小島慶子「『カワイイ』の戦略」ギャップ萌えには裏がある!

download - 小島慶子「『カワイイ』の戦略」ギャップ萌えには裏がある! 最新情報
オトナになるって楽しい!小島慶子の令和女子のための新・教養【Vol.16】新婚旅行でイタリアのフィレンツェに行った時、小さな靴屋さんで素敵なローファーを見つけました。わあー!と手にとった瞬間、イタリア人の男性店員さんが「カワイイ?」と言うではないですか。「はい、カワイイですねえ!」と返したら「日本人の女の子はなんでもすぐカワイイ〜って言うよねー」とニヤニヤ。なんかやな感じ。もちろん、そんな失礼なバイブスを醸し出す店員の言うことを真に受ける必要はないのですが、当時28歳の私は思わず自問してしまいました。いい大人が何を見ても「カワイイ!」ってのは確かにちょっと頭悪そうでないかい?と。でも、よくよく考えてみると、カワイイには実にいろーーーんな意味があります。まずカワイイには「欲しい」が含まれています。美しい!との違いはそこですね。美術館に行っても「おお美しい」と「わあカワイイ」の違いは歴然で、後者は明らかに、手元に置いておきたくなるほど素敵だ、という気持ちが強い。モナリザは美しいけどそんなにカワイくないですね。インテリアにも合わなそうだし。けど日本の琳派(りんぱ)の作品はカワイイ!と人気です。部屋に飾っても素敵そうだし。以前、琳派展に行ったら隣のおばさま方が途中から完全にアパレルの展示会のノリになっていて、互いにどれが欲しいかを言い合っていました(すごくわかる)。私の場合は仏師の運慶・快慶の作品なんかにもカワイさを感じます。adカワイイには「気が利いている」という意味もあるでしょう。これカワイくない?とつい友達にシェアしてしまうものには、手にする人のことを考えた工夫や、目にする人を楽しませる仕掛けなんかがさりげなく凝らしてあって、ハートをキュンと摑まれる魅力があります。生産者へのリスペクトも込めたカワイイ!ですね。実は「ねえ、これカワイくない?」「本当だカワイイ!」という会話は、多くの文脈を共有していないと成立しません。今この場で用いられているカワイイがどういう意味かを瞬時に理解できないと通じないのです。「これカワイくない?」「どこが?」だとかみ合いませんね。つまりこれはもともとハイコンテクストな会話が成立する同質性の高い環境で生きる人々にとっては非常に便利な、多様な意味を含ませることのできる表現なのです。語彙(ごい)が乏しいどころかむしろ意味の可能性は無限かも。なので、カワイイ!に罪はありません。ad1ギャップ萌えの裏にあるおっさん的カワイイ戦略しかし、これが悪用されることがあるんですねえ。それは「女と若者はカワイイものが好き」という先入観に基づいた懐柔戦略。平たく言えばおっさん的発想で女性や若者を取り込もうとする時に利用されます。おっさん的、というのは、中年男性を貶(おとし)める意味ではありません。なんらかの権限を持つ男性に多く見られる、支配的で無神経な態度のことを指します(女性でもおっさん的な人、いますね)。で、ですね。案外このおっさん的カワイイ戦略にころっと行く人が多いのです。ポイントは、ギャップ萌え。カワイイ!が人に対して用いられる時は「意外性に萌える」という意味で使われることが多い。お堅い仕事の人が小型犬が好きとか、強面の人がスイーツ好きとか。つい「わーイメージとちがーう。カワイイ♡」と脊髄反射しがちですが、ここは思案のしどころです。よく考えてみましょう。カワイイのは人ではなく、犬や食べ物です。ふわふわの犬やスイートな食べ物の可愛さで、人物を評価してはいけません。ad「カワイさの剽窃(ひょうせつ)」とも言えるこのズルい手法は、権力者が支持率を上げたいときなどに多用されます。ギャップ萌えには裏があると肝に銘じておきましょう。カワイイは便利で、いろいろな意味を含ませることのできる言葉です。だからこそ利用されやすい言葉でもあります。反射的に「わ! カワイイ」となったときには、ん?待てよ、これってつまり、どういうこと?と、頭の中でカワイイ以外の言葉に置き換える習慣をつけましょう。その作業は自分を知るためにもとても役に立つし、結果として表現の幅を広げ、語彙を豊かにします。そして、カワイさの衣をまぶした誰かの策略に気づくアンテナを鍛えることにもなるのですね。カワイイものには、ご用心。SHOP小島慶子こじまけいこ・タレント、エッセイスト。東京大学大学院情報学環客員研究員。ふたりの男の子のママ。オーストラリアのパースに住み、日本と行き来しながらお仕事中。最新刊に『「もしかしてVERY失格!?」完結編 曼荼羅家族』(光文社)。【小島慶子の令和女子のための新・教養】記事一覧はコチラから!-クレジット-文/小島慶子 イラスト/MASAMI ※再構成 with online編集部ad1元のページを表示 ≫関連する記事小島慶子「美は本来、人と世界

リンク元

Comments

Copied title and URL