映画の紹介『死霊館のシスター』

download - 映画の紹介『死霊館のシスター』 最新情報
西田です。今日は、木曜日。特に何かあるわけじゃないけど明日終わればもう休日。どうやら、明日からHarry Potterが上映されるらしい。賢者の石。恥ずかしながら、さっき知りました。しかも、3Dと4Dらしい。なるほど。正直めちゃくちゃ見ようか迷っております。映画の紹介Harry Potterについて触れましたが、今回、紹介するのはガッツリホラー映画の『死霊館のシスター』です。死霊館 エンフィールド事件のスピンオフでそこで度々、登場したVALAKに焦点を当てた作品です。【出演者】🔘VALAK役 - Bonnie Aarons🔘 Burke神父役 - Demián Bichir🔘 シスターIrene役 - Taissa Farmiga🔘 Maurice/Frenchie役 - Jonas Bloquet🔘 シスターVictoria役 - Charlotte Hope 🔘 シスターOana役 - Ingrid Bisuあらすじ暗黒時代、ルーマニアにある聖カルタ修道院で、オカルトに興味を持った公爵が悪魔を呼び出し、そこへVALAKが召喚される。しかし、儀式の途中で襲撃され、失敗に終わる。キリストの血でVALAKを封じ込めることに成功したが、大戦中、修道院が空爆され、再び扉が開き復活する。時代は1952年になり、2人の修道女が暗い地下墓地の廊下を歩いていた。 "キリストの血"で悪魔を封印しようとしたが、1人は襲われ、もう1人は生き残るが、悪魔に憑依されない様に自ら絞殺した。数日後、Frenchieという男性が物を運びに修道院の近くまで来ると、血を流してる修道女の遺体を見付ける。これにより調査の為、Burke神父と見習いの修道女Ireneが派遣される。調査をしていくうちに、全てはVALAKが鍵である事を突き止める。シスターIreneは、VALAKを封印するために本格的なシスターになるための終生誓願を立てる。そして、不可解なことが続く中、VALAKに立ち向かうことになっていく。『死霊館のシスター』について実話を基にされてきてるシリーズですが、この作品は実話かどうかと言わると、ウォーレン夫妻の体験したことではないので恐らく実話ではないと思われます。ホラー映画の中でもグロいとかが全く無くて、本当に「怖い」で進んでいきます。ホラー映画あるあるの、お色気シーンや、頼りない警察、死んだのに生き返るとかが無いので新鮮な目で見れるかなと思います。映画『死霊館のシスター』公式サイト映画『死霊館のシスター』大ヒット上映中BD/DVD/デジタル【予告編】『死霊館のシスター』2019.2.6ブルーレイ&DVDリリース 1.9【先行】デジタル配信 - YouTubeジェームズ・ワンが贈る『死霊館』ユニバース、全ての原点となる最恐ホラー。すべての恐怖の始まり。1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。不可解な点が多いこの事件の真相を探るため、教会はバーク神父とシスターの見習いアイリーンを修道院へ派遣する。二人は事件を調査していくにつれ、この修道院に隠された想像...現在、chi24dの方のアカウントで、ドラマと映画の感想について投稿してます。どうやら、7人の秘書というドラマが面白いみたいなので見てみようと思います。ad1元のページを表示 ≫関連する記事映画の紹介『デンジャラス・ビューティー』映画の紹介『彼女が目覚めるその日まで』映画の紹介『Wonder -君は太陽-』映画の紹介『ギルバート・グレイプ』映画の紹介『オーメン666』
Source: with online

リンク元

Comments

Copied title and URL