【7/20〜7/26の運勢】7月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

media 7316336f252220352336c076674b50c993e99dc5 - 【7/20〜7/26の運勢】7月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック! 最新情報
isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢 

illustration by ニシイズミユカ


危機を転機に転ずる


今週のおひつじ座は、「これまでの積み重ねてきた過去の過程をたどり直していくことで、“次の一手”を思い定めていくような星回り」。

将棋の羽生善治さんは以前インタビューで、長考するときは「初手から現在の局面までにいたる過去の過程をもう一度おさらいしていることが多い」と語っています。これは岐路において「あらためて」進むべき方向や取るべき手段に悩んだ際には、非常に重要なプロセスと言えるでしょう。

人はこれまで生きてきたものを措いては新しいものをいきなり発明することは決してできませんから、新しい問題やこれまで経験したことのない事態に対する時ほど、おのれの「来し方」や「古さ」と真剣に問うことが鍵になってきます。

今週のあなたもまた、いま自分が直面している危機をいかによき転機へと転ずることができるかが問われていきそうです。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


配合とずらし


今週のおうし座は、「慣れ親しんできた実感を、まったく異質に見えるものへと置き換えていくような星回り」。

白い花を咲かせる泰山木(タイサンボク)に、ロダンが彫刻した大理石像の首を連想したのでしょうか。「ロダンの首泰山木は花得たり」(角川源義)という句では、一見無関係な事物を組み合わせることで思いがけない詩情を生みだす技法である「配合」が用いられています。

泰山木のやさしげな芳香も、まるで生きた人間そのもののごとく彫り出された像から漏れた生々しい色香のように感じられたのかもしれません。本当の新しさとは、どれだけ時代を経ても古くならないことのうちにあって、人間がそれに気付くのをじっと待ち続けてくれているような、そんな気がしてきます。

今週のあなたもまた、いかに自分自身を軽やかに刷新していくことができるかがテーマとなっていくでしょう。

続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


本能の洗濯


今週のふたご座は、「からだが欲するものを食べるがごとく、誰か何かと交わっていこうとするような星回り」。

私たちは無意識のうちに「本能だけで生きている他の生物たちよりも、文明を持つ人間は優れている」とどこかで考えていますが、心理学者の岸田秀によると逆なのだそう。

むしろ「人間は本能の壊れた動物」であり、動物と比べて感覚もずっと鈍いし、特質すべき武器や防具も持ちあわせていないポンコツであるがゆえに、文明を作らざるを得なかったのだと述べています。

人間が本当の意味で憎んでいるのは、きっとおのれの無力さ。そして力を持った存在でありたい、その力で他者を支配したいという欲望は人間であれば誰しもが持っているものです。今週のふたご座は、そうした自己をめぐる真実を少なからず垣間見ていくことができるでしょう。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


ありのままの世界図の回復


今週のかに座は、「眼だけの存在になって、どこまでも冷徹に目の前の景を見定めていくような星回り」。

「かりかりと蟷螂蜂のかほを食む」(山口誓子)という句は、蟷螂(カマキリ)が蜂(ハチ)を食する光景を、いかなる装飾も加えず、何の感情もはさまずに描いています。俳句表現が極限まで研ぎ澄まされるとき、そこには作者の眼だけが存在しているのでしょう。

目の前の対象の本質を過不足なく言葉にしてみせる、その残酷なまでのまなざしの冷徹さは、そのまま自然の冷徹さを鏡のように映しだし、それゆえに深い余韻をもたらします。

あなたもまた、既に身の周りに置きつつ変化に対してどれだけありのままにそれを認識し、受け入れていけるかが問われていくはずです。

続きはこちらから

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


過激なる弱者


今週のしし座は、「みずから新しいネットワークを生み出していくための母胎となっていく星回り」。

現代において自由とは、選べる選択肢の豊富さや利便性の追求によって、つまり世俗との結びつきの強化によって担保されるものですが、中世における自由

リンク元

Comments

Copied title and URL