株式・債券・為替について徹底分析&解説!【投資女子プロジェクト】

download - 株式・債券・為替について徹底分析&解説!【投資女子プロジェクト】 最新情報
【投資を学びたい】家族への思いが募る“新米ママ”の責務via panakoこんにちは!withLabメンバーのpanakoです。今月から投資女子プロジェクトの企画に参加させていただくこととなり、投資について学ぶ機会ができました。学ぶ機会ができたことは、非常に嬉しくて講義が楽しみで仕方がないです!私がなぜこんなにも投資について学ぶことが楽しみなのかと言うと、投資について元々学びたかったことが大きいです。それを後押しするように昨年のコロナウイルスの打撃、コロナ禍で出産を経験した私。新米ママとしての責務を果たすべく親として、妻として成長するべき時が来たと思い投資を学ぶことを決心しました。【投資知識ゼロが学ぶ】投資の種類を徹底解説!via panako投資をする上で商品を理解しておかないと始まらないことから教えていただきました。しかし、誰もが陥るポイントが難しい言葉で投資を断念するとこと。投資には難しい言葉がつきものですが、ここを乗り越えなければ始まらないのです。その第一歩が投資の種類を理解すること。投資は難しく考えないのがポイントです!代表的な投資は、ざっくり大きく分けて3つの分類に分かれます。それが、株式・債券・為替です。会社を応援しながらお金が増える“株式”via panako株式とは、個別の会社に出資して収益を得る方法。気になる会社や個人的に応援したい会社に出資すると、株価の上がり下がりだけでなく、会社の優待が受けられたり、配当金(会社が事業活動で得た収益の一部を還元するもの)で収益を得られる仕組みになっています。自分の好きな会社に出資するだけで、会社の商品を送ってもらえたり、実際に利用できたり、お金が増えたりするので応援したい会社がある人におすすめかと思いました。デメリットとしては、価格変動リスクや信用リスクが付き纏うようです。また、本当に会社に出資しても良いのかなど分析する時間や労力が必要な上、まとまった資金が必要になります。お金を貸してお金が増える“債券”via panako債券とは、国や地方公共団体、個別の会社にお金を貸して収益を得る方法。債券には満期が定められいるので満期までの期間、決められた利息を得ることができます。また、発行者の信用度によっては満期時に元本割れの心配が少ない点と、比較的、預金より金利が高いのもいいなと思いました。デメリットは、まとまった資金が必要で、取り扱っている金融機関が少なく、時期によって購入できるものが違うといったことがあるので、初心者には難しそうだなと思いました。グローバルな投資でお金が増える“為替”via panako為替とは、簡単にいうと両替をして収益を得る方法。日本国内よりも高い金利がつく場合が多く、通貨を分散して持つことにつながるのが魅力的。また、商品の仕組みが理解しやすく売買しやすいのも為替の大きな特徴です。外貨預金の手数料は他の為替取引に比べて割高なケースがあり、せっかく値上がりして売却しても手数料引かれて結果プラスマイナスゼロなんてこともあり得るので注意が必要ですね。【投資の種類を比較】3つのポイントで比べたら分かりやすい!via panako株式・債券・為替の話を聞いて投資の種類は理解できたけど自分に合ったものはどれかと考えた時にどの方法が良いかの決定打が欲しいですよね。そんな時におすすめなのが比較することです。比較のポイントは、安全性・収益性・流動性です。安全性・収益性・流動性の3つを比べることで見えてくるのは自分に合った商品を絞れることです。安全性:信用があって支払いが確実か収益性:収益の期待できるものか流動性:必要な時にいつでも換金できるかこの3つ全てをクリアする商品は、正直ないそうです。この3つの中で最も重要視するものに焦点をあて、自分にとって何が必要で必要でないかを見極めて投資することが失敗せずに投資チャレンジできる一番簡単な方法だということを学びました。投資知識、経験ゼロから学んで実践する第一歩via panako投資女子プロジェクト第1回目の講義を受けてみて投資に対する不安や心配は払拭され前向きに投資のことを考えられるようになりました。今後考えられることとするならば、私には株式が向いているかなと思いました。日頃から物や商品に興味、関心が多く応援するだけでお金が増えるのならしてみたいと思ったからです!ただ、株式で投資するならまとまった資金が必要なのでそこだけが引っかかる。まとまった資金さえあれば間違いなく株式をしていますね。投資の知識も経験もなく右も左もわからない超初心者でもできるのか。今から勉強して身につけることができるのか。不安でしたが、講義をしてくださる荒木先生が丁寧で分かりやすく内容も面白かったのでこれからの講義も楽しみです!ad1元のページを表示 ≫関

リンク元

Comments

Copied title and URL