宇野実彩子はじめての味噌作り! 発酵食品で体内からキレイに

download - 宇野実彩子はじめての味噌作り! 発酵食品で体内からキレイに 最新情報
はじめての味噌作り手作り味噌のワークショップを開催する田上彩さんを先生に迎えて、宇野ちゃんが味噌作りに初挑戦。味噌や発酵の基本を学びながら、『宇野“味噌”子』が完成するまでのプロセスをレポート!\ずっとやってみたかったの/材料はこれだけ〜材料は、大豆(乾燥)1kg、米麹 2kg、塩 614gの3つ。これで約5.6kgのお味噌ができる。大豆はよく洗ってから、大豆の2.5倍量の水に半日以上つけておき、約4時間蒸す(もしくは圧力鍋で20〜30分蒸す)。5〜6時間水煮してもOKだが、蒸すほうが旨味と甘みが凝縮されて◎。【1】蒸した大豆をつぶす蒸した大豆を大きな器に入れて、手でギュッと握り、形がなくなるようにつぶしていく。硬くなってきたら大豆の煮汁を少量混ぜて柔らかくしてもOK。\結構、力いる〜/《Point》手を消毒しすぎないのがコツ混ぜる直前に、石鹸やハンドソープを使って洗うと、発酵に役立つ肌の常在菌がいなくなるので、清潔な手を流水で洗うのがベター。ad【2】麹に塩を混ぜる\これが米麹!/お米に「もやし」と呼ばれる麹菌をふりかけてできるのが米麹。そのままでも甘く、米麹の量が多いと味噌の味は甘くなる。今回のレシピは甘め。\えっ! おいしい♡/塩と米麹を均一に混ぜるのがポイント。味噌がカビたり、腐ったりしないように、塩を完成量の10%以上になるように入れる。今回は約12%分。【3】つぶした大豆に塩・麹を混ぜる3で混ぜた麹と塩を、つぶした大豆にまんべんなく混ぜていく。ちなみに麹には美肌効果があるので、味噌を作りながら手肌ケアも。\手がきれいになるんだって/ad1【4】塩・麹・大豆が 混ざったら、「味噌玉」を作る味噌は、嫌気性発酵といって空気を嫌って発酵する。そのため4を手のひらにとりギュッと空気を抜きながらボール状にし、「味噌玉」に。\なんかかわいい〜/【5】容器に味噌玉をつぶしながらきっちり詰めていく容器の底にカビ止めのために塩をしく。空気が間に入らないように1個ずつギュッとつぶしながら、味噌玉をすべて詰めたらOK。フタをして、戸棚の中などに置いて半年〜10ヵ月熟成。まったく開けない棚や電子機器の側はカビやすいのでさけて。adFINISH\名前つけちゃう! 宇野味噌子ちゃんです-クレジット-[宇野実彩子/AAA]トップス¥6300/Mila Owen(Mila Owenルミネ新宿2店) ピアス¥1400/GOLDY エプロン¥4900/アフタヌーンティー・リビング今、いちばん興味があるのはインナーケア!「味噌作り、念願だったので、楽しかったです!」と大喜びだった宇野ちゃん。学ぶことも多かったとか。「いつも食べている味噌を、自分で材料や、その過程をみながら作れるって安心だなって思いました。10ヵ月後が楽しみ〜。植物みたいに、毎日、声がけしよっと」最近は友達と話すと、インナーケアの情報交換がメインに。「トレーニングとかクリニックとか、いろんな美容スポットがあるけど、どこに行っても必ずいわれるのが“内臓を温めること”や“内臓の機能を整えること”の大切さ。外側からいろいろケアしていても、やっぱり中からも変えていくことがキレイになる近道なんだなって。友達と話していても“内臓からキレイになろう”的な話にすぐなるし(笑)。“味噌って腸活にもいいよね”って話にもなり、最近は、食事だけではなくて、お腹がすいたときにおやつがわりに味噌汁を飲んだりしてます」ほかにもクリニックで定期的に血液検査をして、足りない栄養素はサプリでチャージ。「亜鉛や鉄を摂ると目覚めがいいっていう体感があります! ホルモンバランスも安定するみたい」自炊は、自分の体を自分で作る感覚が♡2020年、いろんなことに対する考え方が変わったという人も多いはず。宇野ちゃんも自粛期間にちょっとした変化が。 「ここ1年ぐらい、ブームだったのもあって、菌活にはまっていて。納豆やキムチ、ヨーグルトなど発酵食品を積極的に食べるようにしています。そして、自粛期間で、自分が食べるもの、そして自分の内臓に向き合う時間が増えると、余裕があるときは、自炊しようって気持ちになって。どんな素材か、何を入れるかを自分の目で確かめながら作るから、“自分の体を自分で作っていく”感覚がとてもあって、それがいいなと思うように。でも、ストイックになりすぎると、ストレスになって続けられないから、もちろん外食をすることも。普段、自分で作ったものを食べている安心感があるからこそ、外食しても不安がなくきちんと楽しめるようになりました。バランスって本当に大事!」味噌作りを教 えてくれたのは…発酵人・田上彩さんモデルとして活躍し、ミスユニバースのファイナリストも経験、発酵食の世界へ。発酵食を広めるプロジェクト『Edain』を主宰。味噌作りのワ

リンク元

Comments

Copied title and URL