友達と好きな人が被ってしまった…!恋と友情、どちらをとるべき?【恋する女の子のためのお悩み相談室】

media 623364d1991d45808ca55046176abb7e78fdde2b - 友達と好きな人が被ってしまった…!恋と友情、どちらをとるべき?【恋する女の子のためのお悩み相談室】 最新情報
学生時代は「青春」もひとつの勉強です。恋をして初めて学ぶ感情もたくさんあります。

なかには友達同士で同じ人を好きになる場合もあるでしょう。ただし、好きな人が被ってしまったときは慎重に動く必要があります。なぜなら少し何かを間違えただけで人間関係のトラブルに繋がるからです。

今回、恋する女の子のためのお悩み相談室に届いたのも、好きな人が被ってしまい、恋と友情のどちらをとるべきか悩んでいる女の子からの投稿です。慌てて選択を間違えないように、ゆっくり自分の気持ちを確かめてみましょう。

友達と好きな人が被ってしまいました…この恋は諦めるべきですか?


illustration by hanna



サークルで同期の友達と、同じサークル内で好きな人が被ってしまいました。好きな人と付き合いたい気持ちがある一方、大切な友達との関係も壊したくないので、私も同じ人が好きなことは言っていません。好きな人との仲の良さは私と友達どちらも同じぐらいなので、どちらかが脈あり、なしという判断がしづらいです。この恋は諦めるべきでしょうか?


結論からお伝えすると、好きな人が被っただけで恋を諦める必要はありません。しかし、友達とライバルであるのは変わりありません。そして友達は好きな人が同じだとは知らない状況。万が一、あなたが好きな人と付き合うことになったら間違いなく友達は動揺します。場合によっては、そこから友達関係が壊れてしまう可能性もあると思います。

ここでおさえておきたいポイントは「一番大切にしたいものは何か」ということ。人生は一回きり。どんな人も一日を過ぎるたびに年齢を重ね、少しずつ老いていきます。10代、20代だからって病気にならないという保証はない中で、自分は誰とどんな風に過ごしたいか、それをぜひ考えてみてください。

今回の恋を叶えたいなら、友達とは疎遠になっても構わないと思えるだけの覚悟が必要になります。友達との友情を選ぶなら、好きな人がどんな人と付き合っても私は前に進む、と決める心構えが大切です。さて…今の自分にとって最優先事項はどちらですか?

ちなみに友達を優先したからといって、その友達も今の恋より友情をとると思っていたら、それは甘い考えかもしれません。ちゃっかり友達は好きな人にアタックしている可能性もあるし、ライバルが消えたのをきっかけに猛烈にアプローチし、付き合うケースも十分考えられます。

好きな人が同じということは友達に伝える? 


illustration by hanna


好きな人が同じという事実は、できれば友達には伝えましょう。基本的なお話になりますが、隠し事はあまりいいものではありません。隠しながら友達関係を続けることは、自分にいずれ限界がきます。

好きな人が同じだと知ったときの相手の感情を考えると、多少は人間関係にひびが入ることも覚悟したうえで話す必要があります。隠し通したうえで友情をとる選択肢も考えられますが、どの選択肢が自分にとってベストな道のりなのかをよく考えてみましょう♩

恋と友情はどちらを取るか

最終的な判断は、自分にしかできません。恋をとりたいと思ったなら、それがその人にとっては正解。何度考えても友情を選びたいと思うなら、その答えが正解なんです。

AかBか…選択肢で迷ったとき、私たちはどうしても正解であってほしいと願いながら選びたくなります。でも大切なのは正解かどうかというよりも後悔しないほうを選ぶのが大事なんです。

恋を選んで、友達との友情が消えてしまっても後悔はないと言い切れるなら、周りからどんなにひどいように見えても正々堂々と過ごせばいい。正解だったかどうかは分からないけれど、私はあのときの選択に一切の未練も後悔もないと、数年後言い切れていたらベストなんです♩

答えを導きだせないときは、ひたすら自分自身と対話を重ねるしかありません。友達に相談するのも、あまりおすすめはできません。できれば最終的な答えは自分だけで導きだしましょう。どうしても誰かに意見を聞きたいときは、家族など身内にとどめておくことをおすすめします。

恋に関するお悩みを募集しています♡

isuta編集部では引き続き恋のお悩みを募集しています!ひとりで悩まず、こちらまでお寄せください♩

恋に関するお悩みを送る♡








コラムニスト、Webライター

山口恵理香

2013年よりフリーランスのWebライターに。ライフスタイル・恋愛記事を中心に執筆中。 モットーは「瞬間を生きる」。金髪と赤い口紅がトレードマーク。

 

リンク元

Comments

Copied title and URL