バツイチにならないための結婚相手の見極め方〜「婚活アプリで知り合った彼に違和感。このまま結婚して大丈夫ですか?」

download - バツイチにならないための結婚相手の見極め方〜「婚活アプリで知り合った彼に違和感。このまま結婚して大丈夫ですか?」 最新情報
Q.36歳女性。婚活アプリで知り合った彼とのお付き合いについてふたつのことで悩んでいます。この違和感を抱いたまま結婚してしまっていいのでしょうか。プロフィールの真面目そうな写真と文章、私としかマッチングしていないこと、実際会うとアプリでの会話より一途な印象。会う前の電話の声でも安心でき、初対面、初デートからあまり緊張せず話せて、なんとなくいい人だなぁと思い、お付き合いに至りました。半年少し経った現在、結婚をそろそろしたい旨の話をしたところ、「今が楽しければいいと思ってた」と言い焦っていたので、全然結婚を考えていないようでした。付き合って3ヵ月経った頃に一度結婚についての話題を振ったところ、「昇給しないと考えられない」と言われたので、その日はそれ以上話を進めませんでしたが、それとなく結婚を匂わせる話をしていたのに聞き流していたのかとびっくりし、正直ショックでした。それでも「結婚を考えて話を進める」ということで、まずは親に会ってみようという話になり、会う日取りを決めている状況です。もうひとつは、彼の実家との距離感の違いに不安を感じています。年末年始に彼の親が彼のひとり暮らししている部屋に来るのですが、費用は親持ちで、親子3人で3日間、市内の某高級ホテルに泊まるとのこと。これまでも彼の話を聞いていると、親御さんがお金を出して長期休暇に親子旅行に行ったり、食事代を出してくれているようです。シャンプーなどの日用品も毎月送ってもらっています。ひとり息子ということと、お金持ちなのでしょうけれども、三十半ばなのに、親に旅行や食事などお金を出してもらっていることに、私は違和感を覚えます。私の親は学生の時から金銭的にできることは自分でしなさいとの方針で、親と食事や旅行に行く時は私がお金を出します。彼は穏やかで優しく尊敬できるし、私のことも大事にしてくれています。しかし、結婚の話のように、よく大事な点がズレていることがあり、彼のおぼっちゃん要素にも不安になることが多々あります。私はどう考えたらいいでしょうか。また、彼に対して私ができることはありますか?(まる)adは〜い。今日の授業は、バツイチにならないための結婚相手の見極め方がテーマよ。読んでいて思ったのは、おふたりには結婚はまだ早いんじゃないか、ということ。婚活アプリで出会って半年も交際しているのに、まだ結婚の話がきちんと出来ておらずに、お互いの認識にズレがある。まずこの時点で、色々不安になるわ。・昇給しないと結婚は考えられないのになぜ彼は婚活アプリに登録したのか?・婚活で知り合ったのに交際前にお互いの結婚の意思を確認しなかったこと・一度まるさんが彼に結婚の話をしたのに、その後彼が結婚について考えていなかったこと不安ポイントはこの辺りかしら。それでも結局、結婚話を進めるためにお互いの両親に会おうと状況が進展したなら良かったわよね。問題はこのあと。まるさんが彼に抱いている、違和感の方。彼のご実家が過保護なのも、まるさんのご実家が自立を促しているのも、どちらもその家の方針だから、どちらが正しいという話ではないと思うの。その家庭の事情やスタイルがあるから。だけどまるさんは、そんな彼に対して、自立していない甘ったれで許せない、という思いがあるのよね。特にお金の使い方に対して。これを「彼の実家が裕福で、結婚してから援助してもらえたらラッキー♪」と捉える女性も居ると思うんだけど、真面目で自立しているまるさんはそんな風には思えない。これって、結構大きな価値観の違いじゃないかしら。今モヤモヤしていることをそのままにして結婚してしまうと、恐らく結婚してからそのモヤモヤはさらに大きくなって、「許せない」という感情が膨らむわ。だって結婚したら、彼の実家のご両親はあなたたちの結婚生活にもっと関わってくるからね。ad1まずは、なぜ「彼が実家から金銭的に甘やかされていること」が許せないのか、自分の気持ちを分析してみるといいわ。まるさんの中で成人したら親に金銭的援助を受けるべきではない、という考えが強いなら、その逆を行く彼のことは、このままだと尊敬できなくなってしまうわよね。まるさんの親孝行は素晴らしいこと。だけど、実家に金銭的余裕があり、彼がそれについてちゃんと感謝しているなら、なぜその価値観がダメで、まるさんの価値観が正しいと思うのかしら? それを掘り下げていくと、あなたが結婚相手に求めているものがより明確になるかもしれないし、逆に「他の条件がいいなら意外と気にしなくてもいいのかもな」と思えるようになるかもしれない。その価値観は、あなたにとってどれくらい譲れないもの? 彼と別れることになったとしても受け入れるのが難しいと感じるならば、一度彼に話してみたらどうかな。もちろん、話し合ってどうなるものでもないかもしれないけれど

リンク元

Comments

Copied title and URL