超初心者向け投資講座「投資の『リスク』ってなに?」

download - 超初心者向け投資講座「投資の『リスク』ってなに?」 最新情報
近頃、with読者から、「お金について知りたい」「将来のために投資したい」という声が聞こえるようになりました。そこで、withではファイナンシャルプランナーの荒木千秋さんをお迎えして、未経験の女性が投資をイチから学ぶための「withLab投資女子プロジェクト」をスタートさせました!投資初心者のwithLabメンバーが、オンラインセミナーで投資を学び、実際にチャレンジ。ここではその講義の内容を順次ご紹介します。あなたも投資について学んでみませんか?前回の連載はこちら Lesson1-4「初心者さんが始める投資はこれでした!」withLab投資女子プロジェクトの詳細はこちら!<!--  withLab投資女子プロジェクト参加メンバー  -->Lesson2〈第1部〉「投資のリスクってなに?」こんにちは。ファイナンシャルプランナーの荒木千秋です!投資ってなんとなくこわそうで、一歩踏み出せない。「投資はキケンだから私にはムリ」とあきらめてしまいたくなるかもしれません。でも、それってもったいない!!リスクへの対処ができれば、「投資=危険」という気持ちを手放すことができます。投資歴10年以上にもなる私は、投資に恐怖心はありません。たしかに、投資は日々価格が変動していて、元本を割り込むこともあります。私にも元本が割れてしまった経験があって、リーマンショックと呼ばれる大暴落が起こったときには、ただただ元本割れしていく様子を見て我慢する日々が続きました。そんな経験を経て言えるのは、投資の知識を身につけて、背伸びしない投資をすれば、元本割れになっても特に慌てる必要はないということ。元本割れに恐怖心を抱かないためにも、リスクの基本的な捉え方は大事。「投資ってこわいんでしょう?危険でしょう?」の気持ちを克服しましょう♡今回の投資女子プロジェクトlesson2-1(連載第5回)では、「投資のリスク」についてお話していきます!adリスクの本当の意味一般的に、リスクとは「転職するにはリスクがあるよね」のような“危険・冒険的”の意味で使われることが多いですよね。投資の世界では、「リスク=危険」という意味ではありません。「リターンの振れ幅があるということ」がリスクの定義。言葉で説明すると、ちょっとわかりづらいかもしれませんね。こちらの図をご覧ください。たとえば、 A という投資商品がありました。 Aは1000円~2000円の間で価格が動きます。一方 、Bは500円~4000円の間で価格が動きます。A は1000円(2000円-1000円)の値段の幅で動いていることがわかります 。B は3500円(4000円-500円)の幅で動いていることがわかります。AとBの値動きの幅を比べてみると、B の方が価格の振れ幅が大きいので、リスクが大きいと解釈します。このように投資のリスクは、「どれだけ価格が変動するか」という考え方。これをポジティブに変換すると、「リスクがあるから価格が変動して、お金が増える可能性が生まれる♡」と捉えることができます。仮に、1年後に100%の確率で1万円の損失が出ると初めから決まっている場合、投資の観点からは、これを「リスク」とは呼ばないのが普通なのです。投資のリスクについて理解していただけましたでしょうか。ad1投資の原則は外さないで投資の大原則で、とっても大切なこと。それは、「ローリスク・ハイリターン」の投資商品はないことです!たとえば....■預貯金の場合■ 値動きはほとんどありませんよね。その代わりに、リターンもほとんど望めません。ローリスク・ローリターンです。■債券の場合■債券は、預貯金と比較すると、値動きの幅というのは少し大きくなります。その分、リターンも少しは期待できます。■投資信託の場合■投資信託は、債券や株式など様々な投資商品の組み合わせ。そのため、投資信託は、ひとつひとつのリスクリターンの度合いは違います。■株式の場合■ 株式の変動幅はピンキリです。変動幅が大きいということは、減ってしまう可能性もありますが、増える可能性も大きく期待できます。ハイリスク・ハイリターンです。改めて、ここで大切なのが、投資の原則は“ローリスク・ハイリターン”がないことです。なので、利益がでるということは、そもそもリスクのある商品へ投資していることになります。もしも、ローリスク・ハイリターンの話があったら、みなさんならどのような判断をするでしょう。「私だけ、特別?」と気持ちが高揚してしまうかもしれないですよね。ですが、そのようなローリスク・ハイリターンの話を持ちかけられたら、それは「詐欺など危ない儲け話だ」と割り切るようにすれば、だまされることはありません。投資の結果は、時間がたたないとわかりません。それなのに始めから“絶対に”儲かるという話は、あ

リンク元

Comments

Copied title and URL