辻希美「4児の子育て。楽しい瞬間、苦しい瞬間」

download - 辻希美「4児の子育て。楽しい瞬間、苦しい瞬間」 最新情報
モーニング娘。のメンバーとしてデビューし、現在は中学生の長女、小学生の長男と次男、2歳の三男の、4児の母となった辻希美さん。日々、育児のかたわら芸能活動を続けています。そんな辻さんの連載『辻ちゃんの恋愛論 大好きな人と結婚しよう』。今回のテーマは、ズバリ「育児」について。4人の子育てライフを振り返りながら、育児の楽しさや悩みなどを聞いてみました。ad男子のありえない行動に、日々笑わせてもらってます☆こんばんは、辻希美です!今回は、私が育児をしていていちばん楽しいと思うこと、そして大変だと思うことについて、あらためてお話ししたいと思います。まずは、育児の楽しさや面白さについて。いつも思うんですが、子どもって、“ちょっとした何か”をしでかしますよね。多分、大人が同じことをしてもまったく面白くないけれど、子どもがすると超笑えることがたくさんあるんです。変な動きをしたり変顔したり、とんでもないことを言い出したり、とにかく面白い。とくに男子! 旦那さんとよく、「大人が本気で笑わせようとするより、ずっと面白いよね」と話しています。とくに私は男兄弟がいないので、男の子の言うことや行動がすごく新鮮なんですよ。ホント、突然信じられない行動をとるんですよね〜。発想が面白すぎる。学校から図工の作品を持って帰ってくることがあるんですが、ま〜、毎回笑わせてくれます。「いや、これはいったい何!?」っていう感じ。本人のなかではちゃんとストーリーがあって、素晴らしい世界を完璧に作り上げているらしいんですが、とてもそうは見えない(笑)!ad1最近は、絶対負けるのに挑んでくる長男がカワイイです♡娘は小学生のときも、あんまりそういう不可解な(!)行動はとらなかったですね〜。でも長男も次男も、ホント笑わせてくれます。毎回、不思議なものを描いたり作ってきたりします!最近一番笑ったのは……、いっぱいあるんですが、あまりにも日常すぎて思い出せません(笑)。というか、公に言えるようなネタは思い出せません(笑)。ささいなことが次々と起こるんで、忘れちゃうんですよね。最近、長男と次男のなかで、100円ショップで買ってきた剣を使った戦いごっこが流行っているんですよ。発砲スチロールの棒で、すごく柔らかくてグニョグニョ曲がるようなやつ。叩かれても、あんまり痛くない剣なんです。そしてそれを手に、長男が私に戦いを挑んでくるんですよ! 私は力が強くて、反射神経もいいほうなので、まだまだ長男には負けません。むしろ、ボコボコにできるんです(笑)。何度負けても、一生懸命挑んでくる長男が、ホント面白くって。最近、すごく楽しませてもらっています♡ もう、容赦なくバチコンバチコンいきますよ!ad1子育て中は、子どもの病気がホント大変ですよね……育児で大変なのは……、なんといっても子どもの病気ですよね〜。誰かが体調を壊すと、ホントに大変。そして一人かかると、全員にうつりがちですから(汗)。健康でいてくれるうちは、どんなに大変でも私一人でなんとかできますが、体調不良になっちゃうとちょっと厳しい(汗)。だから子どもの病気は、いかに防ぐか、そして一人がかかってしまったらどう対応するか、がポイントだと思っています。このお話は、またの機会に詳しくしますね。あとは……、一人ひとり本当にまったく性格が違うので、それぞれに合わせて向き合う、というのが大変ですね〜。言葉にすると簡単なようですが、実際にはなかなか難しいんですよ。というのも、子どもの成長って、一人ひとり違うじゃないですか。もちろん、得意不得意なことも考え方もまったく違う! だからその子の状況に合わせて、しっかり向き合って話す、ということに難しさを感じています。ad1難しいのは、一人ひとりに寄り添って向き合うこと!とくに長男、次男は年が近くて二人とも小学生なので、次男より長男ができることのほうが多いんですが、次男のほうが得意なこともあるんです。そういうときは、長男、次男、それぞれの気持ちに寄り添って、切り替えながら話すのが難しい〜! とくに長男が次男より不得意なことがあると、長男のプライドを傷つけないように、言葉を選んで話すのが……(汗)。というわけで日々、「言葉をうまく選んで、相手と話し合う」ということの難しさを感じています。まあでも、もっと小さいときのほうが大変だったかな〜。小学生になって、だいぶラクにはなっています。一番大変だったのは、長男が3歳、次男が1歳のころかな〜。そのころって、年齢差が大きいじゃないですか。だから、できることに差があって、それぞれに対応するのが大変! まあ、成長したら成長したで、別の大変さが出てくるんですけどね〜(汗)。ad1子どもが気づかい上手になってきたのは、兄弟が多いからかもしれません♡上の子たちが小学生と中学生になったこと

リンク元

Comments

Copied title and URL