島袋聖南「“結婚に向いてるタイプ”で男性を選ぶと危険!? 彼に物足りなさを感じる…このまま結婚していい?」【第55回】

download - 島袋聖南「“結婚に向いてるタイプ”で男性を選ぶと危険!? 彼に物足りなさを感じる…このまま結婚していい?」【第55回】 最新情報
物足りなさを感じる彼、このまま結婚していいの?こんにちは、島袋聖南です。今回も、私に寄せられたお悩みを考えていきたいと思います。今回は、「付き合って1年になる彼氏がいます。特に大きなケンカもなく、人間的にはいいけれど、男性的にはイマイチ魅力的ではなく、物足りなさを感じています。優しくて家事にも協力的なので、結婚するにはいいタイプかもしれませんが、自分の中で引っかかるものがあり、結婚に進んでいいものか悩んでいます。いっそ、新しい人を探すべきでしょうか……」というものです。ううーん。20代の後半は、結婚について悩むことが増えてくる時期ですよね。ただ、この相談は私的には少し気になるところがあります。それは、結婚について悩んでいるのに、「彼と結婚したい」のではなく、「結婚するなら……」と、恋人と結婚が彼女の中で別のものになっているところです。私の場合は、「結婚は好きな人とする」ことが大前提としてあるので、そもそも出発点が違っているな、という気がまずはしました。でもそれはもちろん、悪いことではありません! 私の友達にも、好きなタイプとは少し違うタイプの男性と結婚して、幸せになっている子もいますので、今回はそのあたりのお話もしてみますね。ad1好みのタイプとは違う人と結婚してうまく行く場合もあるその友達は私と同世代なのですが、もともと好きな男性のタイプは、すごく男らしい感じの人だったんじゃないかと思います。でも、現在のパートナーの方はそういう感じでもなくて。それでも彼女は、「結婚するならこの人!」って思ったみたいです。結婚すると決めた理由は、彼がいわゆる「家庭的で結婚に向いてそうなタイプだから」というのではありません。たまたまふたりの出身地が一緒で共通の話題が多かったり、仲良くなってみたらそれぞれの親とも相性が良かったり、その親がまた協力的だったりと、ふたりの生活がうまくいく条件がいろいろ揃っていたからだったようです。好みのタイプはみんなそれぞれに持っていると思いますが、結婚は毎日を共に過ごし、生活が続いていくものですから、共通点がいろいろとあることや、ベースの部分でマッチすることが多いのって実はすごく大切なことだと思いました。ad1「結婚に向いてる人」がいるわけではないのかも?今回の相談者さんによれば、彼は優しく、家事にも協力的であることが「結婚するなら良さそう」と思う理由だということでしたね。それはすごく素敵なことだと思いますが、彼女自身は彼にはあまり男性としての魅力を感じていないと言います。うーん。これは私見ですが、そんな風に感じているなら、今回はやめておいたほうがいいんじゃないかな~という気がしてしまいます。というのも、結婚って、ずっとずっと続くものです。今の時点で彼に面白みや魅力を感じていないのに、結婚して毎日がもっと単調になり、刺激も少なくなっていったらどうでしょう? しかも多くの場合、結婚するとパートナーに対する態度や扱いは、恋人時代より「雑になる」ようです。そうなった時に、絶対に浮気しないと言い切れるでしょうか。他に刺激的な相手が現れて言い寄られたら、踏みとどまることができるでしょうか。さらに恋愛面だけでなく、たとえば親族の問題やお互いの健康問題など、結婚すると思いがけない困難やトラブルに見舞われることもあります。そんな場合に、しっかり協力しあって、一緒に頑張っていけるでしょうか。結婚すると、「私は関係ない」では済まなくなっていくことがたくさんあります。そんな時になって、「結婚はやめておけば良かった」と思っても、なかなか戻ることはできません。何となく思うのですが、「結婚に向いている人」というのは、本当はいないのではないか、ということです。結局は、カップルの組み合わせだったり、相手次第という気がするんですよね。だから単純に「結婚に向いてる人と結婚してたらよかった」とはいかないんじゃないかなって。それどころか、「結婚向きだろう!」と思って選んだのに、実は「すごくケチだった」「実は優柔不断だった」なんてこともありますよね。そんな場合の後悔は、言ってみれば「最大の決め手」に裏切られるわけですから、普通に好きで結婚を決めるのより、モヤモヤするんじゃないかという気がします。大切なのはやっぱり、「その人自身」を見て、自分がその人と結婚したいかを考えることなのではないでしょうか。ad今はその時期じゃないのでは?ということで持論をお話ししてきましたが、いかがでしょうか。実際には私もまだ結婚していないのでなんとも言えませんが……(苦笑)。ただ、相談者さんがもし結婚を意識されているようなら、「結婚したらこんな感じかも?」とか、「こんな結婚生活が理想」というのを今一度具体的にイメージしておいたらいいかもしれません。そういう目で見たら、今の彼の素敵

リンク元

Comments

Copied title and URL