「憧れ」と「共感」が私を強くする【宇野実彩子 meets GUCCI】

download - 「憧れ」と「共感」が私を強くする【宇野実彩子 meets GUCCI】 最新情報
宇野実彩子 meets GUCCI「憧れ」と「共感」が私を強くするwith3月号では、with史上初・50ページもの誌面を割いて、宇野ちゃんを大特集。ここでは「Epilogue(終章)」と名付けられたグッチのコレクションとともに、激動の年にピリオドをうち、新たに走り出した宇野ちゃんの〝始まり〞を追う。「強さ」への憧れどんなことが起きても、〝正しくいられる〞強さを持ち続けていたい。それに加えて、いざというときも周りの誰かを想って動ける、視野の広い強さを身につけられたら最強だなと思います。イレギュラーなことがたくさん起こる今こそ、私たちにはそういう力が必要だと思う。-クレジット-ドレス¥335000/グッチ(グッチ ジャパン)ad「音楽の力」への憧れ世界が困難な状況になって、改めて感じたのが、音楽の力。離れていても、同じ音を通して、共感し、共鳴し合えるんだなということをコロナ禍でYouTube配信する中で感じましたね。目には見えないけれど、人と人とを繫げる無限の力が、音楽にはあると思います。深いボルドーに甘いピンク。レディな色合わせに酔いしれるしなやかなスエード素材と深い胸元のスリットに大人のエレガンスが漂う、ボルドーのミディアム丈ワンピースをまとって。チェーンベルトとパステルピンクのハットをスパイスとして加えることで、クラシカルに振り切らない新鮮な解釈が楽しめる。-クレジット-ワンピース¥475000、ハット¥47000、ベルト¥115000、バッグ¥200000/すべてグッチ(グッチ ジャパン)ad1「繫ぐこと」への憧れ後輩や若いファンが増え、最近『次の世代に何を残せるだろう?』ということを考えるようになりました。例えば、女性アーティストが働きやすいようなレールを敷くのも自分の役目かなって。今までそんなこと考えもしなかったけれど、私も中間管理職的な年齢になったのかも(笑)。キャッチーなアイコンに大人の遊び心を託してポップカルチャーとのコラボレーションに積極的なアレッサンドロ・ミケーレが新たに選んだアイコンは、何と私たちにはなじみの深い「ドラえもん」! ミニGGスプリーム キャンバスに、表情豊かなドラえもんが描かれたトランクやボストンバッグは、おしゃれを心から愛する大人にこそ似合います。端正なセットアップのハズしにも。-クレジット-ドラえもん×グッチビューティーケース¥375000、ワンピース¥310000、ジャケット¥310000、バングル¥744000、リング¥93000/グッチ(グッチ ジャパン) ©Fujiko-Pro-クレジット-ドラえもん×グッチボストンバッグ¥275000/グッチ(グッチ ジャパン) ©Fujiko-Proad「美しさ」への憧れ自分のことをちゃんと理解して、内面も外見も、長所も短所もすべて受け入れた上で、それを生かしている人って、美しいなと感じます。メイクやファッションも、その人自身を際立たせるような、シンプルで極力削ぎ落とされたものに、この頃は心惹かれるみたい。ときめくモチーフを、好きに重ねる。自由な発想で新しい私にブランドを象徴するGモチーフパターンを落とし込んだジャカードのジレ&ジャケットに、鮮やかなエメラルドグリーンのシルクシャツをレイヤード。幾何学模様の台形スカートで、'60Sライクなレトロなスタイリングを満喫して。パワフルなモチーフのミックスが、ファッションの楽しさを教えてくれる。-クレジット-シャツ¥150000、スカート¥175000、ベスト¥130000、ジャケット¥335000、ピアス¥385000/グッチ(グッチ ジャパン)「ここではない どこか」への憧れ今は気軽に海外へと出かけられないけれど、もう長いことヨーロッパに思いを馳せています。特に行きたいのはスペイン! 趣あるあの街並みをのんびり歩くのが憧れですね。あまり強くはないけれど、お酒を少し飲みながらバルのごはんも楽しみたいな。【PROFILE】1986年7月16日生まれ。東京都出身。2005年にAAAのボーカルとしてデビュー。その後、女優、ソロアーティスト、アパレルブランドのディレクションなど、多岐に渡り活躍。コロナ禍で開設した、YouTube『MISAKO UNO Official Channel』も話題に。こちらの宇野ちゃんもチェック!旬なオールインワンとシャツワンピ!心地いいのに手抜きじゃない♡with3月号はファッション・ビューティー、オールジャンル詰め込んだ宇野ちゃん大特集!ぜひ本誌をご覧ください。with3月号ネットでの購入はこちらから-クレジット-Model/Misako Uno(AAA) Photograph/Yasuhisa Kikuchi(vale.) Styling/Mayumi Ando(

リンク元

Comments

Copied title and URL