「女の年齢をとにかく疑う男」独女・E子「婚活男子の査定記録」【第36回】

download - 「女の年齢をとにかく疑う男」独女・E子「婚活男子の査定記録」【第36回】 最新情報
その日は金曜日の夜。30代の美女二人が、食事に舌鼓を打っている。互いに男関連の愚痴などを話し、意気投合しているところであった。そう、E子とその友人である。食事は満足のいくものをいただき、そして話したかった愚痴も吐き出してスッキリした。あとは、二軒目でどこへ行くかということだ。私たちは当然、出会いの場へと赴いた。ad1VIPな殿方とのご対面はじめましてで、最初に気にすることはなあに?相席形態でお酒が飲める店にやってきた二人。男性は料金がかかるわけだが、女性は無料。どれだけ飲んでも無料。人間観察もできて、あわよくば出会いもある。最高の楽園だ。到着後、いきなりVIPルームへと案内された我々は、内心では「やはり美女だから上客と相席させられるのか、なるほど」と、無言で納得していた。部屋に入るとスーツを着た男性が二名、着席している。はじめましてなどと適当に挨拶しながら、男性たちの隣へそれぞれ腰かけると、まだろくに自己紹介もしていない段階でこう言われた。男「たぶん(俺たちより)年上ですよね」と。え?お前らの年齢も知らないから、そうだよとも違うよとも言えないけれど、年上じゃダメすか?つか、お前ら何歳なんすか???ad1しぶとい男繰り返される年齢の話題やや失礼な殿方だなと思いながらも、女「え~? そうかな?」などと適当に返答をする。年上ですよねと言ってきたのとは違う方の男が、仕事や居住地の話など、年齢の話題をおしのけて色々聞いてくれた。それなりに初対面らしい無難な会話を一通りしたところで、またしても話題は年齢に戻る。    男「てか、何歳なんすか?」またこいつである。どんだけ年齢知りたいんだよ。いいだろうがよ、年齢は。見た目が全てだろうがよ。と思いながらも、女「28歳です」と答えてみる。読者諸君はお気づきの通り、当然これは嘘なのだが、嘘だなどとネガティブにとらえるのはご遠慮願いたい。これは男たちへのサービス精神なのである。どうせ今後恋愛に発展することなどない、この一夜限り……というと変だな、違う。この30分程度相席するだけの関係だ。だから、男たちに夢を見させてあげたい、そういうサービス精神なのだ。ad1審美眼そのスキル、分けてほしい男「28? 嘘でしょ」女「え~!(笑) 本当です!(笑)」男「絶対違うでしょ」女「どういう意味?」なかなか28歳を信じてくれない、例の男。逆にこいつ何歳なんだ、と気になったので聞いてみると、なんとこの男は30歳。ツレの男は32歳である。なんだよ、お前らも30超えてんじゃねぇかよ。やたらと年上に見えると言って突っかかってくるから、この男たちが28とかなのかと思ったら、お前ら普通に同世代じゃねぇかよ。モヤつきながらも、あまり憤慨するとババア丸出しかもと思い、女「え~? 老けて見えるのかなぁ」などと適当にあしらいながらも、結局男は最後まで我々の年齢に懐疑的だった。真実を見極める確かな目を持った彼、そしてそれを真剣に相手に伝え、あらがう、強さ。正直、畏敬の念しか湧いてこなかった。イラスト/田中光-PROFILE-【E子】「まさか未婚のまま30歳を迎えるとは……」気づいたら30代独女となり、次から次へと男性と会っていく中で、独自の婚活観を築いてきたOLのE子。これまで出会ってきた数多の男性とのエピソードを例にしながら、ときにおもしろおかしく、ときに皮肉を込めてたTwitterの投稿が話題となり、ライターに。「まさか未婚のまま30歳を迎えるとは……」気づいたら30代独女となり、次から次へと男性と会っていく中で、独自の婚活観を築いてきたOLのE子。これまで出会ってきた数多の男性とのエピソードを例にしながら、ときにおもしろおかしく、ときに皮肉を込めてたTwitterの投稿が話題となり、ライターに。Twitter : https://twitter.com/escape_no_e_yoad1元のページを表示 ≫関連する記事「食べ歩かせようとする男」独女・E子「婚活男子の査定記録」【第35回】「合コンで仰天の結末……好きなタイプを素直に言う男」独女・E子「婚活男子の査定記録」【第34回】「バーニャカウダ男」独女・E子「婚活男子の査定記録」【第33回】「ついに結末!続々々・ロマンチックな男」独女・E子「婚活男子の査定記録」【第32回】「続々・ロマンチックな男」独女・E子「婚活男子の査定記録」【第31回】
Source: with online

リンク元

Comments

Copied title and URL