 最新情報
Da-iCE「“耳”から味わう新しい幸福」特別連載 vol.2前向きなパワーワードがちりばめられた新曲「DREAMIN' ON」で、グループの新章開始を高らかに宣言したDa-iCE。6ヵ月連続リリースの2作目となるシングル「amp」は、“聴覚” をテーマにした大人のラブソングに仕上がった。-クレジット-右から〈工藤さん〉パンツ¥12700/SUPERTHANKS(jajahhn) その他/スタイリスト私物 〈大野さん〉アウター¥338000/NAMACHEKO(MATT.) シャツ¥34000/JIVELTA(Sian PR) その他/スタイリスト私物 〈和田さん〉シャツ¥46000/kudos(MATT.) その他/スタイリスト私物 〈花村さん〉ジャケット¥33000/CULLN(I Sian PR) その他/スタイリスト私物 〈岩岡さん〉シャツ¥45000/SHINYAKOZUKA(MATT.)中に着たシャツ¥20000/ato(Sian PR) その他/スタイリスト私物同じグループに思えないほどの振り幅を見せていきたい6ヵ月連続リリースという壮大なプロジェクトに掲げられたテーマは“五感で感じるエンターテインメント”。第一弾シングルのカップリングには、“視覚”から歌詞を連想した楽曲「Found it」が収録された。次の一手として生み出された「amp」は、タイトル通り、ライブ会場などで音声を増幅する装置であるアンプが題材になっている。■工藤 「今回は“聴覚”がテーマの楽曲を作りたかったので、まずは関連するワードをピックアップしました。もしかしたら、僕たち人間の体内にもアンプのように音を大きくする装置があるのではないかと。例えば人を好きになると、『もっと知りたい』という欲求が出て、その人の話し声に対して耳が敏感になるじゃないですか。その感覚を表現することで歌詞を作りました」ad大人の感性を揺さぶる歌詞と、洗練されたミディアムテンポのメロディーが相性抜群。TVアニメ「ONE PIECE」の主題歌として話題沸騰中の「DREAMIN' ON」とは、大幅に印象の違うナンバーに仕上がった。ボーカルの2人が手応えを語る。■大野 「誰もが親しみやすいポップスだった『DREAMIN' ON』とは違って、『amp』はいい意味でシングル向きの曲ではないと思うんですよ。カテゴライズしにくい、突っ込んだジャンルの曲。挑戦的な曲を出したい時でしたし、良い曲が完成したなと」■花村 「リズムを取るのがすごく難しい曲だったので、メインとなる部分はこれまででいちばん時間をかけて録りました。ワンフレーズの中でも、こんなにアプローチの仕方を変えている曲はなかなかないんじゃないかな」どんな方向にも舵を切れる引き出しの多さこそ、Da-iCEの真骨頂。■和田 「パフォーマンスも曲に合わせてガラリとイメージを変えていきたいですね。『DREAMIN' ON』がフレッシュな感じだったので、今回は大人っぽく。前回とは真逆なDa-iCEを見せたいと思っています」■岩岡 「できれば6作品連続で、振り付けもアートワークも『同じグループなの?』と思わせるくらいの振り幅を見せていきたいです。簡単なことではないけど、それが5人の共通認識です」ad1【花村想太】花村さんはセットチェンジの合間に響かせる「フフフ~ン♪」という鼻歌だけでスタッフを幸せな気分にさせてくれる。美声、ニコニコした笑顔、ビビッドな赤髪、どこを切り取っても華やかな存在。写真では伝わりにくいものの、彼の耳は上部が尖っているのが特徴。もしかしたら妖精なのかもしれない。【和田颯】グループ最年少ながら、いつも一番落ち着いたオーラを纏っているのが和田さん。アレコレとポージングのリクエストをしなくても、撮影現場の世界観を瞬時に感じ取り、カメラの前にスッと立っているだけで“絵になる”。ダンスで培った天性のバランス感覚や表現力を静止画でも発揮してくれた。【大野雄大】蒸し暑い部屋での撮影でも、ふとした瞬間に変顔を繰り出すなど、持ち前の明るさと気遣いで現場を和ませてくれた大野さん。インタビューでも時折ボケや下ネタを交えつつ、自ら積極的に雰囲気を明るくしてくれる。彼がグループのムードメイカーとなっているのは間違いない。【工藤大輝】工藤さんは“ザ・リーダー”。いつも行動がテキパキしていて、受け答えがハキハキしている人。笑顔も、クールな表情も、シャッターのリズムに合わせて多彩な表情を披露。集合写真ではボーカル2人が連発する超シュールなボケにも即座にツッコミを入れる。彼がいるから撮影現場の平和と秩序が保たれている。【岩岡徹】足元が不安定な場所の撮影でも、「僕は大丈夫ですよ。このまま3時間ぐらいは立てます」と言っ

リンク元

Comments

Copied title and URL