「ブラック企業の渡り鳥」を抜け出すために今すぐにすべきこと

download - 「ブラック企業の渡り鳥」を抜け出すために今すぐにすべきこと 最新情報
ネットで話題の一冊!今を生きる全ての人に伝えたいエール話題の殿堂入りブロガーが教える「自分を大切にして生きる」方法新卒で入社した会社は半年で退社。再就職するも結局ニートに。そんな彼が稼げるようになったのは、向いていないことから「逃げ続けた」からだった── !? 今、キャッチ―で衝撃的なとある一冊が話題になっています。気になるタイトルは『人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ』(やしろあずき著・ダイヤモンド社)。Twitterはじめ様々なSNS、ブログ、インターネット媒体で圧倒的な人気を誇るやしろあずきさんの哲学がたくさん詰まっているこの一冊。クスリと笑えるギャグエピソードやイラストもふんだんに盛り込まれており、日々忙しくちょっとお疲れ気味の方も気楽に読み進めることが出来るんです。まあ、なんて親切な!! 今回は特別にそんな『逃げコマ』の一部をご紹介。逃げコマを読めば、きっと明日から自分の人生が生きやすくなる!?adブラック企業の渡り鳥になってはいけない真っ黒な企業から抜け出すための鍵とは?ブラック企業から逃れられない人、周りにいませんか? とんでもなく理不尽な要求を押し付けてくる真っ黒なブラック企業で耐え続け、やっと辞めて転職できたと思ったらそこもまたブラック企業……。そう、さながらブラック企業の渡り鳥のようになっている人です。「自分、ブラック企業大好きなんです~♡」という人なら良いのですが、そんな人はほとんどいません。基本、ブラック企業に搾取されている人って本当に辛そうだし、見ているこちらも辛いです。本当に救われて欲しい。それで、こういうブラック企業の輪から抜けられない人たちには、何となく共通点があるような気がします。それは根がすごく真面目で自分に自信がなさすぎるタイプなんですよね。ad1真面目なのは素敵なこと。ただ……。真面目すぎて言われたこと全てに全力投球してしまう、真面目すぎて疑問も持たずにとにかく上司の言うことを聞いて動く……。そこまで真面目って、もはや思考停止しているとも取れてしまいませんか?一方で「自分に自信がめちゃくちゃない」タイプの人は「こんな俺を拾ってくれたんだから尽くさなきゃ!」「どうせ俺はまともな仕事にはつけないし、この会社で良いよ……」みたいに考えがちなのではないかと思います。これもある意味思考停止ですね、と言うか前者はもはや洗脳なのではないでしょうか?自分には自信を持って良いそう、自分には自信を持っていいと思います。自信を持つことに何も悪いことはありません。ただ、それで周りを巻き込んで自爆するのは避けたいところですが……。自分に自信があれば、視野は広がります。「自分にはここがお似合いだから……」と辛い辛いブラック企業で人生を浪費するよりも、「自分のような天才がこんな会社にいるのは時間の無駄だ!転職!」とスパッと決断できた方が、その後の人生、よっぽど有意義になる気がします。つまるところ、辞めてもなんとかなるもんです。辛かったら辞めましょう。ブラック企業。ad合い言葉は「自分ファースト!」適度に不真面目に生きよう一言で「逃げる」と言っても目的なく惰性で「嫌なこと」から逃げ続けてしまうのは少々考え物ですが、自分を大切にする為に「ここぞ」と言うときに逃げる勇気は今を生きる為にはたいへん重要です。是非みなさまも自分を大切に圧倒的自分ファーストで生きる術、見つけてみませんか。『人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ』発売中!Twitterフォロワー「50万人超」‼ ブログ「月間2000万PV」を突破‼ 話題のWEB漫画家が「自分ファースト」で生きるコツを伝授‼新卒で入った会社は「トイレ掃除に嫌気がさし」半年で退社。ひたすら図書館・スタバと家を往復する「ニート期間」に突入。再就職するも会社員の働き方が劇的に合わず、「ネットの漫画収入が本業の給料を上回ったら退職する」と決める。その後、見事達成しフリーランスに。「“不向きなこと"とは向き合わない」を貫き通し、「大人気WEB漫画家・やしろあずき」となった著者のこれまでとこれからの考え方とは? 真面目すぎて自分を消費している『人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ』 贈る応援本です。『人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ』著者:やしろあずき出版社 : ダイヤモンド社発売日 : 2020/12/9購入はこちら!ad1元のページを表示 ≫関連する記事ブラック企業に入社するくらいなら、新卒カードを捨てるべき理由【人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ】レビューvol.2サラリーマン人生は「上司ガチャ」で決まる!?あなたの上司はS級or最低ランク?【人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ】レビューvo

リンク元

Comments

Copied title and URL