愛妻家オバマ元大統領、妻のミシェルとの離婚危機を語る。

download - 愛妻家オバマ元大統領、妻のミシェルとの離婚危機を語る。 最新情報
今年結婚28周年を迎えた、アメリカ元大統領のバラク・オバマとその妻、ミシェル・オバマ夫妻。過去にも結婚生活が順風満帆ではなかったことを告白しているふたりですが、今回はオバマ元大統領が、長女のマリアが生まれた直後に、妻と離婚寸前の危機にあったことを語りました。写真:ロイター/アフロこれはオバマ氏の近著、「A Promised Land」で明らかにされたもので、1998年にマリアが生まれた際、彼は父親業に専念していたのですが、その後3つの仕事に復帰しなければならなくなり、家族と充分な時間を過ごせなくなってしまったのだとか。「ミシェルは母親業と仕事の間で疲れ果て、満足のいく仕事ができなくなってしまったんだ。毎晩、子供にご飯を食べさせてお風呂に入れて本を読んで部屋を片付け、ドライクリーニングをピックアップして小児科医のアポイントメントを取り終わってベッドに向かう頃には、彼女は(私のいない)空っぽのベッドに向かうこともしょっちゅうだった。それも、あと数時間すればまた同じサイクルがやって来る。夫が『重要な任務』から解放される間にね」adすれ違い始めていた夫婦仲に転機が訪れたのは2000年。オバマ氏が上院議員選挙に負け、家路に着く飛行機の中でのことでした。「私はすでに40歳になろうとしていて、酷い敗北を味わい、結婚生活は緊張に包まれていた。私は人生で初めて、自分が誤った方向に行こうとしていたことを知ったんだ」そのときに自分の過ちに気づいて家族を再び大切にするようになったからこそ、その後20年も、未だに仲良し夫婦でいられる現在の幸せがあるのですね。一方、妻のミシェルは今年2月にこう語っていました。「自分の幸せは自分次第だということがわかったの。私は彼に幸せにしてもらおうと思って結婚したわけではないわ。誰も私のことを幸せにはできない。パートナーシップにおいて、自分が対等だと証明するには、バラクがやっていることにフォーカスするのは止めて、彼と一緒にいようがいまいが、自分が人生に求めるものをどうやって作り上げていくかということを考えるようにしたの。自分で自分のことを明確にできるようになればなるほど、パートナーシップも上手くいくようになったわ」……深い! お互いが夫婦仲を改善しよう、続けようという気持ちがないと持続するのは難しいのが結婚生活、ということなのでしょうか。勉強になりますっ!!-クレジット-文/さかいもゆるad1元のページを表示 ≫関連する記事カーディ・B×リーボックのコラボライン、13日の金曜日に再入荷決定!55歳のエリザベス・ハーレイ、セクシーすぎる水着姿でネット民をザワつかせるビヨンセとアディダスがコラボした、最高にクールなスポーツウェアの新コレクション登場!82歳のジェーン・フォンダ、インタビューで「セックスはもうしていない」と答える。離婚後美人度UPしたアラフォーバツイチのアデル、スケプタとの交際は決定的!?
Source: with online

リンク元

Comments

Copied title and URL