ワンループ巻き、ミラノ巻きetc.おしゃれ見えするストールの巻き方4選【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.20】

download - ワンループ巻き、ミラノ巻きetc.おしゃれ見えするストールの巻き方4選【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.20】 最新情報
「ただの防寒具」で終わらせちゃもったいない!こんばんは。最近、極寒ですね……。東京でも雪がちらついたとかで、毎日ストールが手放せない私です。でも、毎朝時間がない中、なんとなく適当に手に取ったり、いつも同じものばかり使ったりと、なかなか、ストールをゆっくり選ぶことってないような気がします。今回はそんな「ただの防寒具」になりがちなストールについて、基本的な巻き方や、プチプラストールを高見えさせるポイント、おしゃれに取り入れる選び方などなど、じっくりとスポットをあててみました。ad1 かんたんで万能!「ワンループ巻き」ストールをぐるっと1周首周りに巻くだけ。どんな大きさのストールでも、どんな襟のコートでもできる、かんたんで万能な巻き方です。首周りにぐるっと1周巻いたあと、巻き終わりをループに入れて、ループとストールの端をだいたい同じくらいの長さに整えると、ゆるかわいい見た目に。巻き終わりのストールの端を、ループの中に入れます。おしゃれ見えポイント① 斜めに折る大判ストールでこの巻き方をするとき、縦に二つ折りにすると、巻いたときにストールの端がまっすぐに揃い、大判ストールならではのざっくり感が活かせません。こんな風に、ストールの真ん中くらいで斜めに折って巻くと……。ad巻いたとき、ストールの端が斜めのラインになるので、おしゃれに見えます!ストールのフリンジが、外から中心に向かって斜めのラインに。これがおしゃれ見えのポイント!おしゃれ見えポイント② ストールの端は、内側に折り込む巻いたあと、ストールの端が表側に出ていたら、内側に折り込んで隠します。プチプラストールは特に、端が切りっぱなしでしわが寄っていることが多いので、この端を見せるか見せないかで、ぱっと見の高級感が大きく変わってきます!【左】ピンクの斜線部分、ストールの端が表側に出てしまっていました。【右】内側に折りこみ、端が見えなくなるように隠します。ストールの幅によって、印象も変わります。幅狭めのストール(マフラー)で巻くと、コンパクトですっきりした印象に。スーツなどのかっちりしたコーデにもよく合います。ループが極端に小さかったり、ストールの端が極端に長かったりするとバランスが悪く見えます。ループとストールの両端が同じくらいの位置にくるように調節すると◎。大判ストールの場合、顔まわりにボリュームが出るので、あどけない印象や女性らしさが強くなります。コーディネートの雰囲気に合わせて、ストールの大きさを決めてあげると、より統一感のある着こなしに!ad12 上品かつ女性らしさたっぷり!「エレガント巻き」「エレガント巻き」とは、大判ストールを、ざっくり肩からかけるだけの巻き方です。とっても簡単! というか、もはや巻いていません(笑)。わたしは、秋の「少し肌寒いけど、コートを着るほどではない」気候のときに、よくこの巻き方をしますが、冬はコートの上から羽織ってもかわいいですよ♡adオフィスからちょっとコンビニまで行くとき……なんかも、このスタイルで行きます。とっても女性らしい雰囲気になるので、タイトスカートやワンピースにハイヒールを合わせたような、フェミニンなオフィススタイルにぴったりです。(フレアスカートにこの巻き方をしちゃうと、老け見えしやすいので注意!)adとにかく、ストールの端は隠します!ストールを巻くときは、とにかくサイドの端が表に出ないよう内側に折ること! このひと手間で仕上がりが格段に変わるんですよ~。内側にちょっとだけ折ります。このストールは、初めからきれいに処理してあるので、折らなくても大丈夫そうですが(笑)。折り込んだ面を内側にして、肩から羽織ります。ストールから色を拾ってお洋服を選ぶと、おしゃれな仕上がりに♡とっても女性らしいこのエレガント巻き。コーディネートの色数を増やさない方が、大人っぽく品のある印象になるのでおすすめです。柄物ストールを合わせるなら、ストールに使われている色を1色拾い、コーディネートのメインカラーにすると、まとまりあるスタイルになります♡【左】ストールのくすみピンクを拾って、くすみピンクのスカートを穿きました。ストールに使われている色すべてを取り入れると散らかるので、1色をメインカラーでリンクさせるくらいがちょうどいいバランスです。【右】ストールに使われているカーキを拾って、カーキのニットワンピースを。さりげなくくすみブルーのパンプスもリンクしています。ad13 きちんとスタイルにぴったり!「ミラノ巻き」お次は、きちんとスタイルにぴったりな「ミラノ巻き」のご紹介。首元に立体感あるデザインが出る巻き方で、とても華やか。トレンチコートやジャケットと相性がよく、きちんとスタイルにぴったりです。もともとマフラーでこの巻き方をしていたのが始まりで、幅狭タイプ

リンク元

Comments

Copied title and URL