経験ゼロから「仕事」にする方法って?【第11回キラキラ副業プロジェクト】

download - 経験ゼロから「仕事」にする方法って?【第11回キラキラ副業プロジェクト】 最新情報
可愛く1000万ガールを目指す! 宮本佳実がwith girlsを直接カウンセリング!ワークライフスタイリスト宮本佳実さんがwith girlsの“仕事”をカウンセリングするこの連載。好きを仕事にしたいけれど始め方がわからない、どんなふうに仕事を広げたらいいか、などと悩んでいる方々に、“可愛いままでできる”方法をワークライフスタイリングという形で宮本さんが指南します。今回の相談者はIT企業で働く北山菜々さん(24歳・仮名)。ぼんやりと何か副業をしたいと考えているものの自分に何ができるのかわからないといいます。しかし北山さんの経歴を見た宮本さんは適性を見抜き、さまざまな提案をしていきます。まずは「無料モニター」からはじめればいい!!宮本「副業をしたいと思った理由は何ですか?」北山「今、ネット広告の運用をしているんですが、決まったものを間違いないように流すオペレーターのようなことが多くて、自分で考えたり、工夫する余地があまりない仕事なんです。もう少し自己表現のようなことができる仕事や好きなことがしてみたくて。だから、副業ではお金は稼げなくていいと思ってはいるんです」宮本「北山さんの仕事内容や経歴を拝見したんですが、いろんなことができると思います。もちろんビジネスとして」北山「そうですか? 好きなことや得意なことが抽象的すぎて、仕事に結びつく気がまったくしないんですが……」宮本「事前アンケートの“好きなこと”の欄に『人間観察、物事の見せ方を考えること』と書かれていますが、これって具体的にどんなことを指しているんですか?」北山「私、アイドルが好きなんですが、応援しながらも『あそこ変えたらもっと良くなるのになあ』とか『もっといい見せ方があるのに』なんてよく考えていて。だからといって私の考えたことでよくなる確証があるわけではないのですが、考えること自体が好きなんです」宮本「なるほど。おそらく北山さんはコンサルティングの仕事がしたいんだと思うんです。アドバイスをする仕事はいまとっても需要があります。さらに北山さんは今のお仕事でネット広告の運用の知識もあるから、それをあわせたらすごくいいと思います!」ad北山「でも私のように何者でもない人間にアドバイスされたい人、いますか?」宮本「それはとにかく少しずつ実績を積むしかありません。私自身も以前パーソナルスタイリストをしていたときに、始めた当初は周囲からは『誰があなたにアドバイスして欲しいの?』『そんなの仕事になるわけない』なんて言われたこともありました。でも毎日ブログに自分ができることを書いたり、さらには資格を取ってそれを元にアドバイスをするよういなったら、少しずつ私にお願いしたいという人が増えていきました。少しずつでも経験を積み重ねていけば、ちゃんと仕事になっていくんです。だから、今はどんどん実績を作ることが大事。友達でも誰でもいろんな人にモニターになってもらって、アドバイスするといいと思いますよ。私も友達はもちりん、友達の友達や家族など、本当にたくさんの方に協力してもらって、モニターしてもらいました。その後もブログで無料モニターの方を募集したり。北山さんの場合、SNSやインターネットに強いと思うから、InstagramerやYouTuberを目指している人にアドバイスするのがいいのではないでしょうか」北山「なるほど。そうやって仕事になっていくんですね」ad1「副業=自分が前に出ること」だけじゃない宮本「ネット広告の運用をされているということですが、具体的なデータや、実際の動画や投稿の分析等もやられているんですか?」北山「はい。数字を見て、どんな人に向けるべきかを分析して運用先などを探したり、見られている動画やサイトを分析をしたり」宮本「わー、私もお願いしたいかも(笑)」北山「ぜひ見させていただきたいです(笑)」宮本「特に今、YouTubeやSNSに参入する人が増えているから、北山さんにように詳しい人は本当に強いですよ。始めたはいいけれど、伸び悩んでいる人は本当に多いと思います。そんな人に向けてコンサルティングできそう。そうだ! まずは、動画を作ってみるのはいかがでしょう? 動画初心者さんに向けた役立つ方法を伝える動画、需要あると思います。詳しい話はメルマガで、みたいな感じにしたり、もっと詳しいコンサルはオンラインサロンでもいいかもしれないですね。動画編集できる人とタッグを組めば、どんどん広がると思う!」北山「すごいです……。私のぼんやりとした希望がこんなふうに形になるなんて」ad宮本「北山さんには普通のことでも、他の人にとっては『知りたいこと』なんです。それをアドバイスするのは、ちゃんとした仕事です。たとえばSNSも時間帯はどれくらいにあげたらいいのかとか、どんな流れだと視聴者が飽きないのか

リンク元

Comments

Copied title and URL