with編集長 北原かおるがwith3月号の見どころをお届け! 40周年イヤーがstart! 本誌表紙は宇野実彩子、増刊表紙はDa-iCE! 大特集・「やさしい系人間関係」のススメ

download - with編集長 北原かおるがwith3月号の見どころをお届け! 40周年イヤーがstart! 本誌表紙は宇野実彩子、増刊表紙はDa-iCE! 大特集・「やさしい系人間関係」のススメ 最新情報
「やさしい系人間関係」のススメFrom Editor in Chiefみなさま、こんにちは。with編集部の北原です。今年、withは創刊40周年を迎えます。私たちは40年前から今まで変わらず、「働く女性をエンパワメントする」というコンセプトで、時代とともに歩みながら記事制作をしてきました。昨年は世界中が思いもよらない事態に直面し、新しい生き方の模索を余儀なくされてきましたが、そんな中私たちが取材などで接してきた読者のみなさまの、なんとたくましいこと! いち早く既成概念をリセットししなやかに時代に合わせて生き抜くその力に、私たち編集部が希望をいただいた1年でした。この40周年イヤーは、読者のみなさまからいただいたパワーに恩返しすべく、本誌もオンラインも熱血コンテンツをお届けして参りますので、どうぞご期待いただけましたらと思います。それでは、2021年最初の号のご紹介を始めさせていただきますね。ad2021年3月号は本誌&増刊の2種類発行 本誌表紙はAAA宇野実彩子さん、増刊にはDa-iCEが登場!with初の試み❤︎ 宇野ちゃんの多面的な魅力に迫る50ページの大特集!昨年4月号のカバーに初登場するやいなや話題沸騰となった宇野実彩子さん。前回は宇野さんの“仕事観”をたっぷりと取材させていただきましたが、今回は宇野さんそのものの魅力を深掘りしました。ページ総数なんと50P!! 2ヵ月以上にも及ぶ取材期間中、さまざまな現場をご一緒させていただきましたが、宇野さんの仕事に対するこだわりや熱量、そして周囲への気遣いを間近で拝見し、改めて宇野さんの魅力ってここですよね……とスタッフ一同感嘆せずにはいられませんでした。その魅力とは、「憧れ」と「共感」。ぜひ本誌で、この言葉の意味を読み解いていただけたらと思います! カバーインタビューの他にもお役立ち系のファッション&美容企画にもご登場いただいております。さらに、あのバズったYouTubeの密着まで! プレゼント企画もありますので、ぜひチェックしてくださいね。6ヵ月連載の最終章。 Da-iCEの特集は本誌と増刊別パターンでお届け!半年前からスタートしたDa-iCEの連載もいよいよ最終章。ファイナルの今月では増刊の表紙に初登場していただきました! ドラマの主題歌に楽曲が使用されたり、アルバム発売のCMが流れてきたり、とwithを含めてこの半年、みなさまの中でもDa-iCEとのタッチポイントが増えてきたと思います。ダンス&ボーカルともに実力は折り紙つき! 地道にキャリアを重ねてきたDa-iCEが満開の花を咲かせる瞬間をどうぞご注目くださいね。ad1大特集は“半径5メートル以内を見直したら、世界はもっと変わる” 「『やさしい系人間関係』のススメ」冒頭でも書かせていただきましたが、この一年で世の中は大きく変わりました。みなさまの価値観も、知らず知らずのうちに変わってた!なんて実感があるのではないでしょうか。周囲からの目線を気にして選んでいた通勤服やメイク、適齢期、とかこれが普通、とかを指針にしていた人生設計etc. コロナ禍を経て、ややこしい世情に巻き込まれることなく自分の“好き”を優先させてみたら、なんだか楽にもなったし今までよりももっと心地よく生きられることを発見できましたよね。今年は“自分”からさらに目線を広げて、半径5メートルの中の人間関係を耕してみませんか? 他者を思いやったり、人とのコミュニケーションを見直してみると、ポジティブなムードがさらに生まれてくるかもしれません。ファッションから読み物企画まで、対自分・対他者目線での「やさしい」を改めて考えるTIPSを7つご用意しました。Part1:あの人からあの人へ。「公開ラブレター」メールやSNSでメッセージを送り合うことはあっても、手書きの手紙となるともう随分出していない、という方が多いのではないでしょうか。かくいう私もその一人です。取材で手書きでメモを取ることはあっても、誰かのために丁寧な字で心を込めて文章をしたためることは、ずいぶんハードルの高い行為になってしまいました。ですが、誰かと直接触れ合えないこの時代、心を通わせ合いたいならあえて手紙を選んでみてはいかがでしょう。相手を思い、文房具を選び言葉を紡ぎ出す。そんな時間はきっと、やさしみで満たされるはずです。この企画は黒柳徹子さんからいただいた手書きのメッセージに始まり、わたなべ麻衣さん&JOYさん夫妻の往復書簡、梅澤美波さんから白石麻衣さんへの感謝の手紙、横澤夏子さん&近藤千尋さんの親友同士の手紙交換、とそれぞれの人柄がわかる心温まる感情の交歓を垣間見ることができます。読むとなんだか手紙、書きたくなってきますよ。Part2:“おしゃれはガマン”は過去の話。 「『360°ス

リンク元

Comments

Copied title and URL