【婦人科医監修】もしかして私の生理、異常…!? どのくらいだと長い・量が多い? 生理周期の平均って?

download - 【婦人科医監修】もしかして私の生理、異常…!? どのくらいだと長い・量が多い? 生理周期の平均って? 最新情報
生理は健康のバロメーター。「なんだか経血の量が多い気がする……」「だらだらと生理が長続きするな」など、なんだかいつもと違うと感じる月もありますよね。そもそも正常な生理って? どんな状態だと異常なの? 今回は大阪美容クリニック 南 真実子院長にお話を伺いました。【目次】・そもそも、生理のしくみって?・“正常”な生理って?・“異常”な生理って?・生理期間が長引く、量が多いときの対処法って?そもそも、生理のしくみって?生理(月経)とは、通常約1ヵ月の間隔で起こる限られた日数で自然に止まる子宮内膜からの周期的出血のことをいいます。月経が開始し、卵巣では卵胞が発育して、卵胞から女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されます。子宮内膜は増殖し、排卵の準備に入ります。この時期、基礎体温は低温になります。そして卵胞がある程度発育すると、排卵が起こって黄体からプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されるようになり、子宮内膜は着床に備えます。この時期、基礎体温は36.7度前後の高温となります。妊娠が成立しないとプロゲステロンの分泌が低下し、子宮内膜は剥がれ落ちて、月経が起こります。通常高温期は約14日。黄体機能不全でプロゲステロンの分泌が不十分な場合、高温期は10~12日未満と短くなります。きちんと排卵していれば基礎体温は低温期、高温期に分けられますが、排卵がない場合は、低温期のまま月経を迎えます。【生理周期の数え方】生理が始まった日を1日目として、次に生理が起こる日までの日数が生理周期になります。ad“正常”な生理って?理想的な「月経周期」正常な月経周期は25~38日。24日以内の場合を「頻発月経」、39日以上3ヵ月未満を「希発月経」といいます。3ヵ月以上月経が停止した状態は「続発性無月経」といい、治療の対象になる場合があります。理想的な「月経の量」月経量は20~140gとされており、平均50~60gです。ドロッとした塊のような出血がある場合は、月経量が多い可能性があります。理想的な「月経の持続期間」正常な月経の日数は3~7日。出血日数が2日以内の場合を「過短月経」、8日以上続く場合を「過長月経」といいます。ad1“異常”な生理って?どれくらいだと異常な「月経周期」? 原因は?月経周期が24日以内の「頻発月経」は、生理的な場合もありますが、妊娠に必要な黄体ホルモンという女性ホルモンがきちんと分泌されていない場合があります。基礎体温で高温期が短い場合はその可能性があります。妊娠を希望される場合はホルモンを補充する必要がある場合があるので、採血でホルモンの検査をするとよいでしょう。3か月以上月経が停止した状態の「続発性無月経」には、様々な原因があります。ストレスやダイエットによる体重減少が原因となり、脳の視床下部から月経に必要なホルモンが分泌されなくなることによって起こることがあります。ストレスや体重減少があると、体が妊娠に耐えられないと脳が判断し、月経がストップしてしまうのです。アスリートの方は過度な運動、栄養摂取不足により無月経になることがあります。痩せていることが要求されるマラソンや新体操などの選手に特に多くみられます。多嚢胞性卵巣症候群という婦人科系の病気の場合もあります。超音波検査や採血検査を行うことによって診断できます。排卵障害を伴うことがあるので、妊娠を希望される方は排卵を誘発する治療が必要になることがあります。また、乳汁を分泌するプロラクチンというホルモンが高い場合、無月経になることがあります。その他にも、染色体異常やホルモンの受容体の異常、子宮内腔の異常などが原因となります。経血の量が極端に少なくなる/多くなる原因って?【少ない場合】子宮内腔癒着、子宮内膜炎など、臓器そのものの疾患がある場合は、原因となっている病気に対して治療を行います。また、中絶や流産手術の経験がある場合、子宮内腔が癒着し、月経量が少なくなることがあります。すぐに妊娠を希望されず、月経痛などの症状がない場合は、経過観察となることが多いです。ピルを服用していると月経量が少なくなることがありますが、ピルの効果ですので、特に問題はありません。【多い場合】月経量が多い場合は、子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症、子宮腺筋症など、子宮に疾患があることがあります。輸血が必要になるほどの重度な貧血になることもあるので、注意が必要です。もちろん血小板の異常など、もともと出血しやすい血液の病気であることもあります。ad生理期間が長引く、量が多いときの対処法って?子宮筋腫や子宮腺筋症など、臓器の疾患がある場合はその治療を行います。手術やホルモンなどの薬物治療、子宮動脈塞栓術などを行うことがあります。月経期間が長く月経量が多いと、貧血をきたし、動悸や息切れ、疲れやすいなどの症状が

リンク元

Comments

Copied title and URL