【横浜流星】理想のプロポーズは「かしこまらず、自然な流れでできたらいいなって」

download - 【横浜流星】理想のプロポーズは「かしこまらず、自然な流れでできたらいいなって」 最新情報
横浜流星 和服姿にドキッ!和菓子を作る美しい指先にも注目横浜流星さんの最新主演作は、「和」の世界で起こるドロドロ愛憎劇。役作りや意気込みの他、作中のシーンにちなんで理想のプロポーズも聞いちゃいました。-クレジット-ジャケット¥60800、パンツ¥36800/レインメーカー シャツ¥25000/ヨーク(スタジオ ファブワーク) その他/スタイリスト私物【PROFILE】よこはま りゅうせい1996年9月16日生まれ。TBSドラマ『初めて恋をした日に読む話』で髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平役で話題に。今年1月期NTVドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』では主演を務めた。さらに今後、夏には主演舞台『巌流島』の上演、秋には主演映画『きみの瞳(め)が問いかけている』の公開が控えている。ad器用ではないからこそ、さらにやる気が湧きました。ドラマ『私たちはどうかしている』で主演を務める横浜流星さん。髪をバッサリ切り、粋な和装で挑む今回の役どころは、物語の舞台となる老舗和菓子屋のクールな跡取り息子。「演じる高月椿は亡き父を尊敬し、店を立て直そうと熱い信念や野望を持った青年。でも、家族からの愛に飢えていて、孤独も抱えている。真っ直ぐさと繊細さの両面をしっかり表現していきたいです。着物を着るのは新鮮で、椿を演じる上での一つのスイッチにもなっていて、助けられています」役作りの一環として、和菓子作りの特訓も。番組ツイッターに掲載された写真を見ると、初心者とは思えない見事な腕前だが、「スタッフさんがキレイに撮ってくれるので」と謙遜。「僕は不器用なので(笑)、習得するまでには時間がかかりました。でも、うまくいかない分、どんどん意欲が湧いてきて、今はすごく楽しいです。和菓子作りは精神状態によって形や線が変わってくるので、そこもまた面白い。奥深さを実感しています」ad1本作は老舗和菓子屋『光月庵』若旦那の殺人事件を巡り、容疑者の娘と被害者の息子になってしまった七桜と椿が、過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合っていくスリリングなラブミステリー。ヒロインの七桜を浜辺美波さんが演じ、二人を取り巻く個性豊かな登場人物には若手からベテランまで実力派俳優陣が勢ぞろい。「浜辺さんとは初共演ですが、一緒に和菓子の練習をしたり、実際に撮影してみて、浜辺さんは七桜役にすごく合っているなと感じました。しっかりと自分を持っているところなど、七桜と似ていてピッタリだと思います。(見習い職人の城島を演じる)高杉真宙とも撮影しましたが、彼は高校の同級生で共演も多く、気心の知れた間柄。椿と城島の関係性も作中で大事になってくるので、切磋琢磨しながら、いいシーンを作っていけたらと思います」ちなみに、和菓子作りの腕前は横浜さんと高杉さん、どちらが上?「僕のほうが先に練習を始めたので、そこはちょっと負けられないかな。役どころ的にも僕は跡取り息子なので、見習い職人には負けてられないですし(笑)。精一杯がんばります」ad横浜流星さんが考える理想のプロポーズは?かしこまらず、自然な流れでできたらいいなって。サプライズな演出も素敵ですが、一番大事なのは気持ちを素直に伝えることだと思うので。ストレートに「結婚しよう」と言いたいです。INFORMATION『私たちはどうかしている』母親が勤める老舗和菓子屋『光月庵』に母と一緒に住んでいた七桜。店の跡取り・椿は初恋の相手でもあった。しかし、光月庵の若旦那(椿の父)が殺害され、椿の証言で七桜の母が容疑者に。15年後、七桜と椿は再会するが、椿は七桜だと気づかぬままプロポーズ。椿との結婚を利用し、七桜は店に乗り込む。(日本テレビ系にて8月12日より毎週水曜22:00~放送予定)↓こちらもチェック!【横浜流星の軌跡 2018 - 2019】-クレジット-撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤省吾(sitor) ヘア&メイク/永瀬多壱 取材・文/関川直子  ※再構成 with online編集部 ※商品情報はwith2020年8月号発売時点のものです。ad1元のページを表示 ≫関連する記事令和元年にOL界を騒がせた、話題のあの人、あのカップル!《2019 流行白書》【横浜流星の軌跡 2018 - 2019】話題の出演作品や大ブレイクを予感させるコメントの数々をプレイバック!【横浜流星インタビュー】まつ毛が上がっていることがチャームポイント【横浜流星】ドラマ『あなたの番です』の魅力は「何が起こるか分からない」こと横浜流星「“はじこい”は僕のターニングポイントになった作品」
Source: with online

リンク元

Comments

Copied title and URL