30代からノリで始める初めての投資レポ-vol.1-

download - 30代からノリで始める初めての投資レポ-vol.1- 最新情報
こんにちは。with Labの島崎レイコです。本年もどうぞよろしくお願いいたします!コロナ禍に見舞われ、生活のスタイルや価値観がガラリと変わった2020年。2021年は、そんなコロナ禍の経験をベースに、“withコロナの時代”をより楽しく、前向きに過ごしていくための最初の一年なのかな、などと感じているところです。2021年、始めること:「お金」の勉強、そして運用。さてそんな“withコロナの時代”を生き抜くにあたり、2021年から新たに取り組んでみよう! と決めたことが、「お金」の勉強とその運用。これまでも、仮想通貨や株式の売買には興味があり、実際に運用してみたこともあるのですが、長期的な視点で運用しようとしたことはなく、「興味はあるけど、いつかちゃんとやろう...」と思ったまま、気づけば10年以上経っていました。ダイエットや勉強と同じで、何かきっかけがないと一人で目標とタスクを設定してコツコツ続けること、ってなかなか難しいですよね...(笑)。後押ししてくれたのは「withLab投資女子プロジェクト」!重い腰を上げてやっぱり今年始めよう! と思ったきっかけは、まさにこの「with」の投資プロジェクトを見つけたから。この「withLab 投資プロジェクト」は、オンラインでのレッスンを通して全国のwithLabメンバーとともに、ゼロからお金の勉強ができる、という願ってもない機会。仲間がいて、気軽になんでも相談できる先生がいて、しかもオンラインで手軽に参加できる、というところが嬉しいプロジェクト。地方からの参加、しかも平日働く母としても、これほどありがたい形式のプロジェクトはありません。「with」といえば独身OLがメイン、というイメージがあるので、お子さんがいる方って参加されていないのかな?と思っていましたが、初回に自己紹介してみると、私と同じく小さなお子さんを持つママさんも参加されていました。子どもが産まれたり、結婚したりするタイミングでお金について改めて考え直したりすることも多いですよね。独身OL、ママ、共働き夫妻...参加メンバーの家庭構成は様々ですが、それぞれの目的に合わせて、無理のない金融投資を行うためのアドバイスや知識の共有がもらえるそう。何より、全員がほぼ初めての金融投資ということで、何を聞いたとしても「こんなことも知らないの?」と恥をかくことがない、とっても安心な環境。わからないことはこの機会にどんどん質問しよう...と密かに決意して参加しています。ad不安な時代に、なぜ今始めるのか?さて、私個人の「金融投資を始めるきっかけ」に話が戻りますが...。コロナ禍で世の中が安定しづらいこのタイミングで、なぜ金融投資など始めようと思うのか?初心者にはいっそうリスクが高くなってしまうのでは??と思われる方も多いかもしれません。確かに、これまでの経験や常識がガラリと変わってしまう出来事が次々と起こる時代になってはいます。ですが、2020年一年間のコロナ禍を経験して、私がお金や消費活動全般に感じた2つのことが大きな要因となりました。①自分が好きだ!と思えるものにお金を使いたい。モノでも、ヒトでも、「コレ素敵だな」「この世界観好きだなあ」「この人を応援したいなあ」。そんな風に感じる対象に、自分の持っているお金や時間を使いたい。好きなものを厳選したい。そう強く考えるようになりました。これは何も投資のみに限らず、例えば近所の飲食店やスーパー、小売店を大事に、オンラインでのお買い物もいいけど、そういった身近なところで日々の生活を支えてくれるところでもしっかりとお買い物をしていきたい。そういう考え方の変化です。②断捨離したからモノを増やしたくない!でも買い物(お金を使う行為)はしたい!!もう一点がこれ。単純に、モノを増やしたくない!でも買い物とか消費行動でスッキリする楽しみはたまに味わいたい!そんな時、例えば金融投資なら、物理的なお買い物ではないので、どんなにお金を使ったとしても、家にモノが増えることはありません。さらには、モノは手に入れたその瞬間から、新品から中古品となり、その価値が下がっていきます。(ごく一部のブランド品などを除いて。)ですが金融投資なら、もちろん価値が下がることもあるけれど、価値が上がることもある。きちんと選べば、価値が下がらない選択もできる。しかも、例えば株式であれば、①の好きなヒトやモノにお金を使いたい、という気持ちも満たしてくれる。この2点が、私が2021年を自分の中での「投資元年」にしよう!と決めたポイントです。あと単純に、未経験へのチャレンジが楽しそうだから...!もちろん、できれば損はしたくないし、運用するお金は増えてくれれば嬉しいですが、まずはお金の知識とルール原則を知り、多少なりとも実際に自分もその

リンク元

Comments

Copied title and URL