辻希美「我が家は“鬼滅ブーム”! でも私がハマっているのは……」

download - 辻希美「我が家は“鬼滅ブーム”! でも私がハマっているのは……」 最新情報
モーニング娘。のメンバーとしてデビューし、現在は中学生の長女、小学生の長男と次男、2歳の三男の、4児の母となった辻希美さん。日々、育児のかたわら芸能活動を続けています。そんな辻さんの連載『辻ちゃんの恋愛論 大好きな人と結婚しよう』。第61回のテーマは、家族のブームについて。辻さんや旦那さんがハマっているもの、子どもたちの間でブームになっているものについて話を伺いました。ボーイズ&旦那さんは『鬼滅の刃』にめちゃめちゃハマっていますこんばんは、辻希美です!今回は、我が家のブームについてお話ししたいと思います。近ごろのブームといえば、なんといっても『鬼滅の刃』ですよね〜。我が家のボーイズも見事にハマり、アニメをま〜よく見ています。コミックも全巻揃っていますよ。ただ私は……、全然、マンガは読まないんですよね〜。長男と次男は、「なんやらかんやら!はちれん!」とかって技(?)の名前を叫びながら、ず~っと戦っています。トイレに行っても、トイレットペーパーを出しては刀で切っているみたいで、トイレが大変なことに(汗)。ただ、“鬼滅関連グッズ”が欲しいとかは、二人とも言ってこないですねえ。ビックリマンチョコとかいろんなコラボグッズがあって、かなり手に入れるのが大変そうなので、そこはホッとしています☆ そういうコレクション系のグッズに興味をもたれてしまったら、見かけるたびに「買わなきゃ!」って思ってしまいそうで。そうなると、キリがないじゃないですか。だから今後も、アニメやコミックを見て、戦うだけにしといてくれ~! という感じです(汗)。ad1旦那さんは、映画館で声を出して号泣したらしいです☆長男、次男はそれぞれに好きなキャラがいるっぽいんですけど、私にはまったくわからず(汗)。『劇場版鬼滅の刃 無限列車編』は、旦那さんが長男と次男を連れて観に行っていました。とくに旦那さんが、それはもうヤバいくらいに号泣したらしい。声が抑えられなくて、「ヒック、ヒック」しちゃったみたいで(笑)。旦那さんはもともとジャンプ系のコミックが大好きで、『ONE PIECE』も全巻ありますよ。屋根裏に、いろんな作品が収納されています。でも私は少年マンガは……、絵も好みじゃないし、長〜い作品が多いし、手が出しにくいんですよねえ。『鬼滅の刃』も、きっと私が読み終わったころには、ブームは去ってるんでしょ、という感じでなかなか読む気にならないんです……。ただ、少女マンガは読みますよ。娘と一緒に読んだりもしています。どれを読むかは、“絵”で決めるタイプ。一番好きな作品は、なんといっても『ママレード・ボーイ』! お産で入院するたびに持っていった、とっても思い出深い作品なんです♡ad1じつは私、“映画館で座っていられない人”なんです中学生ぐらいになると、アイドルとかに興味が出てくる子が多いと思うんですけど、ウチの長女は芸能系にまったく興味を示さないんです。両親がこの業界にいて、近しい存在だからかなあ。テレビもほとんど観ないんですよ。ただ以前は、恋愛系の映画はよく観に行っていました。去年の外出自粛中は、よく家で観ていましたね。私と一緒に行くことは、ほぼほぼありません。というのも私、映画館で座っていることが苦手なんですよ(汗)。「スクリーンに向かってずっと集中して観る」という感覚が、まずわからないんです(汗)。映画を観るんだったら、家で家事とか手芸とか、何かしらしながら観られるじゃん! と思っちゃう。「行け」と言われたら行きますけど、自分から進んで映画館に行く、ということはないですねえ。ただし、ホラー系は好きなんですよ。だから、2回くらい観に行ったかな? その記念すべき作品は、猟奇殺人鬼が出てくるサイコスリラー『ソウ』シリーズ。確か、『ソウ3』と『ソウ4』を観に行ったと思います。家で観るのもアメリカのホラー映画『パラサイト』とか、怖い系が多いんです。ad1私自身は、ハマりやすく冷めやすいタイプです(汗)『鬼滅の刃』はホラーではないけど、けっこうスリリングな話みたいですね。だからアニメとか映画を観たら、きっと誰よりも私がハマっちゃう気がしなくもないです。でも……その時間があるなら違うことがしたい、って思っちゃうんですよね。そもそも私、ハマりやすいんですけどものすごく冷めやすいんです(汗)。流行りモノにはとりあえず乗っかるんですけど、すぐにあきちゃう。食べ物とかもそうで、タピオカにハマったらず〜っとそればっかり飲んじゃうんですよ。そういえば以前、けっこうハマっていたのが『L.O.L.サプライズ!』というオモチャのドール。世界で5億体以上売れたシリーズで、開封するまで中に何が入っているかわからないのがポイント。通販サイトでポチっては、ドキドキしながら開封していました。入っているドールが、ポップですご

リンク元

Comments

Copied title and URL