過労死で知人がよく亡くなるからこそ伝えたい「あること」

download - 過労死で知人がよく亡くなるからこそ伝えたい「あること」 最新情報
ネットで話題の一冊!今を生きる全ての人に伝えたいエール話題の殿堂入りブロガーが教える「自分を大切にして生きる」方法新卒で入社した会社は半年で退社。再就職するも生活リズムが合わず、やっぱりニートに。そんな彼が稼げるようになったのは、向いていないことから「逃げ続けた」からだった── !? 今、キャッチ―で衝撃的なとある一冊が話題になっています。気になるタイトルは『人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ』(やしろあずき著・ダイヤモンド社)。Twitterはじめ様々なSNS、ブログ、インターネット媒体で圧倒的な人気を誇るやしろあずきさんの哲学がたくさん詰まっているこの一冊。クスリと笑えるギャグエピソードやイラストもふんだんに盛り込まれており、日々忙しくちょっとお疲れ気味の方も気楽に読み進めることが出来るんです。まあ、なんて親切な!! 今回も特別にそんな『逃げコマ』の一部をご紹介。逃げコマを読めば、きっと明日から自分の人生が生きやすくなる!?知人が亡くなることが多いからこそ伝えたいことフリーランスとして好きなことを仕事にしていると、「仕事が楽しくて休みなく寝る間も惜しんで働いてしまう」ことになりやすいです。当たり前の話ですが、人間は寝ないと死ぬし、休みを取らなければ精神が壊れます。どんなに楽しく仕事をしていても、どこかで休息をとらないと気が付かないうちに身体はボロボロ、ということになりかねません。実際にそういう働き方をしていた方が溜まっていた疲労から入浴中に寝てしまい、そのまは帰らぬ人となった事例もあるそうです。ですので、自分の好きなことを仕事にしている人にも、ブラック企業とはまた違った危険性があるということを知っておいて欲しいと思います。どんなに屈強な体力と精神力を持ち合わせた人であっても、いつまでも「たたかう」コマンドばかり選択していたら、いつかはHPが尽きてしまいますからね。フリーランスの「いつでもどこでも働ける」と言うのは、一見するとメリットしかないようにも思えますが、実際にはオンオフの切り替えが非常に難しい一面もあるんですよね。一番大切なものは何なのかを忘れてはいけないこれはフリーランスのような好きなことを仕事にしている人だけでなく、会社に勤めている人も同じです。心の中では「会社のために休まずしっかり働かないと」と思っていたとしても、深層心理で辛いと感じているのであれば、目を逸らさずしっかりそこに目を向けて行動して欲しいと思います。自分の心と身体は、嘘をつきませんからね。自分の気持ちと身体に正直に従って、寝たいときに寝れば良いし、遊びたいときに遊べば良いんです。そうすることにより最高のパフォーマンスが発揮できるのであれば、それで良いのではないでしょうか。とにかく一番大切なのは、自分の心と身体です。合言葉は「自分ファースト」!自分の心と身体を大切に生きること一言で「逃げる」と言っても目的なく惰性で「嫌なこと」から逃げ続けてしまうのは少々考え物ですが、自分を大切にするために「ここぞ」と言うときに逃げる勇気は今を生きるためにはたいへん重要です。是非みなさまも自分を大切に圧倒的自分ファーストで生きる術、見つけてみませんか。『人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ』発売中!Twitterフォロワー「50万人超」‼ ブログ「月間2000万PV」を突破‼ 話題のWEB漫画家が「自分ファースト」で生きるコツを伝授‼新卒で入った会社は「トイレ掃除に嫌気がさし」半年で退社。ひたすら図書館・スタバと家を往復する「ニート期間」に突入。再就職するも会社員の働き方が劇的に合わず、「ネットの漫画収入が本業の給料を上回ったら退職する」と決める。その後、見事達成しフリーランスに。「“不向きなこと"とは向き合わない」を貫き通し、「大人気WEB漫画家・やしろあずき」となった著者のこれまでとこれからの考え方とは? 真面目すぎて自分を消費している『人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ』 贈る応援本です。『人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ』著者:やしろあずき出版社 : ダイヤモンド社発売日 : 2020/12/9『人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ』購入はこちら!ad1元のページを表示 ≫関連する記事「ブラック企業の渡り鳥」を抜け出すために今すぐにすべきこと【人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ】レビューvol.3ブラック企業に入社するくらいなら、新卒カードを捨てるべき理由【人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ】レビューvol.2サラリーマン人生は「上司ガチャ」で決まる!?あなたの上司はS級or最低ランク?【人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ】レビューvol.1

リンク元

Comments

Copied title and URL