【6/22〜6/28の運勢】6月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

media 86ddaecb31b2dc57dc677526979c17cefde507ed - 【6/22〜6/28の運勢】6月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック! 最新情報
isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢 

illustration by ニシイズミユカ


強さを弁(わきま)える


今週のおひつじ座は、「不利やハンデを自分の強味に変えていこうとするような星回り」。

両手両足のいずれかを失いつつも、戦いに臨んでいかねばならない状況に似ています。考えただけでも恐ろしいですが、J・M・バリの『ピーター・パン』に出てくるフック船長を見ていると、必ずしも不利やハンデとも言い切れないように思えてきませんか。

彼は鉄の鉤爪など、思いきり派手な義手をつけることで、失った手をむしろ“売り”にして堂々としています。

とことん落ち込み、現実逃避にかまけていてもおかしくないところを、彼は見事な仕方で強みに変えて、人前に出ていった訳です。その意味で、人間味あふれるフック船長こそ、今のおひつじ座の人たちの指針となっていくでしょう。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


死角と魔法


今週のおうし座は、「このおかしな世の中で生きる“われ”をひとり見つめていくような星回り」。

それはまるで、「てんと虫一兵われの死なざりし」(安住敦)という句のよう。戦争という大きなものに巻き込まれながらも、何もできないでいる一兵卒のわれを、目の前の小さき者に重ねているのでしょうか。

けれど、そんな大きなものも去っていき、そのために死ぬはずだった「われ」は、無様にも生き残ってしまった。その嘆きの深さが垣間見えるだけに、モノトーンの世界にひとつ落とされた「てんと虫」の鮮やかな赤色もまた際立ちます。

今週のあなたは、意外なところで意識の膜を突き破ってくるような驚きや、インスピレーションを受けとっていきそうです。

続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


離脱と遊泳


今週のふたご座は、「みずからの立ち位置を俯瞰的に捉えつつ、然るべき言動を取っていくような星回り」。

ダグラス・アダムスのおバカSF『銀河ヒッチハイク・ガイド』には、滅亡の危機が差し迫った地球の状況にいち早く気付いていたイルカたちが、脱出前に人間たちに別れを告げるシーンが登場します。

彼らの最後のメッセージは、フープをくぐり抜けながら米国国歌をハミングしつつ、二回転後方宙返りを決める洗練された“芸”として誤解されてしまいます。たくさんの観客に拍手と笑顔でもって迎えられるのですが、実際の内容は「さようなら、今まで魚をありがとう」というもの。

つまり、食料供給のためにずいぶん役に立ってくれたけれど、ついに自分たちのメッセージを真剣に受け取ってくれなかったね、という訳です。果たして、この話をあなたは笑えるでしょうか?

今週のあなたもまた、賢いイルカ達にように伝えるべきことは伝えつつ、取るべき行動を取っていきたいところです。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


気持ちのよい別れのために


今週のかに座は、「歯切れよく区切り目をつけていくような星回り」。

「火の山の裾に夏帽振る別れ」(高浜虚子)という句の前書きには「とう等焼岳まで送り来る」とあります。焼岳(やけだけ)は飛騨山脈の長野県と岐阜県にまたがる活火山であり、作者はそこで句会ないし吟行を催していたのでしょう。

「別れ」といっても、この場合はどこか楽しげなものであり、広々とした山すそで、手を振って別れを惜しんでくれる仲間の姿を脳裏に焼き付けているのかもしれません。

今週のあなたもまた、何をもって「やるべきことはやった」と言えるのか、改めて問われていくことになりそうです。

続きはこちらから

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


種まきと稲妻


今週のしし座は、「二つの世界のはざまで、伝えるべきことを伝えるべく、せっせと仕込みをしていくような星回り」。

鉄血宰相として知られ、19世紀ドイツ一帯をまとめて統一を実現させたビスマルク。彼には、鉄血宰相としての重要な判断は自分が考えて決断したのではなく、「自分の中のもう一人の男」がしたという非常に興味深いエピソードがあります。

つま

リンク元

Comments

Copied title and URL