投資は危険で怖い?初心者OLが学ぶ!<vol.2 投資とリスク>

download - 投資は危険で怖い?初心者OLが学ぶ!<vol.2 投資とリスク> 最新情報
こんにちは! withLabエディターのりりあです。2021年1月にwith onlineでスタートしたばかりの「withLab 投資女子プロジェクト」。私は、都内で働いている29歳のOLです。withをはじめ、ライターとしても活動しています。「投資って何?」と質問してしまうくらい、お金のことに関して超・初心者の私が、このプロジェクトに参加しようと思ったきっかけや目標についてお話した「vol.0 キックオフ編」、そして第1回目の講座を受講して学んだ「vol.1 投資の種類」に続き、今回は「vol.2 投資とリスク」についてです。2回目の講座を受けて感じたことや学んだことについて、レポートしていきます!▼ここまでの記事はこちら▼<vol.0>OLが学ぶ!投資やお金のこと【withLab 投資女子プロジェクト】いよいよキックオフ!<vol.1 投資の種類> 株式と債券と為替って?投資の基本を初心者OLが学ぶ!「withLab 投資女子プロジェクト」とはお金に悩む全ての女性へ!「投資女子プロジェクト」始まります!via www.youtube.com「withLab投資女子プロジェクト」は、withLabメンバー24名が、プロの先生に教えてもらいながら「お金」について学んでいこう! という企画です。講師はファイナンシャルプランナーの荒木千秋さんと、金融アドバイザーのminikoさん。お金についての基礎知識をはじめ、投資について、リスクについて、金融機関についてなど、講座を通して学んでいきます。(詳細はこちら!)今回は、講座の第2回目。投資初心者の私が一番学びたい!と思っていた、投資の【リスク】についてです。ad✓ 投資のリスク=危険ではない!今回の講座で私が一番学んだことは、こちら。「投資におけるリスク=危険ではない!」”リスク”と聞くと、危ないものやことを想像しますよね。でも、金融の世界では、リスク=「リターンの振れ幅」や「価格が動く原因」を指すのだそうです。私はこの解説を聞いて、今までの話がストンと腑に落ち、同時に少し安心しました。金融の話を聞いている中で「リスク」という言葉が出てくると、途端にどんどん難しくマイナスな印象になりますし、そのリスクはいつ起こるかわからないもの=自分ではどうしようもない(だから怖い)と思い込んでいました。でもリスクが大きい・小さいを自分できちんと理解しておけば、対処や注意ができるかも? と思ったからです。リスク=お金が増える可能性にも繋がる!前回の記事でもお話しましたが、ローリスクかつハイリターンの商品は存在しません。(あったとしても怪しい……)でも、価格の変動がなければ増えることも減ることもないんです。つまり、投資をする上で、リスクというのは“お金が増える可能性を指している”とも考えられるんだな、ということが改めてわかりました。さらに、自分が投資する国や会社がどのくらい安全かについて考えるための「格付け」というランクがあったり、商品ごとに「リスクの説明書」もあるので、いろいろな資料を見ながら客観的にリスクと向き合えるんだ! という気づきがありました。自分だけで、その投資先や商品が安全か、将来性があるか、価値はあるのか……考えて判断するのはとても難しそうですが、客観的な資料があると思うだけで、少し安心できます。ad1✓ 下がった時の心の持ち方を考える!投資をするということは、良いことばかりではありません。お金が増えることもあれば、もちろん減ることもあります。「投資を始めれば絶対にお金は増える」のではなく、下がる可能性を理解しておくこと、そしてその上で「準備」をしておくこと​が重要だ!と学びました。コスメを買うとき、私は事前にリサーチをします。価格、カラバリ、容量、どんな肌に合うか合わないか、持っているコスメで似たようなものがないか、サンプルを試せるか……などなど。例えば、テレビで話題の見た目がすごくかわいいファンデーションがあったとします。なんとなく話題になっているし見た目もかわいいから、閉店間際の店舗に駆け込んで、なんとか購入。でも、いざ家に帰って開けてみると……自分が欲しいマットタイプのものではなく、色も濃すぎて浮いてしまい、スポンジもついていなかった。限定品だから返品交換も不可。「こんなコスメだなんて聞いてない! 合わないから返品させて!」と怒っても、それは自分の責任です。事前にきちんと調べていれば、余裕を持ってタッチアップの時間を作れたかもしれないし、ファンデーションに合うスポンジを購入できていたかも。話が脱線しましたが……投資も同じだな、と思ったんです。商品の特徴をよく理解した上で、「よくわからない金融商品を買わない」こと。そして、「価格が戻らない金融商品を買わない(条件つきの商品やFX取

リンク元

Comments

Copied title and URL