ヒップ重視で理想のボディ! 辛い食事制限やハードな筋トレなしのボディメイク術

download - ヒップ重視で理想のボディ! 辛い食事制限やハードな筋トレなしのボディメイク術 最新情報
辛い食事制限やハードな筋トレをせずして、理想の体が手に入る。そんな夢のようなボディメイクは実在します。多くのボディを救ってきた『ほぐし、ゆるめ、整える』のメソッドで、ヒップを美しく整えて、今こそ理想のボディを手に入れよう!Q.なぜヒップ重視なの?軸が整い、ゆるぎにくい体が手に入る!《ヒップを鍛えると、こんな効果が!》1 .脚が長くなる2 .O脚も改善3 .生理痛が緩和4.ウエストがくびれるこのヒップの持ち主、実は43歳なんです---【2年前】ただ、細くなることを目指して作ったボディはメリハリに乏しく、ヒップもぺったんこ。---【現在】重力を感じさせないプリッと上がった美しいヒップに変身。腰の位置も高く見え、足長効果も!ad\ヒップの持ち主/Yumi Core Body代表・村田友美子さん43歳、三児の母にして見事なボディを持つ“くびれ母ちゃん” として、メディアでも引っ張りだこ人気トレーナー。独自のメソッド"Yumi Core Body" を学べる著書もヒット中。『くびれ母ちゃんの出せるカラダ-デトックスがとまらない!-』(ワニブックス)。この変化、「Yumi Core Body」を始めてから!40歳を過ぎて“無重量ヒップ”にみるみる変化!ad1「Yumi Core Body」って?ほぐし、ストレッチ、トレーニングで本来の美しい姿勢にリフォームすること間違ったトレーニングや姿勢の悪さの影響で生じるボディの歪みを整え、軸となる骨盤底筋を鍛えるメソッド。ほぐし、整えることで、しなやかで美しい曲線ボディに。さらに姿勢を正すことで内臓も正しい位置に戻るから、インナーマッスルがきちんと働くようになる。結果、無理な運動や食事制限をせずとも太らなくなるのも嬉しい。\ココ鍛えます!/30分でもボディラインが変わるとレッスンも予約殺到!スタジオに通わずともメソッドが学べるオンラインレッスン。詳細は公式サイトにて。公式サイトはこちらadなかなか引き締まらないのは食事のせいじゃなくて、体がガチガチだから美しいヒップを手に入れるための必須条件は、股関節が柔軟に動き、正しい位置に収まっていること。ボディメイクというと、とにかくハードなトレーニングをすればいいと考える人も多いのですが、それは大きな誤解です。長時間のデスクワークや姿勢の悪さ、スマホの見過ぎ、湯船につからずシャワーのみで過ごしてしまう“温め”を意識しない生活、間違ったトレーニングなどで、ガチガチに凝り固まってしまった体をほぐさないことには、理想のボディラインは手に入りません。ヒップのフォルムを整えるのに欠かせない股関節に関しては特に、正しい位置に戻さなければどんなにトレーニングをしたとしても変化は期待できません。アウターの筋肉ばかりが増え、インナーマッスルがきちんと働けないのです。そんな状態になってしまったヒップに必要なのは、“ほぐし”“ストレッチ”正しいトレーニング”といったステップで、股関節まわりの筋肉を緩めて可動域を広げてあげること。そうすると、インナーマッスルがきちんと働くようになり、丸みのある引き締まったヒップになれます。さらには太りにくくなる、腰痛緩和などの効果も! あなたのヒップ、間違ったトレーニングで『ピーマン尻』になっていませんか?特に前もものアウターマッスルばかりが発達してしまうことで、サイドに必要なボリュームがなく、だらんと下垂して太ももとの境目が曖昧なピーマン型ヒップが急増中!ヒップづくりのポイント(Point1)水着からはみ出ないくらいのまとまりがある(Point2)前ももが張っていない(Point3)境目がしっかりある 目指すヒップは?健康的でジューシィな丸みのあるふっくらヒップふっくらヒップを手に入れる3ステップ 詳しいやり方はこちら!【STEP1・たがやす】がちがちな筋肉をほぐす詳しくはコチラ▶がちがち筋肉をほぐして“ピーマン尻”回避!《ヒップ重視のボディメイク術:STEP1・たがやす》【STEP2・育てる】本来の骨格の位置に戻す「股関節ストレッチ」「股関節ストレッチ」で骨格を本来の位置に《ヒップ重視のボディメイク術:STEP2・育てる】》【STEP3・“カタチ”になる】ま~るいヒップをつくる「インナートレーニング」ま~るいヒップをつくるインナートレーニング《ヒップ重視のボディメイク術:STEP3・“カタチ”になる】》\骨格を制するものは美尻を制す/ad1美尻を守り抜くための立ち方・座り方通勤電車やオフィスでできる、美尻トレーニングをご紹介。毎日コツコツ続けることで、理想のフォルムに近づけます。通勤しながらヒール愛用者にありがちなNG反り腰や猫背といった悪い姿勢で立つ癖がつくと骨格や内臓に負担がかかり歪んでしまうので、常に正しい姿勢で立つことを心

リンク元

Comments

Copied title and URL