高橋ユウ「妊娠中に夫婦関係を良好に保つための3つの言葉」【第3回】

download - 高橋ユウ「妊娠中に夫婦関係を良好に保つための3つの言葉」【第3回】 最新情報
出産に対する不安や、大切なパートナーとの関係性が変わることへの心配、ママ友のつくり方など、妊娠・出産・育児には悩みがつきもの。そんな中でもヘルシーなマインドに保つには? ハッピーオーラがチャームポイントで、新米ママとして日々奮闘中の高橋ユウさんに毎日を元気に送る秘訣を聞いてみました。子どもが泣き出したら、「寂しかったと伝えてくれて、ありがとう」泣き出しても、慌てない自分でいるためにいつも弾けんばかりの笑顔で、撮影現場を華やがせてくれる高橋ユウさん。しかし初めての出産や育児に、日々悩みは絶えないよう。「慣れないことばかりなので、『ストレスを溜めないぞ!』って頑張っていても、溜まっちゃうことは多々。でも初めてですもん、そりゃそうなります! 私は家事をしている間に子どもが泣きだすと、産後当初はあわあわとすごく焦っちゃいました。でも最近は『ちょっと待ってね〜!』と言いながら片付けて、その後にぎゅーっと抱っこ。寂しかったのを伝えてくれていたんだなと思うとありがとう!と素直に感じるし、変に罪悪感や焦燥感を感じないで済むことに気づきました」ad1ちゃんと育ってくれていると、子どもを信じるのみ「元気に成長してくれるかな?」という不安に対して妊娠前から痛いイメージが先行しがちな陣痛。「鼻からスイカが出る」のと同じ痛さなんてウワサも耳にするけれど、実際のところは? 「私も妊娠中、陣痛についていろいろ考えました。想像を絶するって聞いていたので『ドキドキするなあ』って気持ちと『でも早く会いたいな』ってそれが交互にくるんです。結局、私は帝王切開で陣痛は経験しませんでしたが、出産後の麻酔が切れた時に、想像を絶する痛みが……。その時は『もうしばらく産めへんかも』とちらっと感じましたが、数ヵ月経った今、その痛みを忘れていて、また新生児に会いたいかもと思えるくらい。きっと出産の痛みを超える感動があるはずだから、心配にはなるだろうけど、きっと乗り越えられるはずと思います!」また、出産前は「元気な子が生まれてきてくれるかな」という心配も尽きない。「私も考えても仕方ないと分かっているのに、ちゃんと育ってくれているかなってずーっと不安でした。だから月1の検診で順調に成長しているのが分かると、は〜よかったってようやく安心する。その繰り返しでした。心配する気持ち、わかります。これはもう、ちゃんと育っていると自分の子供を信じてあげるのが一番かなと私は思っています」ad1夫には「ありがとう」「ごめんね」「助かる」を伝える妊娠〜出産を経て、夫婦関係はどうなっていく?特に第一子の出産前、不安になるのが夫との関係。胎児のことで一生懸命で、自分自身も心身のゆらぎが大きく、なかなか以前のようには夫に向き合いきれない。今後私たちはどうなるのかな、という思いが時折よぎる人も少なくないはず。「私もめっちゃそうでした! つわり中は一日中家でゴロンとするしかない。これは仕方ないですけれど……メイクをする余裕はないし、体重も増えていく。『これ、妻として失格かも』と思ってしまうこともありました。産後はもっと余裕がなくなるはずで、この先大丈夫かな?とも。でも、そこは理解してほしいなと思いつつ。だから出産から数ヵ月経った今は、出かける時はメイクをして、また当初の気分をお互いにまた味わうように心がけています」その中でも、ユウさんが特にコミュニケーションで大切にしていたことがある。「ありがとう、ごめんね、助かる。この3つの言葉は実際に思っていたので、めっちゃ伝えていたと思います!  超日常的な言葉でついつい忘れがちだけど、思ったら必ず言葉にして相手に伝える。当たり前かもしれませんが、この小さなコミュニケーションの積み重ねが大事なんだと思います。あとは『安定期になればたぶん大丈夫』とか、産後も『ホルモンバランスのせいか、今は余裕ないけど、気にしんといてな!』とか、今の体調をその都度伝えて、ちゃんと知っておいてもらう。そしたら夫も諦めてくれるかな〜なんて(笑)。今の体調を伝えることは何も悪いことではないですし、お互いの状況を把握できないから衝突してしまうんだと思います。その上で、『大好き』とちゃんと伝える。なかなか余裕がなくなると言えなくなる言葉だけど、想っているよとお互いに伝え合うことが、最終的には夫婦関係においては大切なのかなと思います」ad1親子の数だけ、子育ての方法があるはずママ友はまだあまりいないけど……先輩ママに悩みや不安を相談していきたい考えれば考えるほど沼にはまるママ友問題。ドラマなどで描かれる世界はあくまでフィクションだと分かっていても、心の奥底にある不安は拭いきれない。「昔から仲が良かった子がママになって、その流れでママ友ができました。でも、出産後に新たに関わるようになったママ友は、今のとこ

リンク元

Comments

Copied title and URL