「オンライン映え」するコーディネートって? 新しい時代のおしゃれを大研究!【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.22】

download - 「オンライン映え」するコーディネートって? 新しい時代のおしゃれを大研究!【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.22】 最新情報
「オンライン会議で着る服がない……!」こんばんは。在宅勤務が増え、会議もほとんどオンライン。買うお洋服の傾向が変わったという方も、多いのではないでしょうか? わたしは毎日出社しているものの、やっぱり対面の会議は大きく減り、オンラインが中心に。そこで最近、ある悩みにぶち当たりました。「オンライン会議で着る服がない……!」わたしにとって、お仕事で人と会う日の、ちょっとしたおめかしの定番は「着映えスカート」だったのですが、オンライン会議に映らないという。(笑) しかも、今まで「着映えスカート」に合わせてお洋服を揃えていたので、トップスは基本的にベーシックカラー&シンプルなものばかり……。(通勤しているので、あまりにカジュアルなトップスは着られないですし)早急に、「上半身盛りのおしゃれ」を対策しなければ! と思ったのでした。ということで、今回はそんな「在宅勤務・オンライン会議のおしゃれ」についてお話します♡adとくに冬は着映えスカートを引き立ててくれる黒タートルをヘビロテしていましたが、上半身だけ映すと華やかさゼロ!(涙)ベーシックカラーのシンプルニットは、スカーフで華やかに!冬、もっとも出番の多い黒タートル。どんな着映えスカートも受け止めてくれる頼もしい存在ですが、スカートの映らないオンライン会議では、とっても寂しい印象に……。そこで、オンライン会議の日は、スカーフを巻いて華やかさを盛っています。シンプルな黒ニットも、スカーフを巻けばぱっと雰囲気が明るく。スカーフとアイシャドウのピンクをさりげなくリンクさせています♡相手には見えないけど、ボトムは楽ちんなものをチョイススカーフを引き立てるべく、ボトムはシンプルに。白スカートなら、ベーシックカラーニット×スカーフをどんな色で組み合わせても受け止めてくれます。社内でオンライン会議に参加するなら、きれいめな白スカート(手前)、在宅勤務なら、着ていて楽ちんなニットスカート(奥)が鉄板になりつつあります。UNIQLOのスマートアンクルパンツは、合わせやすく、穿き心地よく、カラバリも豊富でとっても優秀です♡ 春の新色が出たので買い足そうかなぁと思っています。ad1フェミニンブラウスには、アクセサリーを重ねづけ一枚で華やかな柄ブラウスやフリルブラウス、レースブラウスなどは、オンライン会議の強い味方。(UNITED TOKYOのブラウスは、変わったデザインが多く、オンラインでも映えそうでおすすめ♡ お値段もお手頃です)ただ、印象に残りやすいぶん「いつも同じブラウス着てるな」と思われないかちょっぴり不安だったりします。着ている方からしても、新鮮な気持ちが薄れてしまいやすいかも。そんなわけで、最近着ていていちばんテンションが上がるのはこちら!前後2wayで着られるシャーリングブラウスadシンプルで合わせやすいながら、襟や袖のギャザーがフェミニンでかわいい♡金ボタンの方を前に着たときは、ゴールドの華奢ネックレスを重ねづけ。石やモチーフを入れず、ゴールドのみで統一することで、重ねづけしてもうるさくならず高級感のある雰囲気になります。なにもあしらいがない方を前に着たときは、存在感のある大ぶりネックレスを合わせます。ロマンチックなブラウスに、マーブルアクリルのデザインがぴったり。STELLA CIFFONのネックレスは、他にはない大ぶりデザインが豊富でとってもおすすめ!前後のデザインに合わせてアクセサリーを変えて……いろいろな雰囲気で着まわせます。画面越しの華やかさと新鮮さの両方が楽しめるのでハマり中♡真っ白だと白飛びしてしまうので、オフホワイト~生成りくらいがちょうどよさそうです。カラ―ニットで顔映りよく♡ メイクをリンクさせると楽しいオンライン会議の定番「カラ―ニット」。やっぱり黒を着たときよりも画面が明るく見える気がします!わたしはパーソナルカラーがスプリングなので、ピンクやオレンジなどを着ることが多いです。ニットに合わせて、メイクにも色を入れると、気分が上がりますよ~♡ぱっと明るいオレンジ色のタートルニット。メイクもコーラルピンクで春らしく♡ad1「重ね着」トレンドに乗らない手はない!今季のトレンドでもある「重ね着」スタイルは、上半身がにぎやかになるので、オンライン会議にぴったり◎ 乗らない理由はありません!「重ね着」と聞くと、なんとなく上級テクが必要なイメージがあるかもしれませんが、定番の組み合わせから始めれば、難しくないですよ~。例えば、ゆるっとしたシャツの上にニットベストを重ねたり、中にタートルを重ねたり。袖がないニットベストでも、意外と温かいんです。寒くてブラウス1枚ではいられない……という日の選択肢が広がります。シャツの中に黒タートルを重ねてみました。シャツだけのとき、シャツ×ニットベストのと

リンク元

Comments

Copied title and URL