OLが池上彰さんと考えた、幸せになるためのニューノーマル【with OL放談】

download - OLが池上彰さんと考えた、幸せになるためのニューノーマル【with OL放談】 最新情報
【with OL放談】今まで窮屈に思っていたことを変えるチャンス!リカちゃん&かれんちゃんがOLに♡給湯室から聞こえてきたのは、新しい生活様式に対するリアルな声。何なに? ムダがなくなってむしろ快適!? 突如やってきたwithコロナの大変換期、幸せになれるNew normalとは……?OLを代表してwith girlsが緊急座談会\私たちなりに考えました!/-クレジット-左: 角崎子葉さん(不動産会社勤務・32歳) 中: 土井菜月さん(メーカー広報・27歳) 右: 工藤恵理香さん(クリニック勤務・32歳)業務がリモート化した角崎さん&土井さん。自粛期間中もやむを得ず出社していた工藤さん。立場の違う3人が徹底討論。ad一緒に考えてくれたのは 池上彰さんNHKで報道記者やキャスターとして活躍後、フリージャーナリストに。幅広い知識で世界のニュースを分かりやすく解説。立教大学や愛知学院大学などで客員教授を務める。【WORK編】Q.ムダと感じる業務はありますか?---計50人のwith girlsに調査。なんと98%の人がコロナ禍で改めて業務のムダに気づいたそう。みなさん鬱憤溜まってるみたいです。ad1《ここがムダ その1》毎日の通勤長時間&密でストレスが溜まる……➡「テレワーク&超フレックス制を推したい! 通勤マストな人にもメリットがあるみたい」「先方への訪問が少なくなり在宅勤務に。自粛期間中はほとんど出社しなかったけど、あまり問題がなかったかも」(角崎さん)「医療関係なので変わらず出社していましたが、電車が空いていたので通勤が快適でした」(工藤さん)with girlsの中にはコロナ禍でこんなNew normalも登場!レンタサイクルで通勤はじめました「在宅メインになって、通勤スタイルを変えてみました。電動自転車を借りられる、ドコモのバイクシェアサービスが便利。三密を避けて運動不足が解消できる!」(角崎さん)フレキシブルに働き、上手に時間を使って from池上さん痴漢被害に遭う危険性もある中、毎日殺人的な満員電車に乗っていたことの方が、むしろ異常だったと気づく機会になったのでは? 朝1時間寝坊をしたり、通勤に使っていた時間を自分の教養を高めるネット学習に充てるのはどうでしょう。 《ここがムダ その2》長時間&頻繁な打ち合わせや会議1時間話し合った結果、「また来週もやりましょうね」!?➡「オンラインでやってみると、時間対効果が高いと発見」​「リモート会議の方が圧倒的に時短! 世間話や“ついでにあれもこれも〜”がなく、必要最低限のことを集中して話すので、圧倒的に効率が良くなった気がします」(角崎さん)デジタル化して事前に資料を共有するようになったのでは? これが本来のあり方 from池上さんこれまでは全員が集まってから議題を発表し、儀式的な挨拶をして……と、無駄な時間が多かった。事前に資料に目を通した上で議論をするという、本来の会議の仕組みが今ようやくできつつあるのだと思います。会議の回数自体も時間も少なくなったと耳にしますね。ad《ここがムダ その3》大量の紙の資料や長年続くハンコ文化テレワーク時代に不向きでは……?➡「ペーパーレス化&電子化しませんか?」​「ハンコ文化などThe日本なやり方は、海外の取引先に迷惑をかけていたのでこれを機に変わってほしい」(土井さん)「電子資料が導入され、最初は苦労もありましたが、工夫と慣れで労力が半分以下に!」(工藤さん)海外と比べて、日本は遅いです from池上さん6月になってようやく、保健所への届け出がファックスからメールになったり、日本はIT先進国ではなく後進国なのだということが今回、明らかになりましたよね。今後は急激にIT化を進めることになるので、技能や能力が非常に問われてくるでしょう。《ここがムダ その4》お付き合いだけの飲み会➡「リモート飲み会や目的ある飲み会を推奨したい!」​「仕方なく集まる飲み会の3000円って無意味ですよね。あつ森でやるオンライン飲み会も楽しそう」(土井さん)「飲み会が好きなので、機会が減るのは残念。本当に集まりたい会だけ厳選して参加したい」(角崎さん)オンライン飲み会という新スタイル。自分たちで形つくってみて from池上さん“オンライン飲み会は切り上げ時がわからず結局辛い”という声も聞くので、2時間限定にするなど、それぞれの職場や友達間で先導してルールをつくっていきましょう。ad1 《ここがムダ その5》週5日制土日だけじゃ疲れがとれません……➡「もう一日お休みがあればストレスフリーになれるかも(笑)」​「もう一日中ただPCの前に座っているだけの内勤の日って、いらない気がするんですよね。それなら

リンク元

Comments

Copied title and URL