【11/30〜12/6の運勢】12月1週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

media 5e7d27023761082ca5fe1bd5fa10105e3d31fa96 - 【11/30〜12/6の運勢】12月1週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック! 最新情報
isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢


illustration by ニシイズミユカ



名前の付かない関係性を


今週のおひつじ座は、リズミカルな偶然を愉しんでいくような星回り。

「女人咳きわれ咳つれてゆかりなし」(下村槐太)という句で詠まれているのは、電車なのか、待合室なのか、閉じられた公共の空間でたまたま同席していた女性が咳をして、たまたま「われ」も続けざまに咳をした情景。そんな偶然それ自体に、作者はそこはかとない嬉しさを感じたのでしょう。

けれどその直後には、たまたま続けざまに咳をしたことくらいしか、その「女人」との縁はなかったことを認識して、「ゆかりなし」などとわざわざ言ってみせているのです。思わず「当たり前だろ!」とツッコんでしまいたくなる間合いとテンポですが、作者もそれは念頭においていたのではないでしょうか。

ピタゴラスイッチではないですが、ある意味でそれに近い形で偶然の奏でる音楽の調べを愉しんでいるように感じられます。あなたもまた、そんな風に不意にみずからにおとずれた偶然やたまたまに大いに精神が触発され、新たな楽しみや交流が始まっていくかもしれません。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


イージーライダー


今週のおうし座は、「うまくいく」ための配置や距離や関係を調整していこうとするような星回り。

親子二代の競馬の騎手である福永祐一は、馬と騎手との関係について「騎手には馬の力を120%にすることなどできない」と話しています。馬に騎手が乗った時点で、騎手は馬に対してマイナスにしか作用しない。だから、騎手にできることは、そのマイナスをできるかぎり少なくすることなのだと。

騎手が軽量であることが大切なのは言うまでもなく、馬の姿勢に対する騎手の姿勢や乗馬フォーム、馬の運動にあわせた体重移動をその都度その都度調整していくことで、馬が本来もっているポテンシャルが発揮されるパーセンテージを40を50に、できれば60を70へと、少しでも下げないようにしていくことでしょう。

一連の流れに参与している複数の存在者同士による「うまくいく」関わりとは、まさにこのようなものなのかもしれません。あなたもまた、仕事の道具や環境であれ身近な人間関係であれ、どれだけ自身の負担を少なくすることができるか追求していくといいでしょう。

続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


目の引っ越し


今週のふたご座は、ささやかな五感の不思議に打たれていくような星回り。

「目薬に冬めく灯り校正室」(小沢信男)はいわゆる生活俳句であり、労働俳句。俳人の細川源二は「はたらく人間の常に追い求める美を生活の中からつかみ出し文字に創り上げることで、生活にうるおいを加えるために生活俳句は存在すると言っても過言ではない」と話しています。

校正室にこもって夜通し作業に明け暮れるさなか、目薬をさして「灯り」の方を見ると、これまでとなんだか違って見えた。その時、その感覚の変化にふと冬の訪れを実感したという掲句は、まさにその典型と言ってもいいでしょう。

もちろん、灯りそのものは一年を通して変わらないはずですが、それを見ているこちらの眼の乾き具合に「冬めく」気配を感じ取ったのかも知れません。それだけ、目薬による目の潤いが新鮮だったのでしょう。今週のあなたもまた、自身の物事への感じ方や捉え方が以前と比べ変化している実感が強く湧いてきやすいタイミングと言えます。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


いのちの歌


今週のかに座は、死者の思いなしとしての言葉を生きていくような星回り。

19世紀ドイツの悲劇詩人で劇作家のヘッベルには、ある種の鎮魂歌、レクイエムと言える詩が存在します。ただし、その詩が呼びかけているところのものは、死者ではなく、むしろ生者であり、死者たちのために生者の魂に訴えかけていくのです。

死者たちのために永遠の安静を祈っているのでも、神に呼びかけている訳でもないという意味では、この詩は厳密にはレクイエムでさえでなく、ただ死者の声を自身に宿らせ、それをその他大勢の生きている者どもへ伝えてくれているのだと言えます。

もっと死者の声を聞け、お前たち生者は、生きている

リンク元

Comments

Copied title and URL