「大好きな彼の『ファッション』だけがどうしても好みと合わない!」萩中ユウ

download - 「大好きな彼の『ファッション』だけがどうしても好みと合わない!」萩中ユウ 最新情報
「受講して4ヵ月で結婚が決まる」 「生まれて初めて彼氏ができた」 など、幅広い層から口コミが広がり、大人気の講座を主催している萩中ユウさん。 そんなユウさんに、男性から溺愛されるための心得を学ぶ連載「幸せな結婚のつかみ方」。最近結婚について真剣に考え始め、“入塾”した編集with子と一緒に、甘えられて、楽しくて、パートナーから溺愛される、そんな女性になることを目指しませんか? adここだけが、どうしても好きになれないんです……!ユウ こんばんは、萩中ユウです。with子 こんばんは、編集with子です。前回に引き続き、今週も「大好きな彼なのだけど、ここだけがどうしても……!」というお悩みについて、お話をお伺いしていきたいと思います!ユウ 先週は「気になる彼の口癖」をどうしたらいいか、というお話をしましたね。「言葉づかい」もそうなのですが、このようなお悩みとして一番多いのは、実は「外見」。付き合ってみたものの、髪型や服装などの見た目が好みじゃなく、「優しいし、愛してくれるし、不満はないけど、やっぱりちょっと見た目が好みじゃないことが引っかかる!」と言う人はすごく多いです。with子 うーん。わかる気がします……。まさに友人が最近アプリで知り合った男性と付き合い始めたのですが、「初デートに着てきた服がありえない」と言っていて(笑)。早速先日、二人で一緒にお買い物に行ったみたいです。ユウ 「早急に一緒にお買い物に行く」! 大正解です!その日にまとめて買わなかったとしても、こちらの好みを伝えるためにも一緒にお買い物に行くのがベストだと思います。ウィンドウショッピングだけでもいいので、こちらの好みを知ってもらう機会を持つこと。それは口頭で言ってもわからないし、そもそも彼が日頃見ていたり、買っていたりするお店の系統からタイプが違っていると思うので、まずはこちらが着てほしいブランドのお店に行くのが一番手っ取り早いです。ad1店員さんと一緒に褒めまくる!(笑)with子 口で説明するのも難しいですし、実際に見ないと彼もわからないですよね。ユウ そうです。そして見るだけでなく実際に触れてもらって、それから試着は絶対にしてもらった方がいいです!その場で着てもらって、「彼、すっごく似合ってますよね!」とショップの店員さんも巻き込みながら褒める!(笑)彼女からの意見も聞けて、さらにお洋服のプロからも褒められることで、彼からしたら説得材料が2倍になるわけです。with子 確かに!(笑)店員さんの押しは強力そうです。ユウ そうなんです。彼女の「かっこいい!」という視点とはまた別の、プロの視点からアドバイスしてくれたり、褒めたりしてくれるので、店員さんは強いです。店員さんを巻き込みつつ、いかに似合っているかを力説する、というのを私は歴代の彼全員に対してやってきました(笑)。with子 すごい!(笑)ad1ここでも、「否定」する必要はなし!with子 やっぱり褒められたらいい気持ちになりますもんね。楽しそうですし。ユウ 「その服、ダサいよ」などと言って否定することから入るのではなく、「〇〇君、背が高いから、こういうラインの服が似合うよ!」とか、「もっとカッコ良くなったー!」「私、すごい好み」という風に、持ち上げながらこちらの好みを知ってもらう。そうすれば彼も自分の彼女に褒められて、悪い気はしないはずです!with子 そうですね。ただ「ダサいなぁ」「どうにかしてくれないかなぁ」と、感じたままを伝えてしまうよりも、「こちらのタイプを教えてあげる」というスタンスを取ればよいのですね。ユウ 「ダサい」の基準もあってないようなもので、それって単なる好みの違いです。世の中に出ている服はすべて「誰かにとっての正解」なので、否定する必要はありません。ただ、「私の好みになって欲しいな」と思うのであれば、具体的にわかりやすく、その答えをまずは見せてあげる。彼も今まで着たことがないテイストの服だったり、入ったことのないジャンルのお店だったりすると思うので、そこに一緒に連れて行ってあげて、デートとして楽しみながらこちらの好みを教えてあげましょう。ad1彼がお洒落じゃないのはきっと、「特に興味がない」からwith子 そういう時は、ユウさんは「一緒にお買い物行こうよ!」と提案するのでしょうか?ユウ そうですね。「次のデートどこにする?」というような会話の流れになった時に、「一緒にお買い物に行こう!」と言います。「私、〇〇君のスタイリストになるね!」とか、「お互いのスタイリストやろう?」なんて提案してみるのも楽しいかもしれません♡また、彼の誕生日が近かったりした場合には、よくスニーカーをプレゼントしていました。私は男性のカジュアルなスタイルが好みなので、好みのスニーカーをプレゼントし、足

リンク元

Comments

Copied title and URL