心落ち着く香りに癒される♡ ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」

download - 心落ち着く香りに癒される♡ ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」 最新情報
気分を切り替えたり、心を癒したり、さまざまなシーンで頼りたくなる香り。すっかりお家で過ごす時間が多くなった今、ファッションやインテリアと同じように、香りも楽しんでみませんか? 今回は、ルームフレグランスから香水まで、私が愛用しているお気に入りの香りをご紹介いたします。いちばん長く過ごすお部屋は、リラックスできる心地よい空間に数滴垂らすだけで、部屋中に優しく香る「エッセンシャルオイル」最近ハマっているのが、「無印良品 エッセンシャルオイル」。10mlと30mlの2タイプあり、10mlならお試し気分で手軽に始められるのでおすすめです。私もふらっと店に立ち寄ったついでにお試しで......と軽い気持ちで購入したらすっかり気に入ってしまい、今ではリピート買いするようになりました。1490円で本格アロマの香りが楽しめます。好んで使用しているのは「すっきりブレンド」と「おやすみブレンド」の2種類。どちらも花や木、果実などから抽出されたエッセンシャルオイルで、アロマストーンやアロマウッドに数滴垂らして使っています。火や電気を使わないのでお部屋のどこでも使えるのがうれしいですね。ad「すっきりブレンド」は、気分をリフレッシュしたいときに。レモン、ライム、ユーカリなどさっぱりとした香りの原料が使われているため、香りを嗅ぐだけで頭がスッキリ! 朝、仕事をスタートする時に使うと目がさえるのでおすすめです。「おやすみブレンド」は、リラックスタイムに。ベルガモット、スウィートオレンジなどが原料で落ち着きのある香りです。寝る前にアロマウッドに数滴垂らしてベッド横においておくと、本当にゆったりとした時間が流れます。香りを楽しみながら本を読むつもりが気がついたら寝てしまっていた......なんてこともあるほど(笑)。ad1来客前にシュッとひと吹き!「ルームスプレー」「APOTHEKE FRAGRANCE(アポテーケ フレグランス)」というフレグランスブランドをご存知ですか? 創業者の方が旅先で出会った香木屋や香油屋に強い感銘を受けて、千葉県でアトリエから始められたそうです。千葉で製造されており、調合からパッケージングまですべてハンドメイドなんだとか。アポテーケが好きないちばんの理由は、香りが強すぎないということ。ブランドの考え方のひとつに「生活の一部としての香りの楽しみ方を提案したい」という言葉があり、その言葉通り、香りは強すぎず弱すぎず、すっと生活に馴染むような気がしています。またアイテムのパッケージもきらびやかで派手なものではなく、シンプルで空間に馴染むものばかりです。ad「ルームミストスプレー(WHITE TEE)」は、石鹸のようなすっきりとした香り。たくさんの方に受け入れられやすい香りで、来客がある前に玄関やリビングのリネンにシュシュッとひと吹き。家に遊びにきた友だちが「なんかいい香りする〜!」と口にするときは、だいたいこのスプレーを使っているときがほとんどです。3520円で購入しました。ad1ゆらゆら揺れる炎が癒し効果たっぷり「アロマキャンドル」左・メラキのソイキャンドル¥1250 右・アポテーケの蓋つきフレグランス¥2640愛用しているアロマキャンドルはこの2つ。キャンドルって「どのタイミングで使うか分からない......」と、YouTubeでたまにコメントをいただきますが、私は夜にパソコン作業をしている時やネイルを塗っている時などに使うことが多いです。ゆらゆらと揺れる炎を見るととっても癒されるんですよね。デンマーク生まれのシンプルなソイキャンドル「meraki(メラキ)」「meraki」はデンマークの生まれのブランドで、ハンドクリームやシャンプーなどハウスケアアイテムを販売しています。天然素材にこだわっていて、こちらの「アロマキャンドル サンダルウッド&ジャスミン」も大豆由来なんです。潔い良いほどシンプルなデザインも気に入っています。このキャンドルを選んだ理由は、主役となる香りがジャスミンだから。ジャスミンの香りがとても好きなのですが、メインでジャスミンが使われているキャンドルはなかなか見当たらなかったんです。そんな中、ネットサーフィンをしている時に偶然ブランドん公式サイトを見つけ、ついに出会うことができました。ジャスミンの他にサンダルウッドも調合されているので、甘すぎずしっとりとした香りが続きます。ad旅行やキャンプにも持ち運べる「アポテーケ フレグランス」もうひとつはこちら!「アポテーケフレグランス Travel Tin Candle OAKMOSS & AMBERの香り」です。立ち寄ったインテリアショップで偶然香りを嗅いだら「なんだ!このよい香りは!」と、買って帰るしか選択肢がなかったほど、一目惚れしたアイテムです。「オークモス

リンク元

Comments

Copied title and URL